2005年6月12日(日)

11R

2005年6月12日(日) | 3回東京8日 | 15:35発走

第22回エプソムカップ(GIII)

芝・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 |

予想

◎本命はサイレントディール。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.45.1

1番人気に推された前走、オーストラリアTにて約1年半ぶりの勝利。前々走の逃げから4番手あたりでの先行策に切り替えたものの、直線で抜け出してしまうと勝負は決着。2着のチアズメッセージにクビ差まで詰め寄られながらも、着順を覆すほどではなく、走破時計もかなり速かっただけに、かなり良いころの調子に戻ってきつつある様だ。過去の成績を見ると、芝・ダートを問わずマイル戦の成績が一番良く、2000Mを越えてくると信頼性が落ちているので、引き続きの1800Mは好都合。府中の芝は一昨年のダービー4着時の1戦のみだが、着差も0秒4と負けていなかったし、後の武蔵野S(G3)の楽勝ぶりからも左回りが駄目ということもなさそうだ。今週の追い切りは珍しく坂路での当週追いとなったが、栗東坂路で4ハロン50秒5、終い12秒0で一杯に追われて上向き加減。再度G1戦線へと戻るためにも、ここは確勝を期したいところ。

○対抗はカンファーベスト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.46.1

前走の新潟大賞典(G3)をクビ差の2着に惜敗。久々だった前々走のエイプリルSこそ前残り決着のため6着と脚を余したが、休み明け2戦目で叩き合いの形なら、これくらいは走って当然の実力馬である。一昨年の秋には朝日チャレンジC(G3)を優勝、天皇賞(G1)でも5着に健闘したほどで、ベストの2000M戦では信頼が置けるのだが、今回は1800Mへと短縮。この距離での成績は(1・4・0・2)と評価が難しいものの、一昨年の毎日王冠(G2)での4着、中日新聞杯(G3)での2着があるので、直線の長い府中でメンバーの落ちるG3なら問題なさそう。この中間もプール主体での調整となったが、今週の追い切りは美浦坂路で4ハロン54秒0、終い12秒8を馬なりで出しており、動きの感じは悪くない。できれば良馬場でやりたいクチではあるが、渋ったコンディションでも結果を残しているので、引き続き好勝負に持ち込めるはずだ。

▲単穴はグランリーオ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.46.1

復帰戦となった今年2月のテレビ山梨杯を勝利すると、その後も3、1、1着と破竹の勢いでオープン入りを達成。特に前走の準オープン・フリーウェイSは、3馬身差の逃げ切り勝ちで府中1400Mのレコードを更新、昨年の準オープン所属時の足踏み状態を考えると、嘘の様な変貌ぶりである。昨夏にノドの手術をしたそうで、昨秋は未だ影響が残っていたのか凡走していたものの、今季の充実ぶりを考えると手術は成功したとみて良さそうだ。過去歴を見るとマイルがベストの印象ではあるが、500万戦での勝利実績もあり、ノドの不安がなくなったことから、1ハロンの延長なら我慢できる可能性はありそう。直前の追い切りは美浦坂路で4ハロン49秒7、終い12秒8をマークしており、前走同様にデキは絶好。目下の勢いは侮りがたく、上手く自分のレースを作れるようならば大物食いの結末までも。

△抑えはロードフラッグ。△穴はマチカネメニモミヨ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

重賞初制覇,スズノマーチ


別定戦で行われた過去9回、連対馬は1-8、6-3、1-2、11-9、1-12、5-7、4-7、1-3、3-2番人気の組み合わせで決着した。1-3番人気が連対の半数を占めているが、6番人気以下からも7頭が連対。99年に馬連3万馬券が飛び出し、5000円以上の配当も3回と波乱傾向を見せている。
連対馬のステップは重賞10頭、オープン特別6頭、準オープン2頭。準オープンの2頭はいずれも前走1着だったが、16頭は成績に関係なく巻き返している。路線別は京王杯スプリングC(G2)組と新潟大賞典(G3)組がそれぞれ3連対。
年齢別は4-7歳上馬が57、40、25、27頭出走して7、7、1、3連対。4、5歳馬が優秀な成績を残している。牡馬VS牝馬は18対0。牝馬は苦戦だ。

◎…スズノマーチは新潟大賞典で6着に敗れたが、着差はわずか0秒3。3歳時はクラシックに出走し、弥生賞(G2)2着の実績もある。再度のオープン入りまで時間を要したが、前々走のエイプリルS勝ちで素質馬がようやく本格化した。渋った馬場に問題はなく、重賞初制覇のチャンスと見た。

○…エリモマキシムは新潟大賞典で、クビ、アタマ、半馬身差の4着。道中は最後方に置かれ、4コーナーから大外に出して0秒2差までよく追い込んだ。昨秋、京都外回りの1800Mで準オープンとオープン特別を連勝した実績から距離短縮は好材料。直線の長い東京コースも歓迎だ。

▲…カンファーベストは新潟大賞典で2着。勝ち馬とは2.5キロのハンデ差があってクビ差遅れたが、休養明けを2度たたかれ完全に復活した。朝日チャレンジC(G3)を勝ち、大阪杯(G2)でネオユニヴァースにアタマ+1馬身差3着の実力馬。道悪にも不安なく、別定で斤量が軽くなるのも有利だ。

△…実績一番はサイレントディール。G3・2勝で、ダービー4着、ダートG1で2着。道悪もOKで人気を集めそうだが、気性的にアテにできない面がある。ベストの1800Mだけに勝たれても仕方のない力量馬だが、今回は連下の評価とした。

△…ダイワレイダースは2歳時に新馬、芙蓉Sを連勝した。素質馬の快勝にクラシック候補の声も上がったが、体質が弱く休み休みの競馬で出世が遅れていた。今年2月に準オープンをようやく勝ち上がって今回G3に挑戦する。4カ月ぶりだが、キャリアの浅い素質馬だけに大駆けに警戒したい。

△…グランリーオは安田記念(G1)で除外になって、ここへ回ってきた。前走の東京芝1400で後続を3馬身もちぎってレコードV。目下2連勝で勢いに乗っている。3歳時に1800Mを勝っているので距離延長に問題はないが、前走の反動が気になり、抑えまでとした。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 スズノマーチ      
1 2 グランリーオ  
2 3 マチカネメニモミヨ    
2 4 エリモマキシム    
3 5 マッキーマックス      
3 6 トーセンダンディ      
4 7 ロードフラッグ      
4 8 ウインジェネラーレ        
5 9 アラタマインディ        
5 10 タカラシャーディー      
6 11 ダイワレイダース      
6 12 シャイニンルビー        
7 13 サイレントディール  
7 14 ウインクリューガー        
8 15 カンファーベスト  
8 16 ボーンキング        
8 17 ブラックカフェ      

買い目

大多13=15 13=2 13-3 13-7 15=2
綾恵15=4 15=5 15-6 15-10 4=5
山田13=2 13=3 13=17 2=3 2=17 3=17
たま1=4 1=15 1=2 1=11 1=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。