IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2005年5月8日(日)

11R

2005年5月8日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第10回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 |

予想

◎本命はペールギュント。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.8

前走の皐月賞(G1)は後方待機策に懸けたものの、0秒8差の6着がやっと。皐月賞を除けば、最終日でも逃げ残りの連発していた中山コースで、後方一気の不器用な脚質では致し方ない結果であった。中山では朝日杯FS(G3)で3着、前々走のスプリングS(G2)で6着と1番人気を裏切っており、急坂の中山はあまり向いていない様子。過去の京都での良績から、直線に平坦部分のあるコースの方が当馬の切れ味を生かしやすいはずで、今回の府中替わりは大歓迎。ある程度のスタミナも要求されるレースなので、昨秋の東京スポーツ杯2歳S(G3・1800M)での2着は心強い。また、年明けのシンザン記念(G3)で、1頭だけ57キロを背負いながらもマイネルハーティー以下を封じており、デイリー杯2歳S(G2)の優勝を含めてマイル重賞2勝の実績は群を抜いている。今週の追い切りでは栗東坂路で4ハロン50秒3、終い12秒4を馬なりでマークする好調ぶりで、ベストのマイル戦でのG1戴冠は目前と判断したい。

○対抗はセイウンニムカウ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.8

前哨戦のニュージーランドT(G2)を1秒差の13着。初めて2ケタ着順に惨敗してしまったが、スタート直後に他馬に寄られてしまい、行き場をなくして後方に下げざる終えないロスが大きかった感。前々走のアーリントンC(G3)での2着、朝日杯FS5着の実績からも、前走が実力ではないことは明白で、広い府中コースに替われば本来の力を出し切れるはず。1400Mの500万特別勝ち、京王杯2歳S(G3)での3着があり、府中コースの経験はバッチリ。1800Mで行われた昨秋のコスモス賞を3着、札幌2歳S(G3)では1秒2差の7着に敗れており、距離に融通がきかない面もあるのだが、父がマイルから中距離以上を得意とするカーネギーとあって、バッタリ止まることはなさそう。1週前の段階で美浦南Wにて5ハロン62秒、終い12秒台の好時計を叩き出していたほどだが、今週は多少セーブしながらも5ハロン63秒、終い13秒を計時しており、デキは申し分なし。アーリントンC時の安藤騎手を鞍上に迎えたこともあり、何とか上位争いまで巻き返しを果たしたいところ。

▲単穴はアイルラヴァゲイン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.4

前走の阪神1400M戦・マーガレットSを3馬身差の快勝。前々走のクリスタルC(G3)こそ、出遅れや接触の不利が響いて3着に敗れたが、それでも他馬とのスピードの違いが際立った印象である。前走の勝ち時計も、同日の古馬1000万特別を0秒4上回る優秀なものだったし、昨年末のクリスマスローズS(中山1200M)でも1分8秒を切る好時計で勝っており、時計の速い今の府中では大きな武器になる。マイル戦は新潟2歳S(G3)5着以来となるが、当時は新馬勝ち後で間隔も開いていた上、掛かり気味にハナへ立ってしまったために、息が保たなかった感じ。血統的にはマイルでも大丈夫と思われるが、気性的にうるさい面が見られるので、G1の舞台で事前に消耗していないことが好走のカギになりそうだ。

△抑えはマイネルハーティー。△穴はイヤダイヤダ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

マイルで反撃,ペールギュント


今年区切りの10回目を迎える。当初はクラシックに出走できない外国産馬たちの“憂さ晴らし”の感の強いG1だったが、01年にダービーに出走枠(2頭、後に4頭に拡大)が与えられるとレースの性格が一変。創設から1、2着を独占していた外国産馬が、ここ3年では2着1回。内国産馬が巻き返し、純粋に距離適性と絶対能力を競う真の「3歳マイル王決定戦」となった。
昨年はキングカメハメハの参戦で盛り上がったが、今年は「桜の女王はオークスへ」の常識を破って、史上初めて桜花賞馬のラインクラフトが出走する。
過去9年、1-3番人気は4、4、0連対。3番人気の不振は気になるが、連対馬18頭中16頭は6番人気以内で占めている。馬連は3けた配当1回、1000円台4回、2000-6000円台3回と1万7520円。03年に万馬券が飛び出したが、全体としては平穏傾向を見せている。
連対馬の前走は16頭が重賞で、オープン特別と500万下が各1頭。ステップはニュージーランドT(G2)組8連対、毎日杯(G3)組4連対、スプリングS組2連対となっている。
1勝馬の連対はなく、2-4勝以上馬が7、7、4連対。2勝以上ならOKだが、優勝馬に限ると7頭までが3勝馬以上を上げていた。キャリアは2戦が最少で、最多は9戦。ただ、連対馬はいずれも1頭で、15頭は4-7戦だった。連対の目途はこの範囲と見たい。
牡馬147頭と牝馬14頭が出走し、それぞれ17、1連対。牡馬が断然有利だが、牝馬で連対したシーキングザパールは重賞4勝馬。今年挑戦する桜花賞馬ラインクラフトも重賞3勝馬、軽視はできない。
関東馬VS関西馬は78頭と82頭(地方馬1頭)で争い、10対8。関東馬が連対頭数、率で関西馬をリードしている。
◎…マイル重賞2勝のペールギュントが反撃する。皐月賞(G1)は道中折り合い、直線で一瞬抜け出す脚を見せたが、坂上で止まり6着。2000Mはやや長かったようだ。マイルへの距離短縮は大きな魅力。朝日杯FS(G1)でも直線で前が壁にならなければ突き抜ける勢いだった。
○…目下、重賞2連勝中のラインクラフトが、オークスを袖にして“変則2冠”を狙う。5戦4勝。敗れたのはG1の阪神JFの3着だけ。初の東京コース、初の牡馬相手は楽ではないが、シーキングパールに続く牝馬Vのチャンスは十分にある。
▲…前走マイネルハーティーはニュージーランドTを快勝した。後方で脚をためて、勝負どころから進出して、直線大外に出して一気の差し切りを決めた。気性の難しいところや追ってモタれるなどまだ未完成なところもあるが、上位2頭をまとめて破れる末脚を秘めている。
△…アイルラヴァゲインは98年のNHKマイルCの覇者、エルコンドルパサーの仔。今年初戦のクリスタルC(G3)は出遅れ、道中もゴチャつくなどの不利の中で3着を確保。続くマーガレットSで後続を3馬身ちぎって圧勝。重賞を逃したうっ憤を晴らした。府中のマイルは初挑戦となるが、軽視はできない。
△…セイウンニムカウは前走スタート直後に不利を受け、リズムに乗れず13着に凡退。朝日杯FS5着では直線内を突いてマイネルハーティーにハナ差し、続くアーリントンCでも2着を確保した。マイルの勝利はないが、強敵相手に重賞で善戦。連下には是非抑えておきたい。
△…インプレッションはニュージーランドTで0秒2差3着。前走は勝ち馬の決め手に屈したが、どんな流れになってもラストは必ず追い込んでいる。1600Mは5戦して、2勝、3着2回、5着1回。前の止まる展開になれば一気に浮上か。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エイシンヴァイデン        
1 2 ペールギュント  
2 3 セイウンニムカウ    
2 4 アイルラヴァゲイン    
3 5 コパノフウジン        
3 6 パリブレスト        
4 7 コスモフォーチュン        
4 8 バブルエスティーム        
5 9 ディープサマー      
5 10 シルクトゥルーパー        
6 11 マイネルハーティー  
6 12 ラインクラフト  
7 13 デアリングハート      
7 14 ビッグプラネット    
7 15 マルターズビクター        
8 16 ストラスアイラ        
8 17 イヤダイヤダ      
8 18 インプレッション    

買い目

大多2=3 2=4 2-11 2-17 3=4
綾恵14=2 14=12 14-9 14-18 2=12
山田13=11 13=12 13=14 11=12 11=14 12=14
たま2=12 2=11 2=3 2=4 2=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。