2005年7月3日(日)

11R

2005年7月3日(日) | 2回福島6日 | 15:35発走

第54回ラジオたんぱ賞(GIII)

芝・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合)(特指) 別定 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はダブルティンパニー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.46.9

ダートで500万を卒業するのに手間取っていた当馬だが、初芝だった前々走の京都戦(2000M)をアッサリ快勝すると、返す刀の前走・白百合Sでも逃げ粘ってハナ差2着に健闘。昇級のオープン戦であわやの場面を演出しており、芝適性は相当高いとみて良さそうだ。前走は結果的には勝ち馬の決め手に屈したものの、ラスト1ハロンは11秒台を記録しているように、決してバテているわけではないので、今回の福島でも持ち味が生かせるはず。今週の追い切りでも、馬場の渋った栗東坂路で4ハロン52秒3、終い12秒5をマークしており、さらなる上昇が期待できる。小回りコースに不安を持つ馬が多い中、すでに結果を出している点も魅力であり、初重賞挑戦でも互角以上に渡り合える可能性に懸けたい。

○対抗はピカレスクコート。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

1番人気に推された前走の府中1000万戦、エーデルワイスSではハナを切りながらも粘り切れず、0秒4差の4着に敗退。レース前からイレ込んでいたこともあるが、瞬発力に勝る馬が上位を占めており、切れ味のない当馬には不向きな展開だった。過去に最も良いパフォーマンスを披露した3月の阪神500万戦、さわらび賞の勝ちっぷりを見る限り、直線の長いコースよりは小回り平坦の方が向いているはず。気性的にアテにならない面も大きいが、全姉のヤマカツスズランが秋華賞(G1)で2着していることからも、2000Mまではこなせる血統的な下地があり、決して侮れない1頭だ。

▲単穴はシルクネクサス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.47.2

念願の出走を果たしたダービーでは、3秒もの大差を付けられて12着に惨敗。全く勝負にならなかったところをみると、2400Mという距離にも問題があった様子で、4月の中山・ベンジャミンSを快勝している1800Mへの距離短縮は好材料だし、近2走の重賞より相手関係が楽になるここは強気になれる立場だ。直線ヨーイドンの近2走よりは、淀みのないペースとなりやすい近年の当競走の方が、当馬の持ち味と合致するはず。実績上位のため1キロ余計に背負わされているものの、後続の切れ味が殺される条件が整えば、突き抜けるシーンまでも。

△抑えはワンダーマッハー。△穴はトーセンロッキー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

ベストの距離でシルクネクサス


過去10年(96年中山、00年は東京)、1-3番人気は2、3、3連対と不振。代わりに6番人気以下から7連対している。馬連で2度10000円台が出たが、7回は5000円以内。大荒れの可能性は薄い。
連対馬の前走はG1・4頭、G2、3各1頭、500万下-オープン特別14頭。G1組は前走着順に関係なく連対しているが、G2以下の15頭中14頭は前走1、2着馬だった。路線別はダービー、NHKマイルC、白百合S組がそれぞれ2連対。
勝利数別は、2勝馬が12連対(連対率12.9%)、3勝以上馬が8連対(同26.7%)。3勝以上馬が連対率で2勝馬を大きくリードしている。

◎…シルクネクサスを狙い撃ちにする。京都新聞杯4着、ダービー12着は距離が微妙に長く、直線の踏ん張りが効かなかったようだ。1800MはオープンのベンジャミンSで快勝した距離。G1でもまれた経験を生かし切れば勝ち負けになる。

○…ダブルティンパニーは前走中京の白百合Sで逃げてハナ差2着に惜敗した。ラスト3ハロンをすべて11秒台のラップで走破しての連対は、負けて強しの内容だった。ハナにこだわらなくてもいいタイプで、平坦小回りコースも合う。

▲…実績一番はトップガンジョー。3走前にスプリングSで3着に入り、皐月賞に駒を進めた。無敗の2冠馬・ディープインパクトには離されたが、2着とは0秒7差だった。G1好走を裏付けるように前走1000万下で2着を確保した。重賞で通用する能力を秘めている。

△…シンボリグランはデビューから中距離路線を歩んできたが、全3勝はマイル以下でマークした。距離実績はないが、オープンの葵Sを勝ち、G3・ファルコンS3着はここで威張れる成績。展開ひとつで首位戦線に浮上する。

△…ピサノグラフは6戦して、2勝、2着3回、4着1回。前走フローラSで3番人気を裏切ったが、5連対と底を見せていない。2カ月半と間隔が開いたが、能力差は少ない。

△…トーセンロッキーは目下、未勝利、500万下を連勝中。ひと息入った分押さえに回ったが、2戦はいずれも後続をちぎっての完勝だった。格上挑戦になるが、福島で乗れている後藤騎手騎乗は魅力だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 シルクレンジャー        
1 2 シルクネクサス  
2 3 ワンダーマッハー  
2 4 チョウサン        
3 5 ピサノグラフ      
3 6 エイシンサリヴァン      
4 7 コンラッド      
4 8 ピカレスクコート      
5 9 トップガンジョー    
5 10 カネサマンゲツ      
6 11 ダブルティンパニー  
6 12 シンボリグラン      
7 13 エアアドニス        
7 14 トーセンロッキー  
8 15 モエレアドミラル        
8 16 プリュネル        

買い目

大多11=8 11=2 11-3 11-14 8=2
綾恵2=11 2=3 2-7 2-10 11=3
山田3=9 3=14 3=6 9=14 9=6 14=6
たま2=11 2=9 2=5 2=12 2=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。