2004年9月26日(日)

11R

2004年9月26日(日) | 4回阪神6日 | 15:45発走

第52回神戸新聞杯(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 |

予想

◎本命はキングカメハメハ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.00.0

後に名馬と評されるタニノギムレット、クロフネが挑戦し、共に1冠に終わったNHKマイルC(G1)からダービー(G1)の過酷なローテーションを、他馬を寄せ付けることなく連勝。見事変則2冠を達成した怪物が秋に向けいよいよ始動する。8月終わりから時計を出し始め、中間の動きはかなり物足りない印象はあるが、馬体自体は仕上がっており、いきなりから地力は出せそう。全成績7戦6勝、当コースにいたっては2戦2勝とパーフェクト。脚質も自在で展開に左右されることもなく、3歳戦ならば負ける要素が全く見当たらない。次走、本番の菊に向かわず、天皇賞(秋・G1)で一線級古馬を相手にする当馬にとって、ここは負けられない一戦だ。

○対抗はケイアイガード。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.00.5

前走のラジオたんぱ賞(G3)を、先行押し切りの強い競馬で素質馬カンパニーをクビ差退け勝利。本命、単穴馬との対戦例がなく、多少比較は難しいが、後にラジオたんぱ賞組が古馬相手に好勝負している点から、前走のレベルは決して低くないといえるだけに、ここも上位争いに加わる可能性は高い。唯一ポン駆け適性に疑問は残るが、意欲的な調教を豊富にこなしているだけに問題はなさそう。ただ、本命馬がかなり強力であることも事実で、ここは連下争いまでとしたい。

▲単穴はハーツクライ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.00.0

朝日チャレンジC(G3)を制したスズカマンボを若葉S、京都新聞杯(G2)で2度退け、前走のダービーでは本命馬に1馬身半差の2着。本命馬には見劣るものの、3歳馬同士ならば胸を張れる実績といえる。しかし、前々走・前走共に展開利があった点は否定できず、少頭数でペースが落ち着き、前残りの可能性が高くなるここは多少評価を下げた。とはいえ、前が崩れるようなこととなれば、大駆けがあってよい実力と決め手は秘めている。

△抑えはメイショウハヤボシ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

地元競馬で反撃,グレートジャーニー


菊花賞(G1)を4週後に控えた最終トライアル。阪神競馬場で行われた過去8年、連対馬は7-4、2-1、5-4、1-3、3-2、1-7、1-2、3-1番人気の組み合わせで決まった。1番人気は3勝、2着2回。2、3番人気もそれぞれ3連対と好成績を残している。96年に馬連万馬券、98年に6790円と荒れたが、ここ5年は1770円以内の配当。人気サイドで収まる傾向が強い。
ステップはダービー(G1)組が6連対と貫禄を見せる一方で、1000万下からも5頭が連対した。条件組の5頭中4頭は前走1、2着から連に絡んだが、残る11頭は前哨戦の着順に関係なく連対している。遠征馬と休養馬の比較が気になるが、出走間隔は中2週3頭、1カ月3頭、2カ月以上10頭。両者ほぼ互角の成績を残している。
NHKマイルC(G1)、ダービーを連勝したキングカメハメハ。能力は疑う余地もないが、目標を先に置いての秋始動レースだけに取りこぼしもあると見た。そこで、ここに全力投球のグレートジャーニーで勝負する。春のG1は長距離輸送の連続で、力を出し切れなかった感もある。新馬Vから4戦目でシンザン記念(G3)を制した素質馬。地元競馬で反撃しても驚けない。
キングカメハメハは2冠獲りでまさに次元の違う強さを見せた。休養明けで春の研ぎ澄まされた鋭さは見られないが、同世代相手なら断然の存在。阪神2000Mも2戦2勝。狙いが古馬との天皇賞(秋)だけにここで100%の仕上げはないと見て対抗評価にしたが、能力を出し切れば突き抜けられても仕方がない。
ハーツクライはダービーで4コーナー17番手から大外に持ち出して、上がり34秒3で追い込み1馬身半2着。追い込み一手でも、展開に関係なくしまい確実に伸びてくる末脚は魅力。ここは馬群をさばきやすい8頭立て。仕掛けどころさえ間違えなければ上位争いの一角を占める。
2カ月半と間隔の開いたケイアイガードだが、休養前に1000万下、ラジオたんぱ賞(G3)を連勝した。中でも前走はハイペースの好位追走から直線で差し切る強い競馬を見せた。一線級とは初顔合わせになるが、軽視は禁物だ。
穴を開ければメイショウハヤボシ。前走は直線の不利がすべて。完全に脚を余して3着に敗れた。菊花賞へ駒を進めるにはここで3着が絶対条件。格下でも全力投球だけに侮れない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 チキリサンサン      
2 2 ケイアイガード
3 3 メイショウハヤボシ  
4 4 ラバグルート        
5 5 マイネルマグナート        
6 6 グレイトジャーニー      
7 7 キングカメハメハ
8 8 ハーツクライ

買い目

大多7=2 7=8 7-3 2=8
綾恵8=7 8=2 8-1 7=2
山田7=8 7=2 7=3 8=2 8=3 2=3
たま6=7 6=8 6=2 6=3
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。