2004年12月12日(日)

11R

2004年12月12日(日) | 5回中山4日 | 15:25発走

第56回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (混合) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 |

予想

◎本命はストーミーカフェ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

休養前の札幌2歳S(G3)では、1分49秒9という出色のタイムで逃げ切り勝ち。最後はさすがに息が上がってしまい、ダンツキッチョウに半馬身差まで攻め寄られたが、前半のリードを生かして凌ぎきった。現条件となった過去7年の勝ち時計と比較しても、当馬より速かったのは2000年の優勝馬ジャングルポケット、同2着のタガノテイオーだけで、3着テイエムオーシャンとは同タイム。前々走の未勝利戦では重馬場ながらも、札幌1500Mの2歳レコードを更新していたほどなので、スピードの裏付けはあったものの、1800Mまで持続できたのは極めて優秀と言えよう。今回は約2カ月半ぶりとなるが、先週・今週と2週連続で南芝とWコースにて5ハロン63秒台を叩き出しており、ほぼ予定通りに仕上がった様子。陣営は逃げにこだわらない旨の表明をしているものの、近2走が逃げて粘り込むレースで結果を出しているので、控える競馬でどうかの懸念はあるのだが、2・3番手辺りでなら何とか押し切ってしまえるはずだ。

○対抗はペールギュント。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.3

前走の東京スポーツ杯2歳S(G3)を1馬身差の2着。前々走デイリー杯2歳S(G2)に続く重賞連覇こそ逃したが、直線では内の方でゴチャついて前が詰まる場面もあっただけに、スムーズならきわどい勝負になっていた感じ。大外一閃で決めたデイリー杯でも鋭い末脚には驚かされたが、府中でも同様の脚を使えたことは、来春の活躍を期待させるものがあった。中2週で関東への再輸送は楽ではないものの、今週の追い切りでは栗東坂路で4ハロン54秒4、終い13秒5をマーク。時計は普通であるが、攻め駆けするタイプではないので、これだけ動いていれば大丈夫であろう。ここ3年の当競走は1分33秒台での決着になっており、マイル以上の距離でスピードを示していないと勝負にならないことが多いだけに、近2走で厳しい競馬をこなしたのはプラス材料。決め手の生きる流れとなれば、本命馬を下すのも難しくはあるまい。

▲単穴はディープサマー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

1番人気に推された前々走の函館2歳S(G3)は0秒1差の2着。勝ったアンブロワーズに直線で寄られる不利があり、力を出し切っての結果ではなかっただけに、何とも惜しい着差となってしまった。アンブロワーズは先週の阪神JF(G1)でアタマ差2着、1馬身差3着に下したカシマフラワーはエーデルワイス賞(交流G3)を優勝するなど、一緒に戦った好敵手は出世しており、当馬も重賞2着馬というポジションに甘んじている訳にはいかないはず。前走の京都2歳Sは4着に敗退しているが、久々に加えて2000Mへの延長、スローからの瞬発力勝負という分の悪い戦いにもかかわらず、0秒4の着差なら叩き台と割り切れば許容範囲。本命馬を1秒9の大差で退けた新馬戦でのパフォーマンスを思い出せば、適距離と考えられるマイルへの短縮で不気味な存在になる。

△抑えはマイネルレコルト。△穴はテイエムヒットベ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

ベストの中山マイルでペールギュント


01年に馬齢表記の変更に伴い、「朝日杯3歳S」から「朝日杯フューチュリティ(将来性のある)S」にレース名が変更された。過去10年のデータで「2歳チャンピオン決定戦」の傾向を探ってみた。
1番人気は5勝、2着4回。連対率90%は堂々の成績。唯一連を外した96年のクリスザブレイヴは勝負どころの不利に泣いたもので、1番人気の信頼度は高い。また、2番人気も5連対で、連対の70%を1、2番人気が占め、伏兵馬の出番は少ない。馬連で4000-8000円台が3回あるが、3けた配当も6回。不確定要素の多い2歳戦にしては平穏に収まっている。
連対馬の前走は重賞10頭、オープン6頭、500万下2頭、新馬と未勝利各1頭。条件戦からの連対馬はわずか4頭。2歳の頂点レースだけに「格」を重視したい。連対馬20頭中18頭は前走1着で、残る2頭が2着。前走連に絡んでいることが、連対への条件となっている。路線別は4連対で東京スポーツ賞2歳S(G3・重賞昇格前の府中3歳Sを含む)組、3連対で京王杯2歳S(G2)、デイリー杯2歳(G2)、京都2歳Sの3組が続いている。
出走間隔は中1-3週馬が1、8、6連対し、1カ月半1頭、2カ月以上3頭。連対馬14頭の集中している中2、3週が理想のローテーションといえそうだ。
関東馬59頭、関西馬84頭、地方馬3頭が出走して、5、14、1連対。連対率は関東8.5%、関西16.7%、地方33.3%。今年、地方馬の参戦はない。
1-3勝以上馬が45、84、17頭出走して2、11、7連対。当然のことながら勝利数が多いなるほど連対率が上昇している。キャリアは2-7戦以上馬が5、6、5、1、2、1連対。キャリア2-4戦の中から軸馬を選びたい。
◎ペールギュントの末脚にかける。初勝利は2戦目だったが、続くデイリー杯2歳Sをレース最速の上がりで差し切り。前半掛かり気味の前走でも、直線狭いところを割って鋭く伸びて2着を確保した。距離短縮は好材料。坂のある中山コースも瞬発力を生かすにはベストの舞台だ。
○ストーミーカフェは新馬2着後、重馬場の未勝利戦をレコードV。前走の札幌2歳S(G3)もスピードの違いで逃げ切った。今回2カ月半ぶりと間隔が開いたが、ここを目標に仕上げられ状態は万全。逃げて完勝しているが、必ずしもハナにこだわらないタイプ。先行力の行かせる中山だけに速力で押し切るシーンは十分にある。
▲夏の函館でスキップジャックはラベンダーSを2着、函館2歳S(G3)7着。勝ち切れないレースが続いたが、3カ月ぶりの前走、京王杯2歳Sで鮮やかな差し切り勝ちを演じた。直線内枠ピッタリの経済コースを回っての勝利だが、上がり34秒台は優秀。1ハロン距離が延びるが、血統からは十分こなせるはずだ。
△マイネルレコルトは福島、新潟で3戦3勝。前走京王杯2歳Sの5着で連勝記録は止まったが、完成度はこのメンバーでも最右翼。ここ10年で連対を外して巻き返した馬はいないが、前走の敗因は出脚でトモを落とし、後手に回り流れに乗れなかった。能力的には全くヒケを取らない。
△テイエムヒットベは未勝利、オープンと逃げて連勝した。いずれもゆったりした流れの1800M。距離1ハロン短縮のマイルで折り合えるかどうかがカギとなるが、能力はここでも十分に足りる。
△シルクネクサスは、ダートから芝に替わったマイル戦で後続を1秒ちぎった。勝ちタイムも優秀で、前走も逃げて直線二の脚を使って快勝した。まだ500万下を勝ち上がったばかりの身だが、自分の型に持ち込めれば大駆けが期待できる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 コパノフウジン        
1 2 ペールギュント
2 3 テイエムヒットベ  
2 4 スキップジャック    
3 5 セイウンニムカウ        
3 6 メジロスパイダー        
4 7 マイネルレコルト    
4 8 ストーミーカフェ
5 9 シルクネクサス    
5 10 エイシンヴァイデン      
6 11 サクセスドマーニ      
6 12 マイネルハーティー        
7 13 エイシンサリヴァン        
7 14 ローランコングレ        
8 15 ディープサマー      
8 16 マルカジーク        

買い目

大多8=2 8=15 8-3 8-7 2=15
綾恵2=9 2=8 2-10 2-11 9=8
山田4=8 4=3 4=2 8=3 8=2 3=2
たま2=8 2=4 2=3 2=7 2=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。