IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2004年12月5日(日)

11R

2004年12月5日(日) | 5回中山2日 | 15:20発走

ターコイズステークス

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (混合) 牝 (特指) ハンデ | 本賞金:2400、960、600、360、240万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はインゴット。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.47.2

今回と同条件の前々走、紫苑Sにおいて、相手に恵まれた印象こそぬぐえないが快勝を果たした素質馬。前走の秋華賞(G1)は距離適性とキャリアの差で15着に惨敗しているが、前々走の舞台に戻ってくれば逆転の可能性は高い。ハンデもオープン勝ちしている実績からすれば軽量といってよい53キロ。脚質の自在性があり、前走以外大崩れしていない点も魅力で、一発の期待十分だ。

○対抗はウイングレット。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.46.5

前走の秋華賞はスイープトウショウ、ヤマニンシュクルの上位2頭にこそ大きく引き離されたが、古馬G1で活躍中のダンスインザムードに先着の3着。新潟2歳S(G3)で2着した素質が未だ衰えていないことをアピールした。中山の急坂が不安なため、ここは対抗評価までとしたが、コースさえこなせれば3歳牝馬トップクラスの実力には注意が必要だろう。

▲単穴はマイネヌーヴェル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.46.8

△抑えはチャペルコンサート。△穴はコンコルディア。


今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・ターコイズS


マイネヌーヴェルが反撃する。ここ2走は2けた着順に敗れたが、夏のクイーンSでレース最速の上がりで0秒3差5着に追い上げた。中山芝1800メートルも一昨年のフラワーCで快勝している。鞍上にボニヤを配し、Vへの態勢を整えた。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 クリスタルヴィオレ        
2 2 ウイングレット
3 3 コンコルディア  
4 4 マイネヌーヴェル  
5 5 ニシノニチリン      
6 6 プリモピアット      
6 7 ドルチェリモーネ      
7 8 イシノミューズ      
7 9 リスティアエーデル        
8 10 インゴット  
8 11 チャペルコンサート  

買い目

大多10=2 10=4 10-3 10-11 2=4
綾恵2=11 2=8 2-4 2-10 11=8
山田2=6 2=5 2=3 6=5 6=3 5=3
たま4=2 4=7 4=3 4=10 4=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。