競馬 - 夕刊フジ賞クリスタルカップ - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2004年3月14日(日)

11R

2004年3月14日(日) | 2回中山6日 | 15:35発走

第18回夕刊フジ賞クリスタルカップ(GIII)

芝・右・外 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合)(指定) 別定 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 |

予想

◎本命はナムラビッグタイム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.09.0

前走、もみじSは出遅れてハナに行けなかったものの、3番手好位からの抜け出しで快勝。他馬より2キロ以上重い57キロを背負って後続に2馬身半差を付けたのだから、完勝と言える内容であろう。昨年は7戦4勝、2着2回の好成績を残しており、その中で3度のオープン勝ちを収めている。唯一、連対を外したのは、他馬にぶつけられて折り合いを欠いてしまった函館2歳S(G3)の5着のみで、このキャリアと安定ぶりは素直に信頼すべきだろう。ここは4カ月の休養明けとなるが、中間は順調に乗り込まれており、今週の追い切りでも美浦南Wコースで5ハロン64秒台を計時するなど、動きは良好。昨秋に使い込まれていたことを考えれば、蓄積疲労がとれたことのメリットの方が大きい感じ。2度目の重賞挑戦、今度は結果を出したいところだ。

○対抗はタイキバカラ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

ダート1400M戦で行われた前走の府中500万戦では、二の脚を使ってハナを奪うと、そのまま先頭を譲らず押し切り勝ち。脚抜きの良い不良馬場だったこともあるが、2歳レコードタイムを更新しており、メンバーのレベルが高かったことを裏付けるように、2馬身半差に退けた2着のカフェオリンポスは、その後にオープンのヒヤシンスSを快勝している。父・サザンヘイローの産駒はほとんどがダート向きとあって、当馬も同様である可能性は高いが、ユノピエロのように芝で走るタイプも稀におり、新馬戦を府中の芝1400M戦で勝ち上がっただけに、芝の上級で走れるスピードもありそう。幾分か人気先行の感もあるが、軽くは扱えない存在だ。

▲単穴はウェディングバレー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.08.9

今年の始動戦となった前走、菜の花賞ではクビ差の2着に惜敗したが、斤量が他馬より1キロ重かったうえ、断然の人気も背負っていたため、マークが厳しかったのも確か。この着差なら負けて強しといえるし、勝ったクリスタルヴィオレは、次走のクイーンC(G3)で2着と健闘しており、当馬の評価も引き上げた。メンバー中、唯一の牝馬だが、520キロ台の馬体は牡馬にも見劣りはなく、中山での出走経験あるのは当馬とハリーズコメットのみ。そのうえ、中山1200M戦で3戦2勝、2着1回と結果を出しているのだから、慣れが見込めるだけに都合がいい。マイナスとなるようなポイントは少なく、あとは実際に強豪と対戦してどうかだろうが、それなりに楽しみはある。

△抑えはタイセイブレーヴ。△穴はビッグファルコン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

初重賞に王手,ウェディングバレー


過去10年、1-4、2-4、7-4、6-1、1-2、2-1、3-2、13-9、2-12、1-13番人気の組み合わせで1、2着した。前半は比較的平穏に収まっていたが、ここ3年は2けた人気馬が連続で連対。馬連はすべて万馬券決着となっている。波乱の片棒を担いだ3頭は、いずれもダートをステップに参戦。穴狙いなら前走ダート組ということになる。
連対馬の前走は重賞8頭、オープン6頭、500万条件6頭。そこでの成績は重賞組なら着順を問わないが、オープン組と500万条件組なら前哨戦で1、2着していることが望ましい。路線別は5連対のアーリントンC(G3)組に注目したい。
牡馬121頭と牝馬30頭で争い15対5。連対数で牡馬がリードしているが、率で牝馬が逆転している。3歳短距離戦は外国産馬が強い傾向にあるが、このレースも優勝馬10頭中9頭が外国産馬。1-3着独占も7回あり、外国産馬の天下になっている。
外国産馬ウェディングバレーで勝負する。菜の花賞は1番人気を裏切ってクビ差2着。出遅れて前半に脚を使った分、ゴール前の差し切りを許した。中山1200Mはダートを含め4戦3勝、2着1回と得意。先手を取って行き切る競馬になれば、牡馬相手でも初重賞Vのチャンスだ。
相手にタイセイブレーヴを抜擢する。前走はハナを奪って軽快に逃げたが、直線差されて0秒3差2着。58キロを背負って2馬身差なら上々の粘りだった。1ハロンの距離短縮は好材料。スピード勝負は臨むところだけに、芝替わりも大歓迎だ。
3カ月ぶりとなるタイキバカラ。芝でデビュー戦を快勝し、前走ダート1400Mをレコードで制した。出走間隔は開いたが、潜在能力は相当高そう。好位で折り合うレースができれば、無傷のV3で重賞奪取も可能だ。
ナムラビッグタイムは1200Mで5戦3勝。福島のオープンをレコードで逃げ切り、前走京都では好位で折り合い直線鮮やかに差し切った。スプリンターの資質は十分。4カ月ぶりの実戦に戸惑いが出なければ、首位戦線に食い込んでも不思議はない。
ハリーズコメットはダートの500万条件を前走勝ち上がった。平場からいきなりG3で格下に見えるが、昨夏にオープンの芝1200Mで連続2着した実績がある。人気はないが、連下には抑えておきたい。
穴を出せばルタンティールか。前走は好位の内から追走、直線で前が開くとあっさりと抜け出した。勝ち時計は目立たないが、好センスの競馬を見せた。混戦になれば出番はある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ケージーアジュデ        
2 2 タイキバカラ
3 3 ウェディングバレー  
4 4 テイエムボッケモン        
4 5 ルタンティール      
5 6 ビッグファルコン      
5 7 ナカヤマバスター      
6 8 タイセイブレーヴ
6 9 シルヴァーゼット      
7 10 ハリーズコメット      
7 11 ハートランドカフェ        
8 12 ヒョウタンジマ      
8 13 ナムラビッグタイム  

買い目

大多13=2 13=3 13-6 13-8 2=3
綾恵13=9 13=8 13-2 13-7 9=8
山田8=12 8=3 8=2 12=3 12=2 3=2
たま3=8 3=2 3-5 3-10 3-13 8=2
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。