2004年1月18日(日)

11R

2004年1月18日(日) | 1回中山6日 | 15:35発走

第44回京成杯(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合)(特指) 別定 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 |

予想

◎本命はキングカメハメハ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.02.6

父・キングマンボの持ち込み馬だが、兄にサンタアニタダービー(米・G1)を勝ったザデピュティがおり、血統背景は抜群の良血。当然、デビュー前から評判は高かったが、ここまで新馬、500万と無傷で連勝し期待に応えている。前走エリカ賞において、直線で追われてからの伸びは他馬を圧倒しており、ゴール前で計ったように差し切った内容が光る。気性も良く、スローペースに掛かることもなかっただけに、ペースを問わないのもこの時期の3歳馬には大きな武器だ。前走時、目一杯には仕上がっていなかったため、これからの成長と上昇の余地も大きい。ステップとして近年の当競争での連対実績が多い阪神2000M戦を使ってきたのも好印象。鞍上が武豊騎手から交代になるが、今季大活躍中であるバルジュー騎手なら不安も少ない。ここはクラシックに向けて、万全のスタートを切りたいところだ。

○対抗はフォーカルポイント。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走、朝日杯FS(G1)では出遅れが響いて4着に敗れたものの、上位は先行勢で占められており、後方からの競馬で掲示板確保したのは当馬だけ。最内突いての果敢な追い上げで、勝ち馬と0秒3まで着差を縮めたのだから、むしろ高い評価が必要だろう。前々走の東京スポーツ杯2歳(G3)2着時も、アドマイヤビッグとの追い比べで終い3ハロン34秒近い切れ味を見せており、末脚の威力は侮りがたいものがある。今回は2ハロンの延長となるが、3、2走前の東京戦で1800Mを余裕で克服しているだけに、あと1ハロンなら大丈夫のはず。展開としてマイネルマクロスがハイペースに持ち込むようだとやっかいだが、上がり勝負の流れなら本命馬を脅かすことも十分可能とみた。

▲単穴はスズカマンボ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走、朝日杯FSでは13着に大敗しているが、外枠不利な中山マイルでの大外枠発走、先行有利の展開で、外々を回らされるロスもあり、全く競馬をさせてもらえなかったのも確か。前々走の萩Sでは、京都1800Mの2歳レコードを叩き出して、圧倒的なパフォーマンスを披露していただけに、前走だけで見限るには早かろう。忙しいマイルから追走が楽になる分、距離延長は好材料だし、当競争と相性の良い蛯名騎手への手替わりもプラス。対抗馬の様なスパッと切れる脚ではないが、スピードに乗っての持続力があるだけに、流れ一つで再浮上の場面も。

△抑えはマイネルマクロス。△穴はビッグクラウン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

重賞級の破壊力,フォーカルポイント


99年に距離が1600Mから2000Mに延長された。過去5年(02年は東京競馬場)、連対馬は1-4、2-9、3-2、2-1、4-2番人気の組み合わせで決まった。00年に馬連5410円と荒れたが、この年を除くと4回は1000円台以内。人気馬の活躍で堅く収まっている。ただ、3着には3、3、8、8、8番人気が入線。穴党には3連複をお勧めしたい。
連対馬の前走は重賞組3連対、500万条件組3連対、新馬と未勝利勝ちが4連対。そこでの成績は重賞組が3、5、3着、それ以外は1、2着だった。重賞以外からの参戦馬は、前哨戦で連に絡んでいることが連対への条件となっている。路線別はラジオたんぱ賞3歳(現2歳)S組とエリカ賞組が2連対で並んでいる。
フォーカルポイントの巻き返しにかける。朝日杯FS(G1)はスタート直後につまずく不利。最後方からの競馬になったが、直線メンバー中最速の34秒台の上がりで4着に迫った。デビュー戦で上がり33秒台。2戦目の東京スポーツ杯2歳S(G3)が34秒と、いずれも強烈な末脚を見せつけた。重賞級の破壊力を備えている。
相手に2戦2勝のキングカメハメハ。2戦とも中団に付け、直線鮮やかに差し切った。勝ち時計は目立たないが、大物感漂うレースぶり。潜在能力の高さで3連勝してもおかしくない。
単騎先行の見込めるマイネルマクロス。ここ2戦は先手を奪えなかったが2、3着に健闘した。前走も1着馬とはクビ、クビ差なら勝ちに等しい内容だ。1600M以上では複勝率100%。距離2000Mも合う。
スズカマンボは朝日杯FS13着。外枠不利の中山1600Mの大外16番枠。前走大敗に同情の余地もあるが、2ケタ着順はやはり負けすぎ。ただ、前々走の萩Sで直線口向きの悪さを見せながらもレコードV。連下の抑えには必要か。
穴を出せばマイネルベルーフか。デビュー戦の勝ちタイムは地味。スピード勝負では厳しいが、毎日杯(G3)優勝を含むオープンで3勝したテイエムトップダンの半弟と血筋はしっかりしている。良馬場では出番がないが、時計が掛かれば、上位争いに加われる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 グランドブルー        
2 2 マイネルベルーフ      
3 3 ニチリンコトブキ        
4 4 キングカメハメハ
5 5 ビッグクラウン    
6 6 マイネルマクロス
7 7 スズカマンボ  
7 8 コスモターゲット        
8 9 フォーカルポイント
8 10 ボブビースト      

買い目

大多4=9 4=7 4-5 4-6 9=7
綾恵6=9 6=7 6-4 6-10 9=7
山田4=6 4=9 4=5 6=9 6=5 9=5
たま9=4 9=6 9-2 9-7 4=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。