2004年6月5日(土)

11R

2004年6月5日(土) | 3回東京5日 | 15:40発走

第9回ユニコーンステークス(GIII)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (混合)(指定) 別定 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 |

予想

◎本命はカフェオリンポス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.37.1

休養前のヒヤシンスSでは、直線で強烈な差し脚を見せて2馬身差の圧勝。逃げたアントニオマグナムがハイペースで引っ張ったとはいえ、勝ち時計も同日のフェブラリーS(G1)と0秒3差と優秀なものだった。これまでは先行型だったが、前走で控える競馬に成功しており、展開に左右されにくくなったのは大きな強み。再度府中のマイル戦となれば、格の違いを見せつけて重賞制覇の公算大だ。

○対抗はパーソナルラッシュ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

直線での追い比べに持ち込めた前走の昇竜Sは、ゴール直前に人気のトップオブワールドをクビ差かわして勝利。馬群で揉まれた前々走の端午Sで11着と惨敗したため人気はガタ落ちしたものの、まともに走れば高い能力の持ち主ではある。相手関係が一段と強化される重賞戦で、厳しい展開となった際にまた嫌気を出さないかの不安はあるが、距離と左回りはこの馬に分がある。道中スムーズに運べるようなら、互角以上の勝負に持ち込むことも。

▲単穴はベルーガ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走プリンシパルSは12着に大敗。芝の3戦は全て掲示板を外しており、サンデーサイレンス産駒には珍しく芝適性が低そうだ。半兄のバージャラスヒルなど兄たちがダートで活躍していることからも、ダートへの路線変更は好印象。新馬戦で2秒以上もの大差勝ち、前々走500万戦での圧勝劇を見るに、意外に大物の感もある。ダートでなら未だ底を見せておらず、一線級との初対戦でも楽しみの方が大きい。

△抑えはアイファーフクオー。△穴はダイワバンディット。


予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 トーセンブライト    
1 2 マルシゲアリダー        
2 3 オーゴンコウテイ        
2 4 アイファーフクオー
3 5 スレッジハンマー        
3 6 クリアーザコースト        
4 7 アントニオマグナム        
4 8 ビッグエンデバー        
5 9 ダイワバンディット  
5 10 トップオブワールド    
6 11 ダイワネバダ        
6 12 カフェオリンポス  
7 13 パーソナルラッシュ  
7 14 フィールドルーキー      
8 15 ベルモントサンダー        
8 16 ベルーガ    

買い目

大多12=13 12=16 12-4 12-9 13=16
綾恵12=4 12=14 12-1 12-16 4=14
山田9=10 9=13 9=4 10=13 10=4 13=4
たま1=12 1=10 1-4 1-9 1-13 12=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。