2004年2月1日(日)

11R

2004年2月1日(日) | 1回東京2日 | 15:35発走

第54回東京新聞杯(GIII)

芝・左 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (混合)[指定] 別定 | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 |

予想

◎本命はサイドワインダー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.4

前走の京都金杯(G3)では、道中最後方からの追い込みに懸けたものの、早めに抜け出したマイソールサウンドをクビ差とらえきれず2着。上がり3ハロン33秒台の末脚を使いながら、差し損ねてしまったのはハンデも影響した感じだが、脚質的に取りこぼしが多くなるのは仕方ないところ。休養明けだった昨秋の富士S(G3)で、レコード決着の2着に好走しており、京都以上に直線長い府中へ替われば、当馬の能力を存分に生かせるはずだ。今週の追い切りでは、栗東CWコースで6ハロン80秒、終い12秒台を楽々と計時。正月開催で変則追いだった前走時よりデキは上向いた感。引き続きの斤量58キロは重いが、安田記念の予行演習と考えれば、ここらで克服しておく必要があるのは確か。G3でメンバー手頃な今回、G1を目指すためには取りこぼせない一戦だろう。

○対抗はマイネルモルゲン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.1

本命馬には実績見劣るが、昨春のNHKマイルC(G3)で3着、マイルオープンのポートアイランドS勝ちがあり、明け4歳で未だ成長途上だけに、今後の期待は大きい。前走ニューイヤーSでは、マイネアイルにまんまと逃げ切られてしまい、クビ差2着に甘んじたが、以前の様に掛かったり、レースを止めるような素振りを見せず、好位で上手く折り合えた辺りに気性面での成長がうかがえる。今週の追い切りは、美浦南Wコースで5ハロン65秒、ラスト12秒台と終い重点の内容だったが、中1週での重賞挑戦でもあり、これだけ動ければ十分だろう。本命馬はかなり手強い存在であるが、当馬も本命馬に劣らぬ決め手を持っているだけに、再度好位で流れに乗れれば差のない競馬に持ち込めるはずだ。

▲単穴はシベリアンホーク。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.4

3歳1000万戦のエーデルワイスS、前々走のキャピタルSでメンバー中唯一、府中マイル2勝を挙げている当馬。前走、京都金杯は後続のマークが厳しく7着に沈んだが、着差は0秒4差で、大失速までの印象ではない。近走で大崩れしたのは控える競馬を試みた富士Sの8着くらいで、ハナに行ってしまえば京成杯(G3)でクビ差2着に逃げ粘ったようにかなり渋太い。追い切りでは、南Wコースで6ハロン80秒台を馬なりでマークしており、デキ落ちはなさそう。ミッドタウンが脚質変更したため、ハナを競り合える馬が皆無となったのは好都合。本命馬を意識しすぎて後続の仕掛けが遅れるようなら、残り目の可能性も出てくるはずだ。

△抑えはウインラディウス。△穴はキスミーテンダー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

高速馬場でミッドタウンV


雪でダート変更になった95年を除いた過去9回(昨年は中山開催)でレース傾向を探りたい。
1番人気は3勝、2着4回と信頼できるが、2、3番人気は各2連対とやや物足りない。ただ馬連は2万馬券と9220円の高配当が2度出たが、残る7回は3ケタ5回を含む1350円以内。基本的には人気サイドで収まる傾向を見せている。
連対馬の前走は重賞6頭、オープン10頭、準オープン2頭。そこでの成績は重賞組なら着順を問わないが、オープン以下の12頭は全馬3着以内になっている。路線別は6連対のニューイヤーS組が抜けていた。
年齢別は4-7歳上馬が38、25、32、35頭で争い、6、4、5、3連対。4-6歳馬がほぼ互角の連対率を示している。関東馬は5勝、2着6回、関西馬が4勝、2着3回。関東馬が連対数、率でリードしている。
ミッドタウンが差し切る。ここ2走、脚質転換を試みていたが、ようやく抑える競馬をマスターしたようだ。実績は中山に集中しているが、持ち時計1分31秒9(中山)があれば、開幕週の高速決着にも十分対応できる。
サイドワインダーは前走の京都金杯(G3)でクビ差の2着に惜敗した。4コーナーで最後方16番手。とても届かないと思われた位置から馬群に突っ込んで上がり33秒台をマークした。6歳馬になっても瞬発力はいまだ健在だ。58キロは背負い慣れた斤量。展開がはまれば一気に突き抜ける。
マイネルモルゲンはニューイヤーS2着。2番枠から好位に付けて直線鋭く伸びたがクビ遅れた。東京はNHKマイルC(G1)3着の舞台。1600Mだと折り合いもスムーズで、54キロの斤量なら上位2頭を脅かす存在だ。
3カ月ぶりになるウインラディウス。調教量は豊富で、鉄砲にも不安がない。休養前に準オープンを勝ったばかりだが、その前の京成杯AH(G3)で2番人気に推されて0秒4差7着。重賞でも互角にやれる力量を備えている。
ハレルヤサンデーも4カ月半ぶり。休み前の重賞2戦は致命的な出遅れで凡退したが、昨年の安田記念(G1)で0秒6差の10着に善戦している。人気はないが連下には警戒したい。
グラスワールドはニューイヤーSで7着に敗れたが、34秒台の上がりで0秒4差。人気ほど大負けしている訳ではない。モタれる悪癖もなくなり、ようやく復調してきた。メンバーはそろったが、混戦になれば2着争いには浮上できる。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ミッドタウン  
2 2 キスミーテンダー    
2 3 マイネルモルゲン    
3 4 ハレルヤサンデー      
3 5 センターフレッシュ        
4 6 ダイワジアン        
4 7 スプリングシオン        
5 8 グラスワールド      
5 9 シベリアンホーク    
6 10 クラフトワーク      
6 11 トラストファイヤー        
7 12 サイドワインダー
7 13 ジョウテンブレーヴ        
8 14 ゴールドメーカー        
8 15 ウインラディウス

買い目

大多12=3 12=9 12-2 12-15 3=9
綾恵12=15 12=1 12-9 12-10 15=1
山田12=2 12=1 12=15 2=1 2=15 1=15
たま1=12 1=3 1-4 1-8 1-15 12=3
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。