2004年8月1日(日)

11R

2004年8月1日(日) | 2回新潟6日 | 15:35発走

第39回関屋記念(GIII)

芝・左・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (混合)(特指) 別定 | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 |

予想

◎本命はブルーイレヴン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.3

今年始めの中山金杯(G3)で約1年ぶりの復帰を果たしてからは、一進一退を繰り返していた当馬だが、前走の金鯱賞(G2)でタップダンスシチーのアタマ差2着に入線。G1級の実績馬が数多く出走していた中で、前有利の展開を後方から詰めてきており、斤量差を考慮しても十分ほめられる内容であった。前走後は短期放牧に出されていたが、帰厩してからの動きも悪くなく、今週の追い切りではDWコースで6ハロン84秒、終い12秒台で一杯に追われたほど。ほぼ前走並みのデキで出走はかないそうだが、骨折の原因となった京成杯(G3)での大暴走も記憶に新しく、前々走の新潟大賞典(G3)時には枠入りでゴネたりと、激しい気性の持ち主なので、未だ半信半疑の面は残る。とはいえ、まともにさえ走ってくれれば完全復活も間近か。

○対抗はブレイクタイム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.31.9

3年前の安田記念(G1)2着を筆頭に、昨秋の京成杯AH(G3)での連覇など、マイル路線では屈指の実力馬。550キロを越える雄大な馬格から生み出されるパワーとスピードと引き替えに、脚元への負担が大きいため、休み休みでの出走となっているが、気性的には鉄砲が利くタイプ。実際、6月に栗東トレセンに戻ってからも坂路で好時計を連発しており、今週の追い切りでも4ハロン50秒3、終い12秒5を叩き出したほど。久々のため、やや馬体に余裕があるので、あとは当日どれぐらい絞れているかであろうが、新潟での代替開催だった一昨年の京成杯AHを4馬身のぶっちぎりで優勝した実績からも、小細工を必要としない新潟マイルは合っている感じ。息さえ保てばアッサリまであってもおかしくない。

▲単穴はマイネルソロモン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.6

ゴール前で大混戦となった前走のNSTオープンを制し、約14カ月ぶりの勝利を獲得。3走前、前々走の府中戦では、渋った馬場で力を発揮することなく2ケタ着順に惨敗していたが、良馬場のオープン特別でようやく持ち味を発揮した感。デビューからの3連勝、過去2回のマイルG3で3、2着している実績からも、いずれは重賞制覇も可能な器のはず。前走で14キロも馬体が増えていたが、付くべきところに筋肉が付いてパワーが増した印象で、減ってもおかしくない夏場の馬体増は好感が持てる。中1週での競馬のため、今週の追い切りは美浦南Dコースを馬なりで流しただけだが、特に疲れも見られず元気いっぱい。前走よりも相手は強化されたが、今の勢いなら再度好勝負に持ち込めそうだ。

△抑えはロードフラッグ。△穴はウインクリューガー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

得意のマイルでミッドタウンV


真夏のベストマイラー決定戦。95、00年は福島競馬場(芝1700M)で、01年以前は右回りで施行されたが、過去10年のデータを参照にレース傾向を見てみたい。
連対馬は13-4、9-3、1-5、2-5、1-10、4-3、3-4、4-8、1-9、8-4番人気の組み合わせでゴールした。1番人気は3連対、2番人気1連対、3番人気が3連対。上位人気馬は不調で、代わりに8番人気以下の人気薄が6連対している。馬連は3けた配当1回、1000-3000円台4回、5000-6000円台3回と万馬券2回。伏兵馬の台頭で波乱傾向を見せている。
ステップは七夕賞(G3)5連対、朱鷺S4連対、NSTオープン3連対の順。ただ、01年までの朱鷺Sは02年からのNSTオープンとほぼ同じ条件。朱鷺Sを前身と見れば、NSTオープン組と合わせて7連対になる。年齢別は3-7歳上馬が5、28、48、26、23頭出走して、1、5、9、1、4連対。5歳馬が他世代を押さえて一歩リードしている。
左回りで行われたここ3年の勝ちタイムは、いずれも1分31秒8と速い。ちなみに芝1600Mの持ち時計ナンバーワンは、ブレイクタイムとミッドタウンで1分31秒9。連対6頭の決まり手は逃げ2頭、先行3頭、追い込み1頭。直線の長いコースに改修されたが、差し、追い込み馬は苦戦している。
ミッドタウンが巻き返す。NSTオープンはスタートでつまずき最後方からの競馬。直線インを突いていい伸びを見せたが、ゴール手前100Mで前が壁になり、脚を余して0秒3差に敗れた。今回は8戦4勝と最も得意とするマイル戦。スピード決着も望むところだ。
相手はブルーイレヴン。デビュー戦を快勝、続くデイリー杯2歳S(G2)2着、東京スポーツ杯2歳S(G3)1着したときは、クラシック候補と騒がれた。その後は勝ち星がなく出世が遅れているが、前走の金鯱賞(G2)でタップダンスシチーの頭差2着。素質馬がようやく片鱗を見せた。2カ月ぶりでもスムーズな競馬ができれば首位争いになる。
休養明けで七夕賞を快勝したチアズブライトリー。マイルは距離がやや短い気もするが、新潟の外回りコースならじっくり構えて脚をためられる。一度たたかれた上積みも見込める。重賞連覇があっても驚けない。
マイネルソロモンは前走、横一線の激戦だったNSTオープンを制した。デビューから3連勝でダービーへ駒を進めた逸材。気難しさを出して凡退するケースもあるが、能力を出し切ると重賞でも好勝負できる。中一週の強行軍を嫌って連下に留めたが、能力は十分足りる。
夏の新潟で復活を目指すブレイクタイム。安田記念(G1)で2着に好走した実力馬で、一昨年、昨年と京成杯を連覇している。ここは10カ月ぶりで抑えに落としたが、栗東坂路の最終追い切りで50秒3の好タイムをマーク。久々を全く感じさせない軽快な動きを見せた。連下なら食い込める底力を秘めている。
ミスキャストはマイルで6戦4勝。1年休養後を2度使われて15、6着と上昇を見せている。前走も出遅れたが0秒6差と大崩れを見せなかった。3歳時の良績とはいえ、はまったときの末脚は実に強烈。新潟の直線で一変しても不思議はない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 シャフツベリー      
2 2 チアズブライトリー  
2 3 ユキノサンロイヤル      
3 4 チョウカイリョウガ        
3 5 ウインクリューガー      
4 6 エイシンスペンサー        
4 7 ブレイクタイム  
5 8 オーゴンサンデー        
5 9 マイネルソロモン  
6 10 ロードフラッグ    
6 11 トーセンダンディ      
7 12 ブルーイレヴン    
7 13 オースミブライト        
8 14 ミッドタウン    
8 15 ミスキャスト      

買い目

大多12=7 12=9 12-5 12-10 7=9
綾恵11=10 11=3 11-1 11-2 10=3
山田14=9 14=7 14=2 9=7 9=2 7=2
たま14=12 14=2 14-7 14-9 14-15 12=2
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。