IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2004年7月11日(日)

11R

2004年7月11日(日) | 2回福島8日 | 15:35発走

第40回七夕賞(GIII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (混合)(特指) ハンデ | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 |

予想

◎本命はマーベラスダンス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.59.2

前走の準オープン戦・関ヶ原Sは、いつもの伸びがなく9着に敗退。府中、新潟と同じ左回りでも小回りの中京は勝手が違ったようだし、距離も1ハロン短かった印象だ。福島・芝2000Mは3戦全勝と、前走に目をつぶっても狙う価値がある。格上挑戦だった前々走の新潟大賞典(G3)は6着ながら、勝ったマイネルアムンゼンとは0秒3差。いざ追い出そうとした時に馬群が外ラチ沿いに殺到、前が完全に詰まって動けずに流れ込んだだけで、普通にレースを出来れば、もっときわどい勝負になっていたはずだ。再度の格上挑戦ながら、新潟大賞典時よりハンデが1キロ増えたのも、力が認められているからこそ。得意の福島で軽ハンデ53キロの後押しがある今回、いきなりの重賞獲りまで見えてきた。

○対抗はロードフラッグ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.8

前走の福島テレビOPでは、いつも通りの先行策でクビ+ハナ差の3着。人気のマチカネアカツキ、勝ち馬ロードフラッグを見ながらという絶好のポジションだったが、スローからの上がり勝負では、当馬の持ち味を生かしきったとはいえなかった感じ。とはいえ、オープンでも差のない好勝負に持ち込めた点は事実であるし、昨年の同レース5着時よりも力を増しているのは間違いなさそう。中1週の今回は軽めに追われたが、疲れも見られず上々の気配。夏に強いせん馬なので、暑さが厳しくなってきている今、体調の変動が少ないと思われる点も有利であろう。今回はメジロマントルか、メイショウキオウがペースを上げてくれるはずだし、前走から1キロ減のハンデ55キロなら、もうひと押しが利く可能性は大きい。

▲単穴はメジロマントル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・2.00.2

9カ月ぶりの復帰戦だった5月のエアグルーヴMで、いきなりの逃げ切り勝ちを披露。前走の稲村ヶ崎特別でもスローの逃げに持ち込んで、58キロを背負いながら33秒台の上がりで後続を完封したのだから、未だ準オープンの身ながらも勢いの違いでここも勝負になりそうだ。美浦の坂路が工事中なので、久々にWコースでの追い切りとなったが、6ハロン77秒台の時計を馬なりで出すほどの充実ぶり。同型メイショウキオウが矛先を変えて、ここへ出走してくる誤算はあったが、自分のペースで競馬をさせてもらえるのならば、近2走の再現まで期待できそう。

△抑えはメイショウキオウ。△穴はヤマノブリザード。


今週のワンポイントアドバイス

ベストの距離でカゼニフカレテ


96年は中山、00年は東京で行われたが、過去10年のデータを照にしてレース傾向を見てみたい。
連対馬は4-3、2-1、5-3、2-7、2-16、4-1、7-8、3-4、3-4、6-1番人気の組み合わせで決まった。1番人気の優勝はなく、過去にさかのぼっても、ここまで25連敗中と大ブレーキを起こしている。2、3番人気は各3、4連対となっているが、上位人気は当てにならない。
馬連は3ケタ配当1回、1000円台3回、2000円台1回、4000-6000円台3回と万馬券2回。ハンデ戦らしく波乱傾向を示している。
連対馬の前走は重賞11頭、オープン4頭、準オープン以下5頭。路線別は5連対のエプソムC(G3)組に注目したい。
トップハンデ馬はここ10年で3連対と苦戦中。ただ、これまで10頭以下の少頭数で争われた年はハンデ頭が活躍し、連を外したのは12回中で3回だけ。57キロのチアズブライトリーには警戒が必要だ。
年齢別は4-8歳上馬が5、5、3、7、0連対。7歳馬が4、5歳馬を押さえて世代をリードしている。連対20頭の前走はすべて芝レース。距離別は1600M4頭、1800M11頭、2000-2400M5頭。中距離以上をたたいた馬の好走が目立っている。出走間隔は、連対20頭中16頭が中6週以内で臨戦していた。
カゼニフカレテで勝負する。復帰戦の新潟大賞典(G3)は8着に敗れたが、着差は0秒3。着順ほど大負けしたわけではなく、前走の湘南Sでの6着も1600M戦で距離が短かっただけ。今回は新潟戦と同ハンデの55キロで、過去2勝の2000M戦なら格上挑戦でも実績比較では見劣りはなく、首位争いになるはずだ。
相手は7歳馬のロードフラッグ。むらさき賞をレコード勝ちしてオープンに入り、昇級戦の福島テレビOPでクビ+ハナ差3着。中1週の強行軍になるが、福島コースは5戦2勝。55キロのハンデなら首位逆転も十分可能だ。
地力ならチアズブライトリーも差はない。1800-2000Mで5勝を挙げている中距離ランナー。昨年暮れにG3鳴尾記念でもサイドワインダーを抑えて2着に食い込んだ。開催最終週で時計のかかる馬場も味方しそうだ。
メジロマントルは休養を挟んで条件戦を4連勝している。初勝利が5歳の8月で、奥手の血が7歳になって開花した。まだ準オープンから重賞に挑戦するが、ここは単騎逃げの見込めそうなメンバー構成。54キロのハンデなら、勢いで後続を振り切るシーンがあっても不思議はない。
はまれば一発が決まるヤマノブリザード。ここ3走は前残りの展開で苦戦しているが、依然状態は絶好調。少頭数の平坦コースで距離もベストの2000M。末脚勝負になれば大駆けがあっても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 チアズブライトリー    
2 2 メジロマントル  
3 3 ストロングブラッド        
4 4 カゼニフカレテ    
5 5 メイショウキオウ    
6 6 オークファイヤー        
7 7 マーベラスダンス    
7 8 トーセンダンディ    
8 9 ヤマノブリザード  
8 10 ロードフラッグ  

買い目

大多7=10 7=2 7-5 7-9 10=2
綾恵7=8 7=10 7-1 7-9 8=10
山田5=2 5=4 5=8 2=4 2=8 4=8
たま4=10 4=1 4-2 4-9 10=1
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。