IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2004年7月4日(日)

11R

2004年7月4日(日) | 1回函館6日 | 15:30発走

第11回函館スプリントステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (混合)(特指) 別定 | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 |

予想

◎本命はサニングデール。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.07.1

今春の高松宮記念(G1)で悲願のG1獲りを達成。大外から飛んできたデュランダルにはヒヤリとさせられたが、自ら勝ちに動いてのものだから、意義あるクビ差であったといえる。前走の京王杯スプリングC(G2)は7着に敗れてしまったが、この馬が純然たるスプリンターであることを改めて証明しただけのことで、G1馬として価値を下げるものではない。ことスプリント戦に限れば、馬券対象を外したのは15戦中2戦のみだし、一昨年の当競走にて3歳の身で優勝するなど、コース適性も十分。早めに函館へ移動して仕上がり具合も上々となれば、斤量58キロでも不動の本命とみたい。

○対抗はアタゴタイショウ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.07.4

クラス再編成で準オープンに降級してしまったが、昨年の当競走での3着のほか、福島民友C優勝の実績があり、能力は優にオープン級のものがある。前走の京王杯スプリングCは14着に終わっているものの、広いコースでの高速戦向きといったタイプではないので、この敗退は仕方ない感。3走前の阪急杯(G3)、前々走の高松宮記念でも本命馬と差のない競馬をしていたのだから、良績の集中している小回りの函館1200M戦でなら見直して良いはずだ。函館に滞在してからの動きも悪くなく、2キロの斤量差を生かして差のない競馬に持ち込みたいところ。

▲単穴はシーイズトウショウ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.07.4

高松宮記念では本命馬に0秒2差を付けられたが、3着と同タイムの5着。昨年末のCBC賞(G2)優勝や、阪急杯でのアタマ差2着など、芝の短距離部門では上位にランクされる存在にある。前走後は適鞍がないので放牧に出されて休養していたが、帰厩後の栗東や函館での動きを見る限り、良い感じに仕上がっている様子。一昨年の当競走に出走してきたショウナンカンプが、長い洋芝にスピードを削がれて失速してしまったように、当コースでの出走歴がないのは不安材料だが、不良馬場のアンドロメダSでの2着など、こなせそうな余地はある。G2優勝歴があるにもかかわらず、賞金面の兼ね合いで54キロの斤量で出走可能なのはラッキー。あとは斤量差で逆転可能か否かだけであろう。

△抑えはカルストンライトオ。△穴はゴールデンロドリゴ。


今週のワンポイントアドバイス

◇函館11R・函館スプリントS(G3)

ウインラディウスが巻き返す。前走安田記念は大敗したが、今年の春だけで重賞2勝をあげた。今の充実度なら実績のない1200メートルでも好勝負になる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 サクラタイリン        
1 2 タイセイブレーヴ        
2 3 カルストンライトオ    
2 4 サニングデール  
3 5 ウインラディウス      
3 6 キングオブサンデー        
4 7 トウショウトリガー      
4 8 リキアイタイカン      
5 9 ブルーショットガン        
5 10 ゴールデンロドリゴ      
6 11 アタゴタイショウ  
6 12 ドリームカムカム        
7 13 チェックザラック      
7 14 シーイズトウショウ
8 15 ネオポリス        
8 16 スティーマー    

買い目

大多4=11 4=14 4-3 4-10 11=14
綾恵4=11 4=8 4-14 4-16 11=8
山田13=14 13=3 13=16 14=3 14=16 3=16
たま5=7 5=4 5-11 5-14 7=4
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。