競馬 - エルムステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2004年9月4日(土)

9R

2004年9月4日(土) | 1回札幌7日 | 15:25発走

第9回エルムステークス(GIII)

ダート・右 1700m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (混合)(指定) 別定 | 本賞金:4200、1700、1100、630、420万円 |

予想

◎本命はウインデュエル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.43.5

始動戦の500万平場戦からオープン特別まで破竹の6連勝中を遂げている上がり馬。今回重賞初挑戦と試金石の一戦ではあるが、前々走のオープン・大沼Sで重賞実績馬のヒシアトラスを一蹴し、前走のマリーンSで他馬を1秒2以上ちぎっているレース内容から、クラスの壁は全くないといってよく、いきなりから期待は大きい。目下の充実ぶりから、さらなる飛躍は濃厚の当馬だけに、ここは通過点と判断したい。

○対抗はタイムパラドックス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:重・1.44.2

強烈な上がり馬である本命馬に肉薄しうる能力を秘めているのは、相手関係からして、前走のブリーダーズゴールドC(交流G2)を含み、すでに重賞3勝を挙げている重賞安定勢力の当馬のみといって過言ではない。札幌初参戦ではあるが、脚質的にもこの舞台は合うはずで、能力は出し切れる。全10勝中7勝までダート1800M戦で挙げているように、距離の不安がない点も強調材料。本命馬と2キロの斤量差があるため対抗評価としたが、実力は現級上位。新興勢力に対し意地をみせてくれるはずだ。

▲単穴はブラックパワー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.44.3

前走のマリーンSは、本命馬に1秒7突き放される大敗も、空馬に絡まれ外に大きく振られる大きな不利がありながら、4着まで盛り返しているように内容自体はかなり濃い。中間、併せ調教を多数こなす意欲的な動きは魅力的であるが、前走不利なくレースをできたとしても首位争いに持ち込めたかは疑問で、逆転までは難しそう。ただ、展開利が見込め、本命馬がクラスの壁に阻まれるようなこととなれば、大駆けまであってよい。

△抑えはトップオブワールド。△穴はパーソナルラッシュ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

実績一番タイムパラドックスV


函館で行われていたシーサイドSが96年に重賞に昇格。翌97年からエルムSと改称され、舞台も札幌に移った。過去8回のレースで傾向を探ってみたい。
連対馬は7-5、2-1、2-4、2-1、4-7、1-4、1-4、1-6番人気の組み合わせで決まった。1番人気は5連対とまずまずの成績で、目下3連勝中。また、2番人気も3勝をマークし、伏兵馬の食い込む余地は少ない。
馬連は8070円、290円、1390円、340円、4500円、860円、840円、2810円。96年に7番人気(単勝1810円)が優勝して高配当となったが、札幌開催の7回は単勝平均が315円、馬連平均も1575円。波乱は期待できない。
ステップは5連対でマリーンS組がトップに立っているが、地方交流戦をたたいて参戦した馬も互角の5連対。連対馬16頭の前走成績は1-3着12頭、4着2頭、11、15着各1頭。前哨戦で4着以内が理想か。
また、ダート実績では連対16頭すべてが重賞5着以内か、オープンで勝利を挙げ、1700M以上で連対を果たしていた。年齢別は3-7歳上馬が5、25、28、25、16頭出走して、0、6、6、3、1連対。4歳馬と5歳馬が6連対で並んでいる。
実績一番のタイムパラドックスがウインデュエルの7連勝にストップをかける。前走、交流重賞のブリーダーズGC(G2)で天皇賞(春・G1)馬イングランディーレを楽々と差し切り、ビワシンセイキ以下をちぎった。10勝すべてダート戦で、重賞3勝中2勝は1800Mで挙げている。距離短縮は望むところだ。
もちろん相手はウインデュエル。一年以上の休養明けで正月の500万下を勝ち、連勝気流に乗って休みを挟んで目下6連勝中。今季一番の上がり馬で、ダートも負け知らず。ここ2戦のオープンでも2馬身半、7馬身と圧勝している。ダート重賞は初挑戦になるが、今の充実度ならV争いは必至だ。
2頭に割って入ればブラックパワーか。前走は良いペースで逃げていたが、4角で空馬に絡まれ大外に振られて4着。あの不利がなければ2着はあったと思われるレースぶりだった。今回も単騎逃げの見込めるメンバー。後続の仕掛けが遅れるようだと、あっと言わせるシーンもある。
ユニコーンS(G3)の勝ち以来4カ月ぶりとなるトップオブワールド。前走勝ちタイムは翌日のウインデュエルの麦秋Sに1秒遅れたが、夏にじっくりと調整され成長度は一番の3歳馬だけに、時計を詰めることは確実。大駆けに警戒したい。
マルブツトップはダート1000万条件を3連勝中。ダートでは負けなしで、格上挑戦こそ厳しいものがあるが勢いは魅力。連下にはマークが必要だ。
穴を開ければタイムトゥチェンジ。昨年の不良馬場の京阪杯(G3・芝1800M)で4角から鋭く追い込んで3着。道悪のG3戦でパワーを見せた。今年は不振続きだが、時計のかかる競馬になれば一発があっても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 リキアイタイカン        
2 2 イブキリムジンオー        
3 3 トップオブワールド
4 4 ブラックパワー    
4 5 ウインデュエル
5 6 アルアラン        
5 7 マルブツトップ    
6 8 タイムトゥチェンジ      
6 9 ビックネイチャー        
7 10 カイトヒルウインド      
7 11 タイムパラドックス  
8 12 タイセイブレーヴ        
8 13 パーソナルラッシュ  

買い目

大多5=11 5=4 5-3 5-13 11=4
綾恵5=11 5=13 5-3 5-10 11=13
山田7=5 7=3 7=13 5=3 5=13 3=13
たま11=5 11=4 11=3 11=7 11=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。