2004年8月22日(日)

9R

2004年8月22日(日) | 1回札幌4日 | 15:25発走

第40回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (混合)(特指) 別定 | 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円 |

予想

◎本命はローエングリン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.59.7

前走の宝塚記念(G1)では10着に惨敗。マイペースで逃げたものの、向こう正面でタップダンスシチーに一気に来られてしまい、当馬には辛い展開になってしまったのは誤算だった。いずれはG1と期待されながらも歯がゆいレースが続いているが、G2・2勝や海外遠征での良績からも、このまま終わるような馬ではあるまい。今回は仕切り直しの一戦となるが、放牧先で乗り込んでいたようで、すっきりとした仕上がり具合。札幌コースは初めてだが、芝の深い仏国や香港で何ともなかったのだから、日本の洋芝を苦にするとは考えにくい。気分良く行けるようなら、アッサリ押し切ってしまうはずだ。

○対抗はファインモーション。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.1

前走の函館記念ではクラフトワークに上手く内を突かれてしまい、クビ差の2着に惜敗。57キロを背負っていたとはいえ、条件馬だったクラフトワークに負かされた事実は心許ないものの、これも勝負のアヤであろう。懸念された折り合いも、馬群の外を回ることで上手く我慢できていただけに、今後の糧となったはず。函館に滞在した効果で馬体も回復傾向にあり、良いころの雰囲気に近づいてきたのは好感が持てる。函館・札幌は3歳時、古馬相手に圧勝したように適性が高く、引き続きの2000M戦もベスト。今回も57キロと楽ではないが、落ち着いたレース運びさえできれば、牡馬相手にマイルCS(G1)2着した実績が黙っていまい。

▲単穴はバランスオブゲーム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.59.2

休養前の安田記念(G1)は直線抜群の手応えで抜け出したが、ツルマルボーイの強襲に遭い0秒2差の3着。最後はテレグノシスにも交わされてしまい、結果的には早仕掛けだった感もあるが、見せ場は十分に作った。G1では勝ち切れないものの、G2なら(3・2・0・2)と安定度は高く、未だ掲示板を外していない。今回は2カ月半ぶりの実戦となるが、テンションが上がりやすいタイプで、むしろ鉄砲駆けに定評がある。今回はローエングリンがいることで折り合いもつけやすそうだ。2000Mも弥生賞(G2)勝ちの実績があり、上位2頭との差はほとんど感じない。

△抑えはマイネルアムンゼン。△穴はウインクロワール。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

今季絶好調マイネルアムンゼン


別定戦で行われた過去7年、1-3番人気は4、6、0連対。3番人気の不振は気になるが、1、2番人気は上々の成績を残している。7回中3回がその1、2番人気で決まり、残る4回もどちらかが必ず連に絡んでいる。馬連は3けた配当3回、1160円、3480円、4890円、1万5980円。連対馬の前走は重賞12頭とオープン2頭。ステップは4年連続で連対中の函館記念(G3)組が5連対でトップ。00年には1-3着を独占している。
年齢別は3-7歳上馬が6、21、30、20、6頭出走し、2、6、4、1、1連対。幅広い世代から連対しているが、連対率から3、4歳の若い世代に注目したい。牡馬が69頭で9連対、牝馬が14頭で5連対。出走数は少ないが牝馬が優秀な成績を残している。小回りコースだけに逃げ・先行脚質が有利。特に優勝馬は7頭すべてが4角で4番手以内に進出していた。
マイネルアムンゼンで勝負する。新潟大賞典(G3)、エプソムC(G3)と重賞を連勝して今季は絶好調。切れる脚はないが、小回りコースに対応できる先行力を備え、時計のかかる札幌の洋芝も合っている。
ファインモーションは函館記念で2着。道中外々を回り直線鋭く追い込んできたが、ゴール前で内を突いたクラフトワークに足元をすくわれた。札幌は1000万下で5馬身差、クイーンSではテイエムオーシャンを押さえて2着。牡馬相手に57キロでも互角に戦える。
昨年は海外遠征して国際G1のムーランドロンシャン賞2着、香港マイル3着のローエングリン。G1は未勝利でも潜在能力は世界レベル。宝塚記念は勝ち馬に早めにこられて惨敗したが、小回り札幌なら逃げ切りがあっても驚けない。
バランスオブゲームは安田記念でゴール前、追い込み馬の強襲に合い0秒2差。3着に敗れはしたものの、改めてG1級の能力をアピールした。2カ月半と間隔は開いたが、G2・3勝の実力馬。連下には警戒が必要だ。
タイガーカフェは函館記念4着に敗れたが、直線でファインモーションにしぶとく食い下がっていた。まだ準オープンの身で格下に見られがちだが、02年の皐月賞(G1)2着馬。勝ち星に恵まれずにいるが、人気ほどの能力差はないはずだ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 モノポール      
2 2 ハッピールック      
3 3 バランスオブゲーム  
4 4 ダービーレグノ        
5 5 ウインクロワール    
6 6 ファインモーション  
6 7 タマモヒビキ      
7 8 タイムトゥチェンジ      
7 9 タイガーカフェ      
8 10 マイネルアムンゼン  
8 11 ローエングリン  

買い目

大多11=6 11=3 11-5 11-10 6=3
綾恵3=11 3=5 3-7 3-8 11=5
山田10=1 10=6 10=2 1=6 1=2 6=2
たま10=6 10=11 10=3 10=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。