IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2022年1月16日(日)

11R

2022年1月16日(日) | 1回中京6日 | 15:35発走

第69回日経新春杯(GII)

芝・左 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

クラヴェル

3歳夏に1勝クラス平場、2勝クラス三面川特別を連勝。上り馬としてG1秋華賞も視野に入ってきたが、残念ながら除外。3勝クラス大原Sへ回ると、現在は重賞で活躍するレイパパレ、サトノウィザードに続く3着に入線している。
この結果から条件クラスは早々卒業できると思われたが、以降3戦は掲示板には載るものの勝利は掴めず足踏み状態。格上挑戦したG3マーメイドSで2着に入線し、オープン入りを果たしている。3勝クラスより重賞のほうが結果は良く、G3中京記念、G3新潟記念は勝ち馬から0.1秒差の3着と接戦。初のG1出走だったエリザベス女王杯は、いつものように後方につけ、直線は内から進出開始。馬群の内を突いて3着まで伸し上がった。
これで重賞はG1を含め、4戦連続馬券圏内と堅実な結果を残している。シンザン記念を制し絶好調の横山典騎手を背に、重賞初勝利も近づいている。

ショウナンバルディ

デビューが4歳の3月と遅かったように晩成傾向が強く、オープン入りは3勝クラス関ケ原Sを勝った4歳秋。格上げ初戦のG3中日新聞杯で4着と上位入線し、5歳となった昨年は躍進が期待されるも、その後3戦は二桁着順と不調。リステッド都大路S3着で復調を示すと、G3鳴尾記念はブラストワンピース、ペルシアンナイトのG1馬に先着して2着入線。続くG3七夕賞も3着に入っている。
この後3戦は再度成績を落とし、前走のG3中日新聞杯は8番人気と支持も落ちていた。レースは先手を取って、うまくマイペースに持ち込む。残り1000mから1F11秒台にペースを上げ後続に脚を使わせると、最後の1Fは12秒6と時計はかかったが、後続も差す脚が残っておらず、見事な逃げ切りを決めた。
中京の重賞は3戦4、2、1着と好成績。当日が先行有利の馬場ならチャンス到来だ。

ステラヴェローチェ

G3サウジアラビアロイヤルCを圧勝、G1朝日杯FS2着と、2歳時はマイルで活躍。初の中距離戦となったG3共同通信杯で5着と崩れ距離不安を感じさせたが、続くG1皐月賞3着で距離不安を払拭するとともに、クラシック戦線のポジションも再浮上させた。G1日本ダービーは、中団後ろを追走し、直線は大外から進出。上位2頭には及ばずも、グレートマジシャン、サトノレイナスを交わして3着に浮上している。
秋はG2神戸新聞杯から始動。ぐちゃぐちゃの極悪馬場も難無くこなし、2つ目の重賞勝ち。反動が気になったG1菊花賞も4着に頑張ると、G1有馬記念も外から脚を伸ばし4着。前年の覇者クロノジェネシスとは半馬身差の健闘を見せた。
これでG1戦は2、3、3、4、4着と全て上位の結果。今年こそG1制覇が目標なら、G2で負けるわけにはいかない。

フライライクバード

初勝利に4戦かかったが、勝ったレースは5馬身差圧勝。続く1勝クラス・アザレア賞はディープボンドを下し、G2青葉賞は2番人気に支持されたが、8着に敗れている。G1菊花賞出走には勝利がノルマだった2勝クラス小牧特別は、アリストテレスに少差の2着。ここまで好勝負を演じたディープボンド、アリストテレスがG1菊花賞で上位入線しているのだから、この時点でもフライライクバードの能力も高かったことが認識できる。
しかし高い能力を持て余す結果も多く、条件クラス卒業は小牧特別から1年後の3勝クラス・ムーンライトHまで待たされた。だが格上げ初戦のG2アルゼンチン共和国杯で3着入線したように、高い能力は維持している。
中京2200mは3戦2勝、2着1回と連対率100%の好成績を残しており、同コースのG2日経新春杯は絶好の舞台。初重賞勝ちは、ここで決めておきたい。

マイネルウィルトス

3勝クラス壇ノ浦Sを勝利した5歳3月に条件クラスを卒業。こう書くと晩成型にも思えるが、2歳から3歳にかけ1勝クラスで2着が続いた時は、当時の勝ち馬はダノンチェイサー(次戦でG3きさらぎ賞1着)、マイネルフラップ(次戦G3シンザン記念2着)、エメラルファイト(次戦G2スプリングS1着)と、早くから重賞級の馬と好勝負を展開していた。
オープン入り後は、いきなりリステッド福島民報杯を大差勝ち。G3函館記念は不発も、G2札幌記念はソダシ、ラヴズオンリーユー、ペルシアンナイトのG1馬3頭に続く4着入線を果たしている。G2アルゼンチン共和国杯も、中団から末脚を生かして2着。前走のG3チャレンジCは6着と崩れたが、早めに動いたことが響いたのだろう。
切れるタイプでは無いので、中京コースは合うイメージ。2、3走前だけ走れば、上位進出は可能だ。

ヨーホーレイク

G2弥生賞勝ち馬カミノタサハラをはじめ兄姉にオープンクラス経験馬が多数並ぶ良血で、デビュー前から評判の高かった一頭。期待に応え、新馬、1勝クラス紫菊賞と2連勝し、昨年のG1ホープフルSも外から追い上げ3着と、早くも重賞で結果を残している。G3きさらぎ賞は結果こそ2着だが、展開が向いた勝ち馬に対し、直線強襲でクビ差まで詰め、負けて強しの印象を残した。
期待されたクラシックも、まずはG1皐月賞で5着。G1日本ダービーは皐月賞以上に期待されたが、直線で前が詰まる不利。態勢を立て直し再度脚を伸ばすも7着と、悔しい一戦となった。秋はG1菊花賞を目標としていたが、目の外傷で残念ながら出走回避となっている。
12月半ばに栗東トレセンに帰厩し、G2日経新春杯へ向け順調に乗り込まれている。久々の不利はあるが、能力的には上位争いに食い込めるものを持っている。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。