IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年12月5日(日)

11R

2021年12月5日(日) | 6回中京2日 | 15:30発走

第22回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

ソダシ

新馬からG1阪神JFまで破竹の4連勝。ブッツケで臨んだG1桜花賞は、サトノレイナスの急追をクビ差制し1着。先行勢総崩れのハイペースを3番手から押し切り、阪神マイル1分31秒1のレコードと、内容は無敗の桜の女王に相応しいものであった。
無敗の2冠制覇を狙ったG1オークスは、2400mの距離不安が当たった形で8着。夏はG2札幌記念に出走。3〜4コーナーで先頭に立つ強気な競馬を展開すると、ラヴズオンリーユー、ペルシアンナイトを抑えて1着。古馬G1ウイナーを倒し、ますます評価を上げた。それだけにG1秋華賞の大敗は残念だが、気性的な影響もあったのかもしれない。
初めてのダートとなるが、母のブチコ、おばのユキチャン(交流重賞3勝)など母系はダートの活躍馬が並び、走れる下地はある。札幌記念の勝利で、父クロフネ同様、芝ダートでG1勝ちなら、二刀流の女王が誕生する。

カジノフォンテン

地方競馬(南関東・船橋)の所属馬。この馬の名が全国に轟いたのは昨年末のJpn1東京大賞典。当時は実績も薄く、9番人気の立場でしかなかった。レースは外枠から果敢に攻めて2番手追走。直線に入ると東京大賞典連覇中のオメガパフュームと一騎打ち。最後は捻じ伏せられるもクビ差2着と大駆けを見せた。
この一戦のみの激走ならフロック視で終わっていただろう。しかしカジノフォンテンは本物だった。続くJpn1川崎記念は、前走で敗れたオメガパフュームにリベンジを果たし、3馬身差をつける逃げ切り。Jpn1かしわ記念は、3コーナーで先頭に並びかけ、最後はソリストダンサーの追撃をハナ差抑え、Jpn1連勝を決めた。
その後2戦は10、6着。右回りでも結果を残しているが、左回りのほうが走るという陣営の話から、この2戦で評価を落とさないほうがいい。鞍上にミルコ・デムーロ騎手を迎え、JRAのG1勝ちへ準備も万端だ。

インティ

2戦目の未勝利戦を勝って以降、一昨年のG1フェブラリーSまで怒涛の7連勝。続くJpn1かしわ記念2着で連勝がストップすると一転、今度は12連敗。ただ完全に低迷しているわけでは無く、G1チャンピオンズCは一昨年が3着。昨年も、近走2戦が14、9着と惨敗するも、当レースで一変。2番手から粘り込み3着に入線。断然人気のクリソベリル、この直後にG1フェブラリーSを勝利するカフェファラオに先着している。
これで復活と思わせながら、G2東海Sは逃げバテで12着。折り合い難による不安定な結果が続く現状を考えたか、G1フェブラリーS以降は抑える作戦に。するとJpn1かしわ記念3着、Jpn1南部杯4着と、差す競馬に慣れてきた観がある。
2019年のG2東海S1着、G1チャンピオンズC連続3着と、中京は得意なコース。久々の勝利を決めるなら、今回がベストだ。

エアスピネル

クラシック3冠を4、4、3着。G1朝日杯FS、G1マイルCSともに2着と、かつては芝のG1で活躍した馬。しかし約1年ぶりの長期休養明けで、初ダートでもあったG3プロキオンSで2着の激走を見せると、以降はダートを主戦場にしている。
昨年のG1チャンピオンズCにも出走したが結果は7着。ダートではG1は無理か...、そんな見方を覆した今年のG1フェブラリーS。中団の内を追走し、直線に入ると先行勢の外目へ持ち出し、進出開始。先に抜け出したカフェファラオに及ばずも2着に入線し、ダートでもG1級の能力があることを示した。その後、久々に使った芝のG2マイラーズCで崩れると、再度ダートに戻り、3戦で2着2回と好調を持続している。
年が明ければ9歳となるベテランだが、衰えは全くなし。フェブラリーSの激走を再現できれば、念願のG1制覇が近づいてくる。

テーオーケインズ

3歳の春時点でもオープン特別で好走はしていたが、完全に本格化を示したのは5か月の休養を経た昨秋以降。休養明けから2勝クラス、3勝クラスと連勝し、リステッド・ベテルギウスSは2着。初の重賞挑戦がJpn1 となった東京大賞典は、着順こそ6着だが、勝ち馬オメガパフュームから0.2秒差とG1級を相手に健闘している。
G1を走った経験が大きかったか、次戦から快進撃がスタート。オープン名古屋城Sは3馬身差の楽勝。 続くG3アンタレスSも勝利し、上昇気流に乗ってJpn1帝王賞を迎える。レースは好位の内目を追走。直線はポッカリ開いた内を衝いて抜け出し先頭。そのまま後続を寄せ付けず、ノンコノユメに3馬身差をつけ3連勝を決めている。Jpn1JBCクラシック4着で連勝は止まったが、ここも大きく負けたわけでは無い。
1800mは7戦4勝2着2回と最も安定している距離。しっかりスタートが決まれば、巻き返しは必至だ。

カフェファラオ

新馬戦で2着に10馬身、3着に19馬身の大差をつける衝撃デビュー。リステッド・ヒヤシンスSは、出遅れて離れた最後方から差し切る離れ業、G3ユニコーンSは5馬身差圧勝と、ダートの新怪物誕生の雰囲気も漂わせた。
しかしJpn1ジャパンダートダービーで7着と初黒星。G3シリウスSを勝利も、G1チャンピオンズCは6着。そんな不安定な結果でも期待感は薄れず、今年のG1フェブラリーSは1番人気に支持された。中団で見せ場なく終わった前走の轍は踏まんと、今回は出していって先行2頭を見る形で3番手追走。残り1Fあたりで先頭に立つと、迫るエアスピネルを抑え1着。デビュー当時の期待通りに、G1ウイナーの座に就いた。
それでも不安定さは変わらずJpn1かしわ記念は5着。芝に初挑戦のG3函館記念は9着に崩れている。今回はブリンカーを着用の予定。集中して走れれば、近走とは一変の結果が期待できる。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。