IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年11月15日(日)

11R

2020年11月15日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第45回エリザベス女王杯(GI)

芝・右 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

サラキア

2歳時から評判に挙がっていたが、なかなかゲート試験に受からず、デビューが年明けまで延びてしまった。新馬戦は楽勝も、G3チューリップ賞、G2フローラSともに4着で春のクラシック出走がならなかったのは、デビューが遅れたことも影響しただろう。秋はG2ローズS2着で、3冠目のG1秋華賞には出走、4着に入線している。
その後は成績もなかなか安定せず、久々の勝利となったのは2走前の小倉日経オープン。後方で脚を溜め、直線一気の差し切りで、約2年ぶりの勝利を掴んでいる。続くG2府中牝馬Sは、馬場のいい外目の馬場を選んで早めに進出。直線も外から抜け出すと、重馬場で伸びあぐねる人気馬を尻目にほぼ独走状態。最後は3馬身差をつけ、2連勝を決めた。
半弟はG1ウイナーのサリオス。遅ればせながら、姉もG1勝ちを目指す存在にとなってきた。

センテリュオ

重賞ウイナー・トーセンスターダムの全弟で期待は高かったが、成長はゆっくりで古馬になった昨年にオープン入り。格上げ初戦のG3マーメイドS(4着)で1番人気に推されていたように、期待感は変わらず高かった。昨年のG1エリザベス女王杯にも出走。好位でレースを進め、ラッキーライラックには一気に交わされたが、先行した2、3着のクロコスミア、ラヴズオンリーユーとは0.1秒差の4着。クロノジェネシスには先着している。
この結果を考えると以降2戦は物足りないが、G3マーメイドS2着で復調し、迎えたのがG2オールカマー。後方で脚を溜め、勝負処で追撃開始。前方の馬を次々に交わすと、粘り込みを図るカレンブーケドールをゴール寸前に捉え、初重賞勝ちをG2の舞台で飾った。G1の常連を破り、胸を張ってエリザベス女王杯に向かえる。
昨年4着時以上に力をつけており、今年もマークは必要だ。

ノームコア

3歳時は牝馬3冠レースこそ出走ならなかったが、G1エリザベス女王杯には間に合い、5着に入線している。大きく花開いたのは、古馬となった昨年。G1ヴィクトリアマイルは、ゴール前で人気のラッキーライラック、アエロリットに襲い掛かかり、大混戦の中でゴール。結果プリモシーンをクビ差抑え、見事にG1ウイナーの座に就いた。秋にはG3富士Sも勝利し、G1香港マイルは4着。世界最強マイラーのビューティージェネレーションとは半馬身差だった。
今年は短距離のG1高松宮記念こそ15着大敗だったが、すぐに調子を戻し、昨年制したヴィクトリマイルは3着。G1安田記念は、グランアレグリアに離されたが、アーモンドアイ、インディチャンプに迫る4着は評価できる内容だ。G2札幌記念では、G1馬2頭をあっさり差し切り、絶好調で秋競馬を迎えている。
高速上りを繰り出す末脚から、時計の出る今の阪神は合うはず。2つ目のG1獲得へ視界良好だ。

ラッキーライラック

G1阪神JFを含むデビューからの4連勝で大物牝馬誕生の予感もあったが、G1桜花賞でアーモンドアイに屈してからは成績も下降気味。そんな流れにストップをかけたのが、昨年のG1エリザベス女王杯だ。先行した馬が粘る展開を、最内からメンバー唯一上り3F32秒台の豪脚で、クロコスミア以下を圧倒。3歳春のG2チューリップ賞以来の勝利をG1で掴んだ。
この勝利で完全に軌道に乗り、G1香港ヴァーズも2着と好走。今年もG2中山記念(2着)を叩き、向かったG1大阪杯では、クロノジェネシスとの争いをクビ差制し、3つ目のG1タイトルを手にしている。ただ勢いはここまで。G1宝塚記念は重い馬場に苦しみ6着。いつもより前でレースを進めたG2札幌記念は、最後に失速し3着に敗れている。
阪神コースは2つのG1を制しており、内回りも大阪杯の結果から大丈夫。馬場さえ良ければ、4つ目のG1タイトルも間近に迫る。

ラヴズオンリーユー

デビューから2連勝と2歳戦から好スタートを切ったが、体質の弱さもあり順調に使うことができず、3歳初戦はG1桜花賞当日のリステッド忘れな草賞。この復帰戦を楽勝し、待望のクラシック戦線に突入する。迎えたG1オークスは、初重賞挑戦がG1ながら1番人気。レースは中団を追走し、直線は大外へ進路。ここから猛然と追い上げ、粘るカレンブーケドールをクビ差交わし、無敗の4連勝でオークスを制した。秋はG1秋華賞に間に合わず、G1エリザベス女王杯へ。2番手追走と積極的にレースを展開したが、最後に伸びあぐね3着と初黒星を喫している。
古馬になって成長が期待されたが、予定のドバイが中止になり、帰国後のG1ヴィクトリアマイルは7着。調教が軽かったG3鳴尾記念は惜しくもハナ差2着。秋初戦のG2府中牝馬Sは、重い馬場に苦しみ5着。振り返ってみると、今年は満足な状況でレースをしたことが一度も無い。
ようやく本調子で出られそうな今回は、近走のレースとは違うはずだ。

リアアメリア

デビュー前から超抜の評判で、新馬戦は馬ナリで8馬身差圧勝、G3アルテミスSを快勝。早くもクラシックの行方は決まったかに思えたが、そこに待っていたのは、まさかのスランプ。大一番のG1阪神JFは、全く見せ場なく6着。更にG1桜花賞も10着に沈むと、当初の期待感は一気に萎んでいった。
だがG1オークス4着で意地を見せ、秋のG2ローズSで復権。初めて先行策に出ると、直線に入っても脚は鈍らず、後続を寄せ付けないまま2馬身差の快勝。これで高かった期待感も蘇ってきた。
G1秋華賞は不運にも内が悪く、前で競馬をしたい馬には厳しい馬場。案の定13着と大敗した。馬場に泣かされた形だが、今回は一変し、時計が出る軽い馬場。先行馬も少ないだけに、秋華賞の悔しさを晴らすチャンスだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。