IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年6月28日(日)

11R

2020年6月28日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第61回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

グローリーヴェイズ

3歳春のクラシック出走はならなかったが、秋はG1菊花賞に出走。12番人気ながら5着に入り頭角を現すと、続くG2日経新春杯は1番人気。初めての古馬オープンとの対戦にも難無く対応し、見事に勝利。ここから真っすぐG1天皇賞・春へ向かう。道中は中団をじっくり追走。人気のフィエールマンが動き出すと、追いかけるように進出し、直線では一騎打ち。壮絶な叩き合いは、惜しくもクビ差敗れ2着。それでも3着には6馬身の差をつけ、この馬も大きく評価をあげた。
その後、断然人気のG2京都大賞典で6着と崩れたが、すぐにV字回復。年末のG1香港ヴァーズは、早めに抜け出すと最後は独走状態。ラッキーライラックに3馬身半差の楽勝を決めた。
前走から半年ぶりとなるが、ドバイへ向けて一度仕上げているので、仕上がりに心配はあるまい。久々の中距離をこなせば、上位も見えてくる。

サートゥルナーリア

G1皐月賞まで無敗の4連勝。さすがに皐月賞は辛勝だったが、その前の2戦はG1ホープフルS を含め馬なりの大楽勝。一部では「3冠馬誕生」と早い声も出ていたが、G1日本ダービーで待っていたのは、まさかの結末。スタートで遅れると、その後もチグハグな競馬で、直線で脚を伸ばすも、残り1Fで失速し4着に沈んだ。
そんな悪夢も、G2神戸新聞杯で払拭。持ったまま上がり3F32秒3の時計をマークし大楽勝。再上昇し、G1天皇賞・秋でアーモンドアイに挑んだが、折り合いに苦しみ、最後はダービーのように失速してしまった。しかし、しっかり折り合ったG1有馬記念では、リスグラシューに離されたものの2着を確保。G1菊花賞馬ワールドプレミアに先着し、世代ナンバー1をアピールした。
古馬初戦のG2金鯱賞は、調教レベルの内容で楽勝と、やはり能力は絶大。落ち着いて走れれば、3つ目のG1が迫る。

ワグネリアン

デビューから3連勝し、G2弥生賞では同じく3戦無敗のダノンプレミアムとの対戦で注目されたが、2着と初敗戦。ダノンプレミアム不在のG1皐月賞は1番人気に推されるも7着に沈んだ。しかし大舞台のG1日本ダービーで逆襲。皐月賞馬エポカドーロをしっかり捉え、ダービー馬の栄冠を勝ち取った。
G2神戸新聞杯も快勝し、秋も好スタートを切ったのだが、その後に不安が出て休養。復帰戦となった昨年のG1大阪杯で3着し、これからの活躍が期待されたが、G2札幌記念4着、G1天皇賞・秋5着、G1ジャパンC3着。着順は悪くないものの、この馬の力を考えれば更に上の結果を望みたくなるところである。
前走のG1大阪杯も5着だが、久々を考えれば勝ち馬ラッキーライラックから0.4秒差なら悲観するものではない。一叩きされた効果で、大阪杯上位組を逆転したい。

ラッキーライラック

G1阪神JFを含む無敗の4連勝で、牝馬3冠も視野に入るほどの存在だったが、G1桜花賞でアーモンドアイの鬼脚に屈すると、怒涛の活躍を見せるライバルとは逆に、こちらはG1オークス3着、G1秋華賞9着と下降戦を辿った。
それでも古馬となった昨年は復調し、G2中山記念は牡馬G1勢を相手に少差の2着。G1ヴィクトリアマイルも勝ち馬から0.1秒差の4着と好走が続いた。昨秋はG2府中牝馬S(3着)を叩き、G1エリザベス女王杯に出走。上り3F32秒8の強烈な末脚を繰り出し、約1年8か月ぶりの勝利をG1で飾った。
その後もG1香港ヴァーズ、G2中山記念2着と安定。G1大阪杯では、クロノジェネシスをクビ差制し、3つ目のG1勝ちを決めている。
不調期を脱し、今は高いレベルで安定。前走と同じ阪神内回り、エリザベス女王杯と同じ2200mと、勝利へ向けて条件は揃っている。

クロノジェネシス

2歳時にG1阪神JF2着、3歳になってG3クイーンCを勝ったが、G1桜花賞、G1オークスはともに3着とG1タイトルには届かず。秋は前哨戦を使わずブッツケでG1秋華賞に出走。プラス20キロの馬体が示すように、春からの大きな成長を感じさせると、レースでも変身。好位から進出し直線で抜け出すと、2着カレンブーケドールに2馬身の差をつけ快勝。ここまで2、3着続きだったG1タイトルをついに手にした。
G1エリザベス女王杯5着後は休養。今年はG2京都記念から始動し、カレンブーケドールとの再戦を制して好スタート。G1大阪杯では、ラッキーライラックにクビ差2着と、惜しくも2つ目のG1を逃している。
阪神コースは勝ち鞍こそ無いものの、3戦全てがG1で2〜3着と好走している。牝馬優勢が昨今のG1の流れ。この傾向を生かしたい。

ブラストワンピース

デビューからの6戦は、G1以外のレースは4戦4勝も、日本ダービーは2番人気5着、菊花賞は1番人気4着と、G1になると不調。3度目の正直となったG1有馬記念は、早めに動いて直線中程で先頭にたち、迫るレイデオロをクビ差抑えて優勝。クラシックは獲れなかったが、見事に年末のグランプリを手にした。
翌年は、G1大阪杯、G2目黒記念と不本意な結果に終わったが、G2札幌記念では差し切りを決め、最大の目標だったG1凱旋門賞に挑戦。しかし日本では経験の無い特殊馬場に苦しみ、抵抗できぬまま終了。帰国後は、昨年勝った有馬記念は使わずG2アメリカJCCに出走し勝利。前年人気で敗れたG1大阪杯でリベンジを期したが今年も7着と、どうもこのレースは相性が悪いようだ。
宝塚記念は、その大阪杯と同じ阪神中距離の内回りコース。嫌なイメージを持ってしまうが、1Fでも距離が延びるのはプラス。時計のかかる馬場になれば、大きく浮上する。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。