IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年4月12日(日)

11R

2020年4月12日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第80回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:雨 | 馬場:重 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

マルターズディオサ

新馬戦は逃げたが、新潟2歳Sを勝つことになるウーマンズハートの上り3F32秒0の鬼脚に屈し2着。2戦目は出遅れて差す競馬となったが、見事に追い込みを決めている。1勝クラス・サフラン賞では、マジックキャッスルを差し切り、大舞台のG1阪神JFへ。ここ2戦と違い前で競馬を進め、勝ち馬レシステンシアに離されたものの2着を確保。新馬で先着を許したウーマンズハート(5着)には逆転を決めている。
今年はG2チューリップ賞から始動。阪神JF同様レシステンシアを見る形で、2番手を追走。直線でレシステンシアを交わすと、阪神JFで2着争いをしたクラヴァシュドールと再度の競り合いとなり、これをハナ差制し1着。枠の差を考えれば、着差以上の内容である。
関東馬だが、早めに栗東入りして準備万端。安定感抜群で、上位進出は濃厚だ。

リアアメリア

エリートが揃うノーザンFでも一番馬の噂が流れたほどの評判馬。注目のデビューは、当世代最初の2歳戦となった6月1日阪神マイルの新馬戦。スタートで出遅れたが、慌てることなく後方でレースを進め、3コーナー過ぎから持ったまま進出。最後まで抑えたまま後続を突き放し、8馬身差圧勝と衝撃のデビューを飾った。続くG3アルテミスSも、次戦でG3シンザン記念を勝つサンクテュエールに力差を見せて勝利している。
大物牝馬誕生の予感に、G1阪神JFは単勝1.8倍の支持。しかしレースでは、なかなかエンジンがかからず、直線半ばでギヴアップ状態。最後に少し差を詰めたが6着と、まかさの結末が待っていた。
前走の敗因が掴めないが、調教の動きを見ると、相変わらず大物の雰囲気は漂わせている。一戦で見限るのは早い。

デアリングタクト

昨秋の京都芝1600mの新馬戦でデビュー。馬群の中でも落ちついてレースを運び、抜群の手応えで直線へ。前が開かず追い出しを待たされたが、残り1F過ぎに進路を見つけ馬群の外へ持ち出されると、あっという間に突き抜け、最後は抑えたままの楽勝。11秒7-11秒3の加速ラップとなったレースで差し切りを決めたのだから、かなり強い内容である。
続くリステッド・エルフィンSは、良血期待馬が揃った楽しみな一戦。新馬と違い後方からの競馬となったが、直線で大外に進路を取ると、立ち木を交わすような勢いで他馬を抜き去り、次元の違う強さで圧勝。京都マイル1分33秒6の時計も、馬場を考えれば優秀だ。
祖母のデアリングハートは、2005年のG1桜花賞でラインクラフト、シーザリオに続く3着。大物感で上回る孫のデアリングタクトは、祖母を超える結果を望める。

マジックキャッスル

デビューの福島1200m戦は、強い競馬で差し切り。すると陣営もクラシック路線を意識したか、2戦目はマイルに距離延長。1勝クラス・サフラン賞は、2番手から進めゴール寸前にマルターズディオサに交わされたが、クビ差2着に粘っている。G3ファンタジーSは、新馬戦同様脚を溜める形。レシステンシアに1馬身及ばなかったが、メンバー最速上りで2着に食い込んでいる。
ここで無理せず休養を入れ、G3クイーンCは3か月半ぶりの一戦。このレースも後方から進め、直線は大外から強襲。ミヤマザクラにクビ差及ばず2着も、外が不利だった馬場状態を考慮すると、勝ち馬に等しい評価はできる。
ここまで2着が目立つが、勝ち馬にはマルターズディオサ、レシステンシアの阪神JFワンツー組がおり、負けて強しの結果。母ソーマジックもG1桜花賞で3着に来ており、阪神マイルの適性も見込める。

ミヤマザクラ

新馬戦は4着だが、道中で不利があり無理をしなかったため。最後は抑えたまま押し上げており、能力の一端を見せていた。スムーズな競馬となった2戦目は、この馬本来の能力が発揮され、2着に5馬身差をつけてレコード勝ちをおさめている。次戦は、牡馬相手のG3京都2歳Sを選択。少しかかるところもあり最後は脚が鈍ったが、それでもマイラプソディの2着に入線し、評価を大きく上げた。
初のマイル戦となったG3クイーンCは、大逃げをした馬から離れた2番手を追走。直線で馬場の中程に持ち出されると、後方から強襲してきたマジックキャッスルをクビ差抑え、重賞タイトルを手にしている。
全兄マウントロブソンはG2スプリングS勝ち、ポポカテペトルはG1菊花賞3着と活躍したが、G1勝ちは無し。きょうだいの悲願は、ミヤマザクラに託された。

レシステンシア

デビュー戦を快勝も、2戦目のG3ファンタジーSは6番人気と目立つ存在では無かったが、レースで評価は一変。速いペースを2番手で追いかけながら、最後まえ脚色乱れずマジックキャッスル以下に快勝。一緒に先行した3頭は全て惨敗だから、かなり内容の濃いレースであった。
G1阪神JFは自ら厳しいペースをつくったが、バテるどころか、メンバー最速上りでフィニッシュ。当然後続に出る幕は無く、5馬身差の楽勝、そして阪神マイル1分32秒7のレコードと、段違いの強さでG1戴冠を果たした。
無敗で迎えたG3チューリップ賞は、珍しくペースを抑えての先行策。ゴール前は抵抗感なく後続に差され3着と初黒星を喫している。
終いが切れるタイプでは無いので、前走のようなペースは不利。阪神JF同様、自分の競馬に徹すれば、桜の女王の地位も見えてくる。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。