IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年4月5日(日)

11R

2020年4月5日(日) | 2回阪神4日 | 15:40発走

第64回大阪杯(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13500、5400、3400、2000、1350万円 | レコードが出たレース

クロノジェネシス

2歳時は3戦2勝でG1阪神JFは2着。3歳初戦のG3クイーンCを快勝し、勢いをつけてクラシック戦線に突入すると、G1桜花賞、G1オークスともに3着と好走した。
ここまで6戦3勝も、G1は好走しているものの3連敗。念願のG1制覇を目標に迎えた秋。G1秋華賞はブッツケで臨んだ。レースは好位の内目を追走。抜群の手応えで直線に向き、馬群の外に持ち出されると、逃げるビーチサンバを交わし先頭。内から迫るカレンブーケドールを突き放し、ついにG1タイトルを獲得した。
G1エリザベス女王杯5着後は休養に入り、G2京都記念で復帰。道悪にも怯まず堂々とした脚取りで抜け出し、カレンブーケドールに2馬身半差の楽勝を決めた。
2度倒したカレンブーケドールはG1ジャパンCで2着。この力関係から、クロノジェネシスも牡馬相手のG1でも力は足りるはずだ。

ダノンキングリー

新馬からG3共同通信杯まで3連勝。無敗で臨んだG1皐月賞は、サートゥルナーリア、ヴェロックスに迫るも勝ち馬からアタマ、ハナ差の3着。直線をスムーズに捌けていれば、1着も見えた際どいレースだった。G1日本ダービーは、皐月賞で先着された2頭を逆転したが、先に抜け出したロジャーバローズにあと一歩及ばず2着と、春のクラシックは悔しい思いが残った。
秋はG1菊花賞路線には向かわず、G2毎日王冠で始動。出遅れてヒヤッとさせたが、大外から豪快な追い込みを決め、アエロリット以下古馬のG1ウイナーを圧倒。G1マイルCSでG1初戴冠の期待は高まったが、内から伸びきれず5着と、またしてもG1勝ちはならなかった。今年はG2中山記念から始動し、好位から難無く抜け出し勝利と、順調なスタートを切っている。
ここまでG2以下は5戦5勝も、G1は3戦未勝利。G1を勝てる力は間違いなく持っているので、今度こその気持ちだ。

ブラストワンピース

デビューから余裕の3連勝で迎えたG1日本ダービーだったが、直線で伸びを欠き5着。G3新潟大賞典で豪快な差し切りを決め、G1菊花賞は1番人気も4着。
結局クラシックは不調に終わったが、その悔しさはG1有馬記念で晴らすことになる。いつもより早めに動き直線半ばで抜け出すと、1番人気レイデオロの猛襲をクビ差抑え、グランプリホースに輝いた。
古馬になって更なる躍進を期待された昨年だったが、春は2戦して不調。夏のG2札幌記念勝利でV字回復し、G1凱旋門賞を目指したが、重い馬場に苦しんだか11着と大敗に終わった。その後は、昨年勝った有馬記念をスルーし、G2アメリカJCCで復帰。故障馬の煽りを受けたが、動じることなく快勝とG1馬の貫録を見せつけた。
昨年6着の大阪杯だが、内有利のレースを外から進出と厳しい形。それで勝ち馬から0.3秒差なら着順ほど悪くはない。2つ目のG1制覇は近いところにある。

マカヒキ

第83代ダービー馬の栄誉に輝いたのは4年前。その直後にフランスに遠征し、G2ニエル賞を勝って以降は、勝利から見放されている。3歳時に見せていた豪脚に陰りも感じるが、ところどころでダービー馬の意地は見せている。昨年のG1大阪杯も、10番人気にまで支持は落ちていたが、内を通った馬が上位に入線したレースで、後方から外を回って強襲し、4着に伸し上げた内容は濃い。
宝塚記念、天皇賞・秋の2戦は二桁着順。だがG1ジャパンCで再度上昇。後方で脚を溜め、直線に入るとしっかり脚を伸ばし、メンバー最速の上りタイムで4着入線と、まだまだ終わってないことをアピールした。
大阪杯は過去2回出走し、ともに4着と結果は悪くない。展開が向けば、上位進出の可能性は高まる。

ラッキーライラック

デビューから無敗の4連勝で、G1凱旋門賞挑戦の噂もあったほどの大物も、G1桜花賞でアーモンドアイの鬼脚に屈し立場は逆転。アーモンドアイが快進撃を続ける中、ラッキーライラックはG2すら勝てず、4連勝後は7連敗と苦しんだ。
それでも随所に能力の高さを示すレースもあり、昨秋のG1エリザベス女王杯は3番人気の支持。スローペースに持ち込んだクロコスミアが逃げ切もうとするところを、内から鋭く伸びて見事な差し切り。久々の勝利をG1の舞台で飾った。続くG1香港ヴァーズでも、グローリーヴェイズの2着と好走。前走のG2中山記念も、厳しい位置から脚を伸ばし、ダノンキングリーの2着と、G1勝ち後も好調は維持している。
ここ2戦の結果から、牡馬G1級相手でも力は十分に通用する。最も安定している中距離戦なら、再度好勝負になる。

ワグネリアン

同厩の先輩マカヒキの2年後に、G1日本ダービーを制覇。秋にはG2神戸新聞杯を勝利したが、故障でG1戦線は断念。復帰戦となった昨年のG1大阪杯は、中団から内をまわって進出し3着と、いきなりダービー馬の底力を見せてくれた。
続くG2札幌記念は、好位から進めたが、直線で弾けず4着。一転G1天皇賞・秋は、前走と違い中団で脚を溜め、得意の末脚を引き出す形。結果は5着も、歴史的好メンバーとなった中、2着ダノンプレミアムと0.1秒差で、サートゥルナーリアには先着と、内容は上々だった。G1ジャパンCは、重馬場で終いの脚が殺がれる展開も、じわじわ脚を伸ばして3着入線。良馬場だったら、と思わせる競馬だった。
古馬となって4戦勝ち星は無いが、G1でも常に上位と、高いレベルで安定している。昨年の3着以上の結果を狙える位置にいる。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。