IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月11日(日)

11R

2020年10月11日(日) | 4回京都2日 | 15:35発走

第55回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

キセキ

3年前のG1菊花賞勝ち馬。以降約3年間勝利から遠ざかっているが、この間にG1の2着は4回と活躍。特に一昨年、アーモンドアイが驚異の時計で勝ったG1ジャパンCでは、タイトなペースで逃げを打ち、世界レコード樹立を演出。結果は2着も、G1勝ちに匹敵する内容を残した。
昨年も大阪杯、宝塚記念とG1で連続2着。フランス遠征帰国後のG1有馬記念も、出遅れながら5着は上々の結果。だが今年初戦となったG1阪神大賞典は、出遅れに折り合い難も重なり7着。G1天皇賞・春は出遅れこそ目立たなかったが、再度折り合いに苦しみ失速した。
巻き返しを期したG1宝塚記念は落ち着いてレースを進め、勝負処から進出。クロノジェネシスにちぎられたが、後続を抑えて2着と復調を見せた。今回も問題はスタートと折り合い。この2つをクリアできれば、G2はいつでも勝てるはずだ。

キングオブコージ

3歳までは10戦1勝と最下級条件に甘んじていたが、4歳になって一変。年明けの1勝クラスを勝利すると、2勝クラス潮来特別と連勝。この2戦は2着との差は僅かだったが、3勝クラス湾岸Sは2着に2馬身半差の快勝。相手強化で着差を広げており、勝つたびに成長度合も大きくなっているイメージだ。
3連勝で迎えたG2目黒記念は1番人気。重賞は3歳時にG3毎日杯に出走し9着と散ったが、当時とは力が違う。レースは、好位から抜け出した3連勝時と異なり、後方待機策。直線に入ると狭い馬群の中から抜け出し、残り1Fで先頭。外から迫るアイスストームを抑え、4連勝をG2で決めた。
横山典騎手が主戦となってから4戦無敗。今度も京都に遠征しての騎乗となるだけに、連勝街道がどこまで続くか楽しみである。

グローリーヴェイズ

G3きさらぎ賞2着、G1菊花賞5着と3歳時から活躍。古馬となって初戦のG2日経新春杯で初重賞勝ちをおさめている。ここからブッツケで臨んだ昨年のG1天皇賞・春は、フィエールマンと壮絶な一騎打ち。惜しくもクビ差競り負けだが、3着は6馬身突き放している。秋はG2京都大賞典を叩き、G1香港ヴァーズに出走。勝負処でじわじわ進出し、直線に向くと内から鮮やかに抜け出し、2着のラッキーライラックに3馬身半の差をつける余裕の勝利で、初G1タイトルを手にした。
今年はドバイシーマクラシックを目標に遠征したのだが、当地に着いてから新型コロナ拡大の影響による中止が決まってしまい、レースをしないまま帰国。矛先をG1宝塚記念に向けるも、狂ったリズムは戻らず、勝ち馬から5秒以上も離されてしまった。
昨年のG2京都大賞典6着は嫌な結果だが、前走大敗後だけに、ここは態勢を整えてくるだろう。

ステイフーリッシュ

G1は5戦し、掲示板に載ったのは2歳時のG1ホープフルS3着のみ。だがG2以下の重賞は15戦し、勝ち星こそG2京都新聞杯の1勝のみだが、2着は4回、3着は6回、馬券圏内を外したのはたった4回と堅実である。
今年も好調で、G2アメリカJCCはブラストワンピースの2着、京都記念はクロノジェネシス、カレンブーケドールに次ぐ3着とG1級の馬を相手に善戦。G1大阪杯は崩れたが、G2目黒記念は、トップハンデ+実績の無い長距離戦でも3着に入線している。前走のG2オールカマーは、馬券圏外に消えそうな場面もあったが、最後に持ち前のしぶとさを発揮し、クレッシェンドラヴを抑えて3着。G2、G3に限定すれば、今年は全て馬券圏内に来ている。
初めての中1週になるが、これも好調の表れ。京都コースのG2は1、2、3着と好走しており、久々の1着を目指したい。

ダンビュライト

3歳時にはクラシック3冠レース全てに参加し3、6、5着。古馬になって初戦のG2アメリカJCCで初重賞勝ちをおさめている。
5歳となった昨年は、連覇を目指したG2アメリカJCCこそ6着だったが、G2京都記念で巻き返し。前でレースを進め直線で抜け出すと、ステイフーリッシュ、マカヒキ、パフォーマプロミスとの接戦をクビ差制し、2つ目の重賞タイトルをゲット。G1大阪杯は崩れたが、G2京都大賞典は初めて先手を取り、ドレッドノータスに交わされるも2着に粘り切っている。G1ジャパンCで大敗すると、気性難もあって去勢手術。セン馬となった今年は大阪杯、宝塚記念の両G1は9着で終えている。
G1は10戦して皐月賞の3着が最高だが、G2以下の重賞は10戦2勝、2着2回、3着3着と好成績を残している。昨年のようにマイペースに持ち込めれば再度チャンスだ。

パフォーマプロミス

弱いところが多々あり、デビューは未勝利戦終了ぎりぎりの4歳9月。ここでしっかり勝ち上がると一気に3連勝。デビューまでの過程を考えると、初戦から3連勝はかなりの芸当である。しかし4戦目で6着に敗れると、以降は条件クラスで足踏み状態。5歳の暮れに1600万グレイトフルSを勝つと、格上げ初戦のG2日経新春杯も連勝し、デビュー3連勝時の期待感に、ようやく結果が追いついてきた。
以降も間隔を開けながら活躍は続き、6歳となった一昨年はG2アルゼンチン共和国杯を勝利。昨年の天皇賞・春では3着と、初めてG1上位に入線。その後に骨折が判明し、復帰は約1年1か月後となった今年のG3鳴尾記念。長期休養明け、8歳という年齢から10番人気の低評価に甘んじたが、レースで発奮。断然人気のラヴズオンリーユーをハナ差抑え、3つ目の重賞勝ちを決めている。
今度も休養明けだが、骨折明けの前走より仕上がりは良く、重賞連覇も見えている。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。