競馬 - 高松宮記念 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年3月29日(日)

11R

2020年3月29日(日) | 1回中京8日 | 15:40発走

第50回高松宮記念(GI)

芝・左 1200m | 天気:晴 | 馬場:重 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13000、5200、3300、2000、1300万円 | レコードが出たレース

グランアレグリア

新馬戦で、後のG1勝ち馬ダノンファンタジーを子供扱いにする楽勝。勝ちタイムは新馬戦としては秀逸の東京マイル1分33秒6をマークし、衝撃のデビュー。G3サウジアラビアロイヤルCも楽勝し、3戦目は牝馬同士の阪神JFでは無く、牡馬相手のG1朝日杯FSを選択。単勝1.5倍の支持を得たが、2番手から伸びきれず3着に敗れている。ブッツケとなったG1桜花賞は、3番手から外目を強気に攻め、4コーナーで早くも先頭。直線も後続を全く寄せ付けず、圧倒的な強さで桜の女王に輝いた。NHKマイルCでG1連勝を狙ったが、5着(4位入線も降着)で終わっている。
秋はG1スプリンターズSを目標も不安が出て回避し、復帰戦はG2阪神C。中団追走といつもより後ろからの競馬になったが、残り1Fで抜け出すと、最後は抑えたままで5馬身差の圧勝と、更に強さを増した観がある。
脆さもあるが、ポテンシャルは極上。しっかり能力を発揮できれば、牡馬相手のG1でも突破できる。

ステルヴィオ

G1朝日杯FSで2着と早くから活躍し、G2スプリングSでは、後の皐月賞馬エポカドーロを下している。春のクラシックで4、8着と敗れると、秋はマイル路線へ。G2毎日王冠(2着)を叩き、向かったG1マイルCSは、いつもの待機策では無く好位追走の形。直線で内を衝いて抜け出しを図ると、前年の覇者ペルシアンナイトを頭差抑え、G1タイトルを手にしている。
古馬となって更なる躍進が期待されたが、G2中山記念3着は良かったものの、目標のG1大阪杯は14着とまさかのシンガリ。G1安田記念も8着と不本意な結果に終わっている。秋はG1スプリンターズSを目標も、右眼を傷めて回避。復帰戦となったG3阪急杯は出遅れて後方から。直線は内を衝き、勝ち馬から0.2秒差の5着まで詰めている。
一叩きされて良化は見られ、能力的にはG1でも足りる。1200mのペースに戸惑わなければ、マイルCS以来の勝利も見えてくる。

タワーオブロンドン

3歳春にG3アーリントンCを快勝するなど、当時はマイル路線で活躍。G1NHKマイルCでは1番人気も、直線で致命的な不利を受け12着。その後もG3東京新聞杯5着など、高い能力に見合わない結果もあった。ここで陣営は距離短縮を図り、1400m戦のG2京王杯SCに出走すると、1分19秒4のレコード勝ち。更に距離短縮し、G3函館スプリントS3着以降は1200m戦に重点。G3キーンランドCで2着し、G3セントウルSを快勝と徐々に成績を伸ばしてきた。
G1スプリンターズSは、いつものように道中は脚を溜め、末脚勝負に出る作戦。外を回して直線へ向くと、豪快な末脚で逃げるモズスーパーフレアに接近。ゴール寸前で測ったように差し切り、G1制覇を成し遂げた。
今年初戦のG3オーシャンSは3着に敗れたが、叩き台、58キロの斤量が敗因か。中京コースなら、武器の末脚を生かしやすく、秋春の短距離G1制覇を期待したい。

ダノンスマッシュ

京阪杯、シルクロードSとG3を連勝して、スプリント路線のトップクラスに名を連ねるようになり、昨年のG1高松宮記念は1番人気。結果は4着も勝ち馬から0.2秒差。道中スムーズさを欠いた場面もあり、惜敗と言える内容だった。
休養明けのG3キーンランドCでは、タワーオブロンドン以下に快勝し、G1スプリンターズSは1番人気。しかし前走で破ったタワーオブロンドンの末脚に屈し、更にモズスーパーフレアの逃げも捉えられず3着と、またしてもG1を獲り逃した。するとG1香港スプリントでも8着と崩れている。
今年はG3オーシャンSから始動し、ナックビーナス以下に快勝。タワーオブロンドンには4馬身半差をつけている。現在G3に絞ると4連勝だが、この間にG1は3連敗。ただ高松宮記念、スプリンターズSは大きく負けておらず、G1勝ちまで、あと一歩だ。

ノームコア

以前は中距離路線を主戦場にし、3歳時には2000mのG3紫苑Sで勝利している。昨年もG3愛知杯で2着と好スタートを切ったが、G3中山牝馬Sは7着。すると次走に選んだのは、2歳時以来の1600m戦となるG1ヴィクトリアマイル。中団を追走し抜群の手応えで直線を迎えたが、前が壁になり一時はピンチのシーン。それでも残り2Fあたりで外に出すと、力強く抜け出し、先行勢を捉えて先頭。外から迫るプリモシーンをクビ差抑えてG1タイトルを奪取。初のマイルで1分30秒5のレコードタイムも見事である。
秋の復帰戦G3富士Sでも、強烈な末脚で後続を完封し、G1馬の貫録を披露。その後はG1マイルCSでは無く、少し間隔を開けてG1香港マイルに出走。アドマイヤマーズの4着に入線している。
今年は1200m戦の高松宮記念からスタート。1400mすら経験が無く、速いペースについていけるか不安もあるが、直線の長い中京コースで、得意の末脚を生かしたい。

モズアスコット

2年前の安田記念で、まずは芝のG1勝ち。当時は重賞タイトルもなく、オープン特別を2着に敗れた後の連闘で、9番人気とダークホース的な立場だった。レースは、直線で狭いスペースを衝きながら上位に接近。ゴール前でアエロリットを捉え、勝利を手にしている。ここからマイル路線のエースとして期待されたが、なかなか勝ち星は得られず、昨秋もG2スワンS2着で上昇気配を感じさせながら、G1マイルCSは14着と沈んだ。
なかなか波に乗れない現状を打破するためか、陣営はダート路線を選択。G3根岸Sは、初めてのダートに戸惑うことなく、断然人気のコパノキッキングを差し切り。G1フェブラリーSでも、中団から堂々抜け出し、2着に2馬身半差と決定的な差をつけ快勝。芝、ダートと違う舞台でG1制覇の快挙を達成した。
今度は芝の1200mであるG1高松宮記念。再度、別の舞台でG1達成の偉業なるか楽しみである。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。