IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年3月15日(日)

11R

2020年3月15日(日) | 1回中京6日 | 15:25発走

第56回金鯱賞(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

サートゥルナーリア

オープン萩S、G1ホープフルSを持ったまま楽勝、母、兄にG1馬がいる背景もあり、早くから名馬誕生を感じさせた。ブッツケとなったG1皐月賞も、着差は僅かだったが他馬を捻じ伏せる内容で勝利し、G1日本ダービーの単勝1.6倍も当然と受け止められた。しかしレース前からエキサイト、スタートでは出遅れもあり、結果は4着とまさかの初黒星を喫した。
秋はG2神戸新聞杯から始動し、上がり3F32秒3の高速ラップを馬なりでマークして楽勝と、ダービー敗戦の不安を払拭。G1天皇賞・秋ではアーモンドアイとの対決が見ものだったが、折り合いを欠くシーンもあり6着と崩れた。それでもG1有馬記念では、リスグラシューに離されたものの2着を確保し、改めて高い能力を示している。
これまで2戦して失速の左回りを不安視する見方もあるが、ともにG1の雰囲気でテンションが上がった観もある。G2なら落ち着いて走れる可能性は高く、しっかり能力を発揮できれば楽勝のシーンもある。

ダイワキャグニー

重賞勝ちこそ無いものの、オープン特別は5勝している。昨年も、春にメイSを快勝。秋になってリステッド・オクトーバーSでは2番手から抜け出し、トリコロールブルーを抑えている。
その後向かったのは、3歳時の日本ダービー以来のG1出走となるジャパンC。抜群のスタートを切り鞍上が促すと、スムーズに先頭に立ち、逃げの手に出る。重馬場の2400m戦で1000mラップ60秒台は決して楽なペースではないが、それでも直線入り口で後続に3馬身の差をつけ、粘り込みを図る。残り1Fあたりで内からスワーヴリチャード、外からカレンブーケードルに交わされると、さすがに力尽き6着。残念ながら掲示板には載れなかったが、14番人気の立場で見せ場を作ったのだから大健闘である。
前走のリステッド白富士Sは人気を裏切ったが、58キロが響いたか。重賞成績は良くないが、ジャパンCだけ走れば、今度のメンバーなら上位食い込みも可能だ。

ニシノデイジー

2歳時にG3札幌2歳S、G3東京スポーツ杯2歳Sと重賞2連勝。G1のホープフルSでも、勝ったサートゥルナーリアから0.3秒差の3着に入り、クラシック候補の一頭に挙げられていた。しかし3歳になるとG2弥生賞4着、G1皐月賞17着と奮わず早熟馬のレッテルも貼られかけたが、G1日本ダービーで復調。内からじわじわ脚を伸ばし、4着サートゥルナーリアとは頭差の5着に入線している。この結果から秋に期待がかかったが、G2セントライト記念5着、G1菊花賞は9着と不調に終わっている。
今年初戦のG2アメリカJCCは、ダッシュがつかず後方からの競馬。早めに追い上げ、向正面では中団に位置し、3コーナー過ぎから手応え十分に進出したが、故障馬の煽りを受け大外をまわらされる不利。早めに脚を使ったぶん直線は伸びを欠き、6着に終わっている。
最近はスムーズな競馬をしておらず、着順ほど内容は悪くない。好走している左回りで変わり身を求めたい。

ラストドラフト

母が桜花賞馬マルセリーナという良血。その期待に応え新馬、G3京成杯と連勝。クラシック戦線でも期待されたが、G2弥生賞、G1皐月賞はともに7着。その後故障もあって休養に入っている。
リステッド・オクトーバーSで復帰も、先行馬が残る展開を後方からの競馬では厳しく、上り33秒台の脚を出しても7着が精いっぱい。続くG3中日新聞杯は、中団を追走。前走とは違い早めに進出すると、ゴール前で完全に抜け出し勝利も見えたが、ゴール寸前にサトノガーネットに交わされ惜しくも2着に敗れている。G2アメリカJCCも中団につけ、3コーナー過ぎから外を回って進出したが、故障馬の影響で直線入り口では後方に下がる不利。そこから猛然と追い上げるも3着までだった。
ここ2戦は悔しい結果が続いているが、好内容であることは間違いない。今度も上位を狙える位置にある。

ロードマイウェイ

3歳春までは目立つ存在では無かったが、昨年の夏に一変。東京で1勝クラス、2勝クラスの特別を連勝し、3勝クラス長岡Sでは、G3東京スポーツ杯2歳S2着の実績があるアガラスを一蹴し、瞬く間にオープン入りを決めている。
リステッド・ポートアイランドSでは、サトノアーサーの追撃を頭差抑え4連勝。ここで2か月間隔を開け、向かったのは初重賞挑戦となるG3チャレンジC。4連勝は全て前で競馬をしていたが、スタートが良くなく後方から。不安な形で始まったが、大外を回って上がっていくと、直線でも豪快な末脚を繰り出し、逃げ込みを図るトリオンフに接近。ゴール前で測ったように差し切り、5連勝を決めた。
これまで以上に強い競馬を見せた前走から、現状はまさに上昇一途。勢いを増し、大本命サートゥルナーリアに挑む。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。