IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年11月1日(日)

11R

2020年11月1日(日) | 4回東京8日 | 15:40発走

第162回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

ブラストワンピース

3戦無敗で臨んだG1日本ダービーは、2番人気に推されるも5着。古馬初対戦のG3新潟記念を大外一気の追い込みで勝利し、1番人気で臨んだG1菊花賞は4着。本番で弱いイメージを覆したのは、一昨年のG1有馬記念。勝負処から積極的に攻め、直線半ばで先頭に立つと、追撃してきた人気のレイデオロをクビ差抑え優勝。クラシックは逃したが、最後にグランプリホースの座を勝ち取った。
古馬になって更なる躍進が期待されたが、G2札幌記念を勝ったのみで、全体的には目立たなかった。5歳となった今年も、G2アメリカJCCを勝って好スタートを切ったが、G1大阪杯は昨年に続き着外。G1宝塚記念は勝ち馬から4.5秒も離された大敗に終わっている。
成績が不安定で掴みづらいところはあるが、有馬記念を勝ったように能力は上位。上り勝負になりにくい今の東京の馬場は、この馬に向きそうだ。

フィエールマン

キャリア4戦目で、一昨年のG1菊花賞を制覇。昨年はG1天皇賞・春を制し、秋はG1凱旋門賞に挑戦も重い馬場に苦しみ12着と、キャリア唯一の大敗を喫している。
帰国後は、G1有馬記念に出走。断然人気のアーモンドアイをマークする形で早めに進出。結果的にこれが痛手となり、差し馬勢に飲み込まれたが、4コーナーで前につけていた馬で、掲示板に残ったのはこの馬のみ。マークしたアーモンドアイは9着なのだから、価値ある4着だ。今年初戦のG1天皇賞・春は、スティッフェリオの抵抗にあったが、ハナ差交わして連覇を達成している。
この秋はG2オールカマーから復帰予定も、熱発で回避。その後は順調に来ており、G1の3勝も全てブッツケなので、前哨戦を使えなくても問題はない。最近は長距離戦ばかりを走っており、G1の3勝も全て3000m超のレース。天皇賞春秋連覇は、2000mの距離が鍵になる。

クロノジェネシス

昨春の牝馬クラシックは、G1桜花賞、G1オークスともに一押しが効かず3着。オークスから+20キロで臨んだG1秋華賞は、春とは違っていた。時計のかかる馬場にも対応し力強く抜け出すと、オークスで先着されたカレンブーケドールを逆転し、牝馬3冠最後のG1タイトルを手にした。
G1エリザベス女王杯5着で昨年は終え、今年はG2京都記念から始動。再度カレンブーケドールを破り、G1大阪杯へ。ラッキーライラックとの牝馬対決となったゴール前の接戦は、僅かにクビ差敗れている。上半期最後のレースに選んだのはG1宝塚記念。道中は中団につけ、3コーナーから進出すると、4コーナーで早くも先頭。その後は完全な独走状態となり、終わってみれば2着キセキに6馬身、3着モズベッロに11馬身と、G1では異例の大差をつける圧勝劇で、2つ目のG1勝ちを決めている。
東京コースは3戦2勝、負けた一戦もオークス3着と適性はある。驚異の成長力で、アーモンドアイに挑む。

キセキ

3年前のG1菊花賞馬。その後3年勝ち星から遠ざかっているが、その間にG1の2着は4回ある。特に一昨年のG1ジャパンCでは、アーモンドアイの2着に敗れるも、果敢な逃げで世界レコード樹立の立役者にもなっている。
最近は出遅れや折り合いとの戦いにもなっており、今年のG2阪神大賞典は、2つの不安が露呈し7着。続くG1天皇賞・春はスタートこそ悪くなかったが、折り合いを欠いて直線失速している。G1宝塚記念では、しっかり脚を溜めることに成功し、勝負処から進出。最後はクロノジェネシスに水を開けられたが、2着入線で復権。するとG2京都大賞典でも、宝塚記念と同じようなレース運びで2着と、どうやら形ができてきたようだ。
G1天皇賞・秋は一昨年に出走し、勝ち馬レイデオロから0.2秒差の3着に来ている。不安点が出なければ、一昨年以上の結果も望める。

アーモンドアイ

ここまでG1を7勝。そのうち4つは東京コースで勝ち取ったものである。特に一昨年のG1ジャパンCは、東京2400mを2分20秒6の驚異的な世界レコードで快勝。10頭のG1馬が集まり超豪華メンバーとなった昨年のG1天皇賞・秋も、2着に3馬身差と段違いの強さを見せつけている。
今年はドバイが中止になったこともあり、初戦はG1ヴィクトリアマイル。好位から抜け出すと、まるで調教を見るような余裕で4馬身差の楽勝を決め、7つ目のG1制覇。この勝ちっぷりからG1安田記念は、史上初となる8つ目の芝G1制覇が濃厚と見られた。だが先に抜け出したグランアレグリアに迫ることすらできず、2着確保が精いっぱいだった。
ドバイターフを勝つなど中距離G1は3戦無敗。そして得意の東京戦。ベストの条件が揃ったG1天皇賞・秋で、今度こそ8つ目の芝G1戴冠を決める。

ダノンプレミアム

デビューから4連勝のうち3勝が重賞。G3サウジアラビアRCはレコード勝ち、G1朝日杯FSは後のG1馬ステルヴィオ、タワーオブロンドン、ケイアイノーテックに3馬身半差をつける楽勝、G2弥生賞は後のダービー馬ワグネリアンを子供扱い。もはや春の2冠は堅いという見方も多かったが、爪の不安でG1皐月賞を回避し歯車が狂ったか、G1日本ダービーは6着に沈み、以降は長期休養に入った。
復帰後はG2金鯱賞、マイラーズCを楽勝と再度進撃を開始。迎えたG1安田記念は、アーモンドアイとの対決が注目されたが、スタートの不利が大きく響きシンガリ。秋は天皇賞・秋、マイルCSの両G1で2着に入線している。
今年は豪州遠征を行い、G1ロンジンクイーンエリザベスSは重馬場が響いたか3着。G1安田記念は勝負処でバランスを崩すアクシデントもあって13着と、2年連続で不運に泣いている。昨年の天皇賞・秋は2着に来ており、良馬場なら巻き返せる。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。