IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月17日(土)

11R

2020年10月17日(土) | 4回東京3日 | 15:45発走

第68回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m | 天気:雨 | 馬場:重 | 3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

シゲルピンクダイヤ

未勝利戦を勝った後、4か月の休養を挟んでG2チューリップ賞へ。久々で初重賞挑戦という厳しい状況下、ダノンファンタジーの2着に入り俄然注目された。本番のG1桜花賞では、メンバー最速上りとなる3F32秒7の脚で2着。グランアレグリアには離されたが、クロノジェネシス、ダノンファンタジーに先着している。
G1オークスこそ崩れたが、秋になってG1秋華賞では3着。桜花賞、秋華賞で上位の結果から、その後の活躍も期待されたが、1番人気のG3ターコイズSで3着を最後に、その後4戦は馬券圏内に入っていない。ただ2走前のG1ヴィクトリアマイル(6着)は、今回の有力メンバーであるトロワゼトワル、ダノンファンタジーと差はなく、ラヴズオンリユーには先着している。
京成杯AHを叩き、そろそろ走り頃だ。

シャドウディーヴァ

初勝利に3戦かかり、1勝クラスで3着に敗れても、G3フラワーCで3番人気と支持が高かったのは、この馬の末脚を信じてのもの。その評価が正しかったことはG2フローラSで証明される。直線で狭いところから抜け出すと、外から伸びてきたウィクトーリアと並んでのゴール。結果はハナ差負けも、スムーズに抜けてこられれば、こちらが勝っていたと思えるほど際どいレースだった。
G1オークスは6着だが、G1秋華賞は4着と前進。自己条件を勝ち、向かったG3東京新聞杯は、先行・好位勢が上位に残る展開を、唯一中団以降から押し上げ、プリモシーンの2着に食い込んでいる。その後3戦は崩れたが、G3クイーンS4着と調子を上げてG2府中牝馬Sを迎える。
東京コースでは、G1を除くと7戦中6戦で馬券圏内に来ており、外したのは不良馬場の時のみ。末脚を生かせる良馬場なら、今度も注意が必要だ。

ダノンファンタジー

2歳夏の新馬戦はグランアレグリアに敗れたが、デビュー戦としては出色の1分33秒台(東京マイル戦)の好時計で駆け抜け評価を上げた。以降はG1阪神JFなど重賞3つを含む4連勝。G1桜花賞は、新馬戦で先着されたグランアレグリアを凌ぎ1番人気に推された。しかし好位から伸びきれず、グランアレグリア以外の馬にも先着を許し4着。巻き返しを図ったG1桜花賞も5着とクラシックは不本意な結果となった。
秋になったG1ローズSを快勝し、今度こそと臨んだG1秋華賞は8着。古馬初戦となったG2阪神牝馬も5着と、得意だったG1前哨戦も敗北。逆にG1で上向くかと期待されたヴィクトリアマイルも5着と掲示板は確保したが、実績を考えると少々物足りない。
同世代のグランアレグリア、クロノジェネシスは古馬になって大活躍。ライバルに追いつくためにも、まずは久々の勝ち星を掴みたい。

トロワゼトワル

かつては好位につける競馬が同馬の型だったが、劇的な変化を見せたのが昨年のG3京成杯AH。キャリア14戦目にして初めて逃げに出ると、高速馬場を利してスタート1F過ぎから10秒台ラップを3F連発と、1200m戦でもお目にかかれないような超ハイペースを刻む。さすがに持たないと思われたが、直線に入ってもバテることなく、3馬身半差の楽勝。中山芝マイルのレコード(1分30秒3)も当然の結果だ。
以降は逃げ馬の宿命で、馬場が合わなかったり、先手を取れなかったりで大敗することもあったが、展開と馬場が向いたG1ヴィクトリアマイルで4着と健闘。昨年大変身を遂げたG3京成杯AHでは、今年も変化を披露。今度は他馬を先に生かせ番手で進めると、逃げたスマイルカナをハナ差交わして連覇達成。前年52キロ→今年55キロと、ハンデ3キロ増で勝った事実は大きい。
更に大人になった今、1800mも怖くない。速い時計が出る馬場なら、重賞連勝の可能性は高まる。

フェアリーポルカ

昨年のG3紫苑Sで、パッシングスルーにハナ差の2着に入り頭角を現してきた。古馬となった今年は更に躍進し、G3中山牝馬Sでは、不良馬場にもめげず中団から力強く脚を伸ばし、粘るリュヌルージュを交わして初重賞勝ちをおさめている。
続くG3福島牝馬Sは別定戦。中山牝馬Sはハンデ52キロの恩恵もあり、馬場も悪かった。他馬と同斤量を背負い、良馬場で行われた福島牝馬Sは試金石だったが、前走以上の強さで鮮やかな差し切りを決め、重賞2連勝とした。3連勝を目指したG3クイーンSも勝負処から進出し、直線に向いたときは勝利も見えたのだが、残り100mあたりで脚が止まり6着。ただ勝ち馬からは0.2秒差と離されておらず、内容は悪くない。
東京コースは2戦し、昨年のG3フローラSは勝ち馬から0.1秒差。末脚を生かせる東京で巻き返す。

ラヴズオンリーユー

ドバイでG1を制したリアルスティールをはじめ兄に活躍馬が並び、デビュー前から注目させた良血馬。ただ体質が弱く、新馬から2連勝後は休養に入り、復帰は桜花賞当日のリステッド・忘れな草賞出走。ここも楽勝し、無傷の3連勝でG1オークスへ向かう。4コーナーでは厳しい位置だったが、大外から豪快な末脚を発揮すると、並ぶ間もなく他馬を交わし、無敗でオークス制覇を成し遂げた。
秋はG1秋華賞に間に合わず、G1エリザベス女王杯で復帰。さすがに休養明けで古馬相手は厳しく3着。その後再度休養に入り、ブッツケとなったG1ヴィクトリアマイルは7着。G3鳴尾記念は、パフォーマプロミスのハナ差2着と惜しくも勝利を逃している。
なかなか万全な状態でレースを迎えることができないが、そんな中でも前走は好走。前走以上のデキにある今回は、オークス以来の勝利が望める。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。