IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年5月17日(日)

11R

2020年5月17日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第15回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 | レコードが出たレース

アーモンドアイ

一昨年は、圧倒的な強さで牝馬3冠を制し、ジャパンCは驚愕の世界レコードで勝利。昨年はドバイターフで、初の海外G1勝ち。スタートの不利でG1安田記念は3着に泣いたが、豪華メンバーが集まったG1天皇賞・秋は、2着以下を子供扱いにする楽勝劇を演じた。
「史上最強牝馬」、いや「牡馬も含め史上最強」と、走る毎に世間の評価は高まる一方。年末のG1有馬記念も勝つのは当然で、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、そこがポイントと思われた。しかし4コーナーで好位置まで進出も、直線で失速し9着と思いもよらぬ大敗を喫した。
今年もドバイに遠征したが、輸送した後で中止が発表の不運。有馬記念以降、どうも流れが良くない。長距離輸送後で状態が気になるが、有馬記念の大敗もあるだけに、少しでも不安があれば使わないはず。よって仕上がりに抜かりはあるまい。この馬の良さが最も発揮される東京コースなら、今度こそ真のアーモンドアイの走りを見ることができるだろう。

サウンドキアラ

昨年のG1ヴィクトリアマイルにも出走し7着。当時は条件クラスの身で、それ以前の戦績も11戦3勝と目立たないもの。G1で厳しいレースを経験したのが良かったか、この一戦を機に激変し、後は5戦4勝。しかもG3京都金杯、G3京都牝馬S、G2阪神牝馬Sと、重賞3連勝の快進撃を続けている。
3戦全て内容は良く、京都金杯では、不利が無ければ先日の高松宮記念を勝っていたと思われる実力馬ダイアトニックを一蹴。京都牝馬Sでは、重い馬場にもめげず外から豪快な差し切り。阪神牝馬Sでは、それまで勝ち鞍の無い阪神コースで見事に結果を残した。
どの位置からでも鋭い脚を使えるのが、この馬の強味。騎乗時4戦4勝の松山騎手との相性も抜群である。昨年は7着だが、先にも書いたように力をつける前の話。別馬のように成長した今なら、前年から大きく着順を上げてくるだろう。

ダノンファンタジー

新馬戦こそ後の桜花賞馬グランアレグリアに敗れたが、2戦目以降はG1阪神JFなど重賞3つを含む4連勝。3歳牝馬戦線の主役を張る位置にいたのだが、G1桜花賞4着、G1オークス5着と、春のクラシックは不調。秋初戦のG2ローズSをレコード勝ちし、今度こそG1制覇のムードも高まったが、G1秋華賞は8着大敗。結局3歳牝馬3冠は2度1番人気に支持されながら、一つも馬券圏内に入れなかった。
秋華賞以来となったG2阪神牝馬Sは、調教の動きも活発で休養明けでも1番人気。しかし好位から伸びきれず、勝ち馬サウンドキアラから0.4秒差の5着で終わっている。これまでG1前哨戦は強かっただけに、この敗北をどう見るか。良く捉えるなら、G1へ向けてお釣りを残してきたと考えることもできる。
ローズSの内容から、時計の出る今の東京は合いそうなイメージ。これまでとは逆に、G1での好走を期待したい。

ノームコア

G3フラワーC3着、G2フローラS3着、G3紫苑S1着と3歳時から重賞戦線で活躍したが、実は牝馬3冠レースは全て不出走。初めてのG1出走はエリザベス女王杯で、古馬を相手に5着に入線している。
古馬となった昨年は、G3愛知杯(2着)、G3中山牝馬S(7着)を使い、G1ヴィクトリアマイルへ。道中は中団のインに位置し、直線に入り外へ持ち出されると溜まっていたエネルギーを放出し、粘る先行勢を交わして先頭。外から迫るプリモシーンを抑えて、初のG1タイトルを獲得した。
秋はG3富士Sから復帰し、ヴィクトリアマイルと同じ3F33秒2の高速上りをマークして豪快な差し切り。この後はG1香港マイルに出走し、アドマイヤマーズから0.3秒差の4着。ペルシアンナイト、インディチャンプに先着し、牡馬のG1級相手でも好勝負できることを認識させた。
今年初戦のG1高松宮記念は惨敗も、1200mの距離と重馬場が響いたもの。東京マイルで良馬場なら、持ち前の末脚が爆発する。

プリモシーン

G3フェアリーS を勝ち、G1桜花賞に歩を進めたが結果は10着。この頃はG1で活躍できる力も足りなかったが、3歳馬の身で古馬相手のG3関屋記念を勝つなど徐々に力をつけていった。
昨年はG3ダービー卿CTで2着し、調子を上げてG1ヴィクトリアマイルに臨んだ。中団でしっかり脚を溜め、直線に入ると力強い伸び脚でノームコアとともに進出。最後はノームコアに及ばず半馬身差2着も、上り3F33秒0はメンバー最速で、負けて強しの印象を残した。
秋競馬は不調に終わったが、今年に入ってすぐに調子を戻し、G3東京新聞杯は好位から抜け出し、シャドウディーヴァ以下に快勝。しかしG3ダービー卿CTは5着と、右回りはもう一つ足りない。
ヴィクトリアマイル2着の他、関屋記念、東京新聞杯を勝つなど左回りのマイル戦は最も得意としており、G1を狙うなら牝馬限定のヴィクトリアマイルがベストレース。レーン騎手を確保し、期待は高まっている。

ラヴズオンリーユー

2歳時に新馬、500万白菊賞と連勝。全兄にG1ドバイターフを勝ったリアルスティールや、オープンまで出世したラングレー、プロディカルサンがいる血統で、早くから注目度は高かった。だが体質の弱さもあって無理せず、G1阪神JFは回避。G1桜花賞のトライアルも使わず、久々の出走となったのは桜花賞当日のリステッド忘れな草賞。ここを難無く通過し、いよいよ待望のG1の舞台オークスを迎える。
道中は脚を溜める形で追走し、直線は自信を持って大外に進路をとる。追い出されると豪快な伸び脚で、粘るカレンブーケドールに接近。抵抗する相手をクビ差制し、無敗で樫の女王の座に輝いた。
秋も無理なローテーションを組まず、G1秋華賞をスルーしてG1エリザベス女王杯に出走。珍しく先行策に出たが、ラッキーライラックに交わされ、逃げたクロコスミアも捉えきれず3着と初黒星を喫している。
今年も大事に使われ、G1ヴィクトリアマイルが本年初戦。久々のマイルは少々不安も、能力面の問題はない。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。