IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年2月23日(日)

11R

2020年2月23日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第37回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

アルクトス

3歳秋に1600万錦秋Sを勝ってオープンクラス入り。古馬となった昨年は、格上げ初戦こそ6着と敗れたが、続くリステッド・オアシスSを快勝。更にオープン特別・欅Sを連勝し、G3プロキオンSに歩を進める。いつものように好位でレースを進め、直線は内から進出。残り100mあたりで逃げるマテラスカイを交わすと、並走する形で上がってきたミッキーワイルドを競り落とし、初重賞タイトルを手にした。
初めてのG1挑戦となったJpn1マイルチャンピオンシップ南部杯では好位からサンライズノヴァと抜け出し、これに及ばずも2着を確保。G1の常連ゴールドドリームに先着してみせた。
メンバーの中でも上昇度は1、2の馬。東京ダート1600mは4戦4勝のパーフェクトとコース適性も文句なし。巧みなレース運びができるので、G1でも見せ場はつくれる。

インティ

昨年は直前のG2東海Sを含む6連勝の快進撃でG1フェブラリーSに出走。初めてのG1でも臆せず逃げの手に出ると、直線も二枚腰で粘り、ゴールドドリームの追撃をクビ差抑えて優勝。7連勝でG1戴冠を果たした。続くJpn1かしわ記念では、ゴールドドリームに敗れ2着。連勝が7で止まると突然の急降下。G1帝王賞6着、G3みやこS15着と大きく崩れていった。
不安を抱えたまま迎えたG1チャンピオンズCだったが、マイペースで逃げると直線でも頑張り、クリソベリルから0.2秒差の3着と、ようやく復調気配を感じさせた。前走のG2東海S3着も、本番への叩き台と考えれば悪くない結果だ。
最近は右回りで崩れることがあるので、左回りの東京コースは有利な状況。勝った昨年とは臨戦過程が落ちるものの、チャンピオンズC1、2、4着馬が不在だけに、実績は上の存在だ。

サンライズノヴァ

3歳時にG3ユニコーンSで初重賞勝ち。4歳時には2つのオープン特別、G3武蔵野Sと3連勝した時期もある。しかし5歳となった昨年は得意の追い込みが決まらず、G3プロキオンS4着も、上位に迫るまでの勢いは感じられなかった。
迎えたJpn1マイルチャンピオンシップ南部杯も4番人気と、メンバーを考えると高い評価とは言えなかった。いつものようにスタートは遅かったが、番手を上げて向正面では好位に進出。4コーナーで抜け出し先頭に立つと、傍にいたゴールドドリームを突き放し、迫るアルクトスも寄せつけずG1タイトルを手にした。G3武蔵野Sは59キロのハンデとハイペースに飲み込まれ5着なら仕方あるまい。
これまで勝った3つの重賞は全て左回りのマイル戦。機動力も身に着けた今なら、JRAのG1でも好勝負を期待できる。

ノンコノユメ

3歳時にJpn1ジャパンダートダービーを含む重賞3連勝。更にG1チャンピオンズC、古馬となってG1フェブラリーSをともに2着と活躍し、ダート界のエース的な存在に伸し上がった。
Jpn1帝王賞2着後に去勢手術を行うと、突然成績が下降。セン馬となって以降は6戦連続で馬券圏内に入れず、去勢は失敗だったのでは?といった見方もあった。だがG3根岸Sで久々の勝利を得ると、続くフェブラリーSでは豪快な追い込みで、連覇を目指すゴールドドリームを破り、JRAのG1を初めて手にした。その後は再度スランプに陥り、昨年のドバイ遠征を最後に南関東・大井競馬に移籍。すると成績も安定し、年末のJpn1東京大賞典ではオメガパフュームの2着に入線している。
フェブラリーSは過去4度出走し、1着2着ともに1回ずつと実績のあるレース。復調した現状ならチャンスもありそうだ。

モズアスコット

デビューが3歳の6月と遅かったが、3戦目に初勝利を得ると、ここから4連勝。初重賞のG2阪神Cこそ4着も、続く重賞は2戦連続2着。堅いと見られていたオープン安土城Sで2着に敗れたが、連闘で臨んだG1安田記念で真価を発揮。道中は中団やや後方に位置し、直線に入ると馬群の中を縫うように伸び、粘るアエロリットを猛追。最後はクビ差捉え、初重賞勝ちをG1で飾った。
秋のG1マイルCSを1番人気13着に崩れると、以降は上位進出も難しく、連覇を狙った昨年の安田記念も6着、秋のG2スワンS2着と復調気配を見せるも、マイルCSは14着と大敗。なかなか上昇のキッカケが掴めない状況に、陣営はダートのG3根岸S出走を選択。すると初めてのダートに戸惑うこともなく、断然人気のコパノキッキングを交わし快勝。まさかのダートで復活宣言となった。
芝でもG1を勝っているように、元々能力の高い馬。新天地で、久々のG1勝ちは目前だ。

ヴェンジェンス

条件クラス卒業後は、重賞よりもオープン特別を主に使っていたが、ポラリスS、天保山Sとオープン特別連勝後の主戦場は重賞レースに。その連勝後に出走したG3プロキオンSでは、アルクトスの3着に入線している。
ここまで1200〜1400mと短い距離を中心に使っていたが、58キロを背負って2着に入った太秦S以降は中距離にシフト。G3みやこSは、人気のインティ、スマハマが先行してバテバテになるハイペースの中、3コーナーから大外を捲る強気な競馬。馬もこれに応え、見事な勝利を決めている。G1チャンピオンズCは7着も、G2東海Sは中団からしっかり伸びて、エアアルマスから半馬身差の2着で、インティに先着している。
今回は1F距離短縮となるが、元が短距離中心で走っていたので問題なし。チャンピオンズCは7着も、当時よりメンバーが落ちた今回は上位も望める。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。