IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年12月15日(日)

11R

2019年12月15日(日) | 5回阪神6日 | 15:40発走

第71回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 |

ウイングレイテスト

陣営の評価が非常に高く、デビュー前の調教で活発な動きを見せていたことから、美浦トレセンでも特に評判が高かった一頭。新馬戦も一番人気に支持されたが、先に抜け出したサナチャンに半馬身差及ばず2着。続く未勝利戦は勝ったものの、コスモタイシにハナ差まで迫られる辛勝。ソラを使ったこともあり、勝ち方としては物足りないものだった。
その影響もあってか、G2デイリー杯2歳Sは7番人気。休養明けで馬体も太く見えた。道中は後方を追走し、直線は内にモタれ加減も鞍上が矯正すると、馬群の中から抜け出し、レッドベルジュールから1馬身半差の2着に入線。前2戦とは一変したレースを見せてくれた。
陣営の目標は、もとよりG1朝日杯FS。そのため更なる変わり身も見込んで良かろう。血統的にも、キャリアを積んで良くなるタイプで、楽しみは増している。

サリオス

全姉サロニカ(オープン・エルフィンS勝ち馬)、サラキア(重賞2着2回)と、兄姉の3頭中2頭がオープンクラスに出世している血統馬。この馬もデビュー戦から強烈な印象を残した。2歳戦の開幕週となった6月2日東京マイルの新馬戦。アブソルティスモ(現2勝馬)が単勝1.4倍と圧倒的支持を受けていたが、この馬を子供扱いにして楽々差し切り。余裕綽々に上り3F33秒1をマークし、見ている者を唖然とさせた。
この一戦で評価は急上昇し、G3サウジアラビアロイヤルCは、単勝1.5倍の断然人気。新馬で圧倒したアブソルティスモを楽に交わすと、追いすがるクラヴァシュドールを突き放して快勝。2歳東京マイルのレコードとなる1分32秒7の時計も、かなり優秀だ。
2戦を見る限り、他馬とはワンランク違うイメージ。大舞台のG1も、この馬にとっては通過点でしかないかもしれない。

タイセイビジョン

2歳戦開幕週の阪神芝1400mの新馬戦でデビュー。序盤は中団につけていたが、3コーナーから大外を回って進出し、4コーナーでは2番手。直線に入ると後続を突き放し、2馬身半差の快勝。続くG3函館2歳Sは1400mから1200mへの距離短縮に戸惑ったか、道中は追走に苦労。4コーナーも後方だったが、鞍上ルメール騎手の巧みな手綱さばきもあり、馬群を縫って2着に食い込み力は見せた。
再度1400mに戻ったG2京王杯2歳Sで真価を発揮する。序盤は折り合いを欠くシーンもあったが、すぐに落ち着いて脚を溜め、直線に入るとエンジン全開。逃げるビアンフェを鮮やかに交わし、函館2歳Sのリベンジを果たした。
デビュー2戦は時計面で目立たなかったが、京王杯2歳Sは東京芝1400mで1分20秒8のレコード勝ちと、スピード勝負に強いことが分かったことは収穫。初のマイルとなるが、折り合うことができれば、終いは確実に伸びてくるだろう。

ビアンフェ

2戦目で勝ち上がり。3戦目のG3函館2歳Sは抽選を通っての出走。この幸運を見事に生かした。スタートは出遅れたが、二の脚が段違いに速く、軽々先頭を奪い取る。道中も軽快に飛ばすと他はついてこれず、直線に入ると早くも勝利は確実の雰囲気。タイセイビジョンが伸びてきたが、こちらは最後まで余裕のまま、半姉ブランボヌールに続く函館2歳Sきょうだい制覇を果たした。
G2京王杯2歳Sは、1Fの距離延長に直線の長い東京コースと、前走に比べると厳しい条件が並んだ。連勝した近2戦同様、先手を取る形。直線でも脚は鈍らず逃げきり態勢に入ったが、前走で下したタイセイビジョンに逆転を許し、2着に終わった。
今回は更に1F延長のマイル戦。母、姉が1200mで活躍しており血統的に不安はあるが、阪神JFを見ても分かるように、今の阪神はスピード型に有利。この利点を生かして、上位に食い込みたい。

ペールエール

夏の中京でデビュー。スタミナが要る重馬場で、ラスト3F12秒0-11秒6-11秒4の加速ラップを刻んで勝利する強い競馬を見せた。こうなるとG3新潟2歳Sでも期待が高まる。好位で折り合い、直線で抜け出しを図ったが、新馬戦で鬼脚を繰り出したウーマンズハートが接近。末脚勝負に敗れ2着となったが、相手を考えると上々の結果だった。
左回りに拘った2戦から、次走はG2京王杯2歳Sと思われたが、3戦目は初の右回りとなるG2デイリー杯2歳Sを選択。ここも前で競馬を進めたが、直線で外目に持ち出されると、空いた内からレッドベルジュール、ウイングレイテストが抜け出し、結果は3着。馬場状態から先行馬には難しいレースとなってしまったが、右回りでも好走できたことは良かった。
若き天才マーフィー騎手を鞍上に迎え、前走で先着された2頭を逆転したい。

レッドベルジュール

例年、好メンバーが集まる宝塚記念当日の阪神芝1800mの新馬戦でデビュー。同じノーザンFの評判馬シルヴェリオ(後に未勝利戦を好タイムで圧勝)に続く2番人気に支持された。一番の好スタートを切るも、メイショウボサツを先に行かして2番手。直線に向いても2頭の一騎打ちが続き、この争いをクビ差制してデビュー勝ちを収めている。
この一戦で休養に入り、秋初戦のG2デイリー杯2歳Sはプラス28キロと大幅馬体重だったが太目感はなく、初戦と馬は一変。レースは初戦と違い後方待機策となったが、鞍上の武豊騎手が空いた内に進路を取ると、鋭い末脚で一気に抜け出し、2着ウイングレイテストに1馬身半の差をつける完勝劇だった。
ここへきての成長力は目を見張るものがあり、まだまだ上積みが見込める馬。鞍上に名手スミヨン騎手を迎え、準備は万端だ。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。