2019年6月23日(日)

11R

2019年6月23日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第60回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

キセキ

一昨年のG1菊花賞馬。泥田のような馬場で激走した反動か、一時は不調に陥った。
昨秋のG2毎日王冠で3着し復活気配を感じさせると、G1天皇賞・秋でも3着。そしてG1ジャパンCを迎える。序盤は12秒台ラップで逃げていたが、スタートから4Fを通過して11秒台ラップに上げると、そのままペースを落とさず直線へ。最後はアーモンドアイに捕まり2着も、中盤以降飛ばして逃げた結果、勝ち時計は2400mを2分20秒6のスーパーレコード。この時計から0.3秒差は、自分でつくったレースであること、アーモンドアイに比べ4キロ重かった斤量を考えると、かなり褒められる内容だ。
この疲れに出遅れもあったかG1有馬記念は5着も、一息入れて臨んだG1大阪杯は2着と早くも復調。先行有利の内回りコースを利し、菊花賞以来のG1タイトルを戴きたい。

レイデオロ

一昨年の日本ダービー馬。スローペースを見越して早めにまくる厳しい展開に馬も耐え、見事にスワーヴリチャード以下を抑えて優勝している。秋にはG1ジャパンCに出走。シュヴァルグランに敗れ2着も、当時の最強馬キタサンブラックに先着した。
昨秋はG2オールカマーを完勝し、G1天皇賞・秋へ。力強く抜け出して粘るキセキ、アルアインを交わすと、サングレーザー以下に力差を見せつけて2つ目のG1を獲得している。
G1連覇を目指した有馬記念は、ブラストワンピースを追い詰めたものの、僅かにクビ差及ばず2着。今年はG1ドバイシーマクラシックから始動したが、道中引っかかり6着に沈んでいる。
アクシデント明けのG1皐月賞や海外遠征では崩れたが、それ以外では安定している馬。しっかり折り合えれば、ここも勝ち負けは必至だ。

エタリオウ

この馬の評価を大きく上げたのが昨年のG1日本ダービー。先行した馬の多くが上位に残った展開の中、後方から追い込んで、勝ち馬ワグネリアンから0.2秒差の4着に入線した。この結果がフロックでないことは、後の成績を見れば分かる通り。G1菊花賞では、ゴール前でフィエールマンと一騎打ち。僅かにハナ差敗れたが、G1で勝ち負けできる力があることを改めて認識させた。
菊花賞後のG1戦線は回避し、G2日経賞で復帰。展開利のあったメイショウテッコンに逃げ切りを許すも、2着を確保し目標のG1天皇賞・春へ。この大一番で、ポツンと後方で脚を溜める思い切った競馬を展開。3コーナー近くで猛然と追い上げを開始し、4コーナーでは好位まで進出したが、早くにスパートをかけたためか脚が残っておらず、勝ち馬から離された4着に終わった。
本来は安定感のある馬。じっくり末脚にかければ、馬券圏内を望める。

アルアイン

一昨年のG1皐月賞馬。当時はデビューから5戦4勝の快進撃だったが、G1日本ダービーで5着に敗れると、その後はなかなか勝利に恵まれず、昨年はG1大阪杯、G1マイルCSでともに3着と好走したものの未勝利に終わった。
今年はG2金鯱賞で5着も、勝ち馬ダノンプレミアムから0.9秒差。国内ではここまで離された敗戦は無く、G1大阪杯は9番人気にまで評価を落としていた。レースは3番枠を生かして、内の好位を追走。勝負どころでは、他馬が追い出しを開始しても、こちらは持ったまま余力十分で直線へ。開いた内から抜け出すと、粘るキセキ、更に内から迫るワグネリアンを抑え、皐月賞以来約2年ぶりの勝利をG1の舞台で勝ち取った。
先に行ける脚があるので内回りは有利。瞬発力に欠けることから、時計のかかる現在の阪神の芝も合う。再度内枠を引いて前走同様うまく立ち回れば、G1連覇も見えてくる。

スワーヴリチャード

3歳時はG3共同通信杯、G2アルゼンチン共和国杯と2つの重賞を勝つも、日本ダービーでクビ差2着とG1まではもう一歩。その目標も4歳になると早々達成される。G2金鯱賞を勝ち、勢いを増して臨んだG1大阪杯。出遅れて序盤は後方だったが、向正面でまくり3コーナーでは先頭に立つ荒業。直線では迫るペルシアンアイトを抑えて、G1戴冠を果たした。
以降は勝利こそないが、G1安田記念、G1ジャパンCでともに3着に来ている。前走は初の海外遠征を敢行し、G1ドバイシーマクラシックに出走。後方で折り合いに専念し直線勝負にかけると、馬群の中から抜け出し、シュヴァルグランとともに追い上げ開始。結果は勝利に届かなかったものの、勝ったオールドペルシアンに2馬身差の3着まで詰めてみせた。
阪神コースは大阪杯を勝つなど3戦2勝2着1回。前走で見せた脚を繰り出せば、上位争いに入ってくる。

リスグラシュー

2歳時に阪神JFで2着、3歳時には桜花賞、秋華賞で2着と、G1は2着ばかり。古馬になって初めてのG1ヴィクトリアマイルでは32秒台の強烈な脚を繰り出したが、それでもハナ差及ばず2着と、どうしてもG1勝ちに届かなかった。
4度の2着を重ねて迎えたのは、8戦目のG1レースとなるエリザベス女王杯。スタートは良かったが、いつものような中団で抑える競馬。直線で外に持ち出されると、逃げ粘るクロコスミアに襲い掛かる。いつものリスグラシューなら、最後に届かなかったり甘くなるのだが、今回はしっかりゴール前で差し切り、待望のG1ウイナーの座に輝いた。
以降は再度勝ち切れていないのだが、G1香港ヴァーズでクビ差2着、G1クイーンエリザベス2世Cで3着と世界の強豪相手なら、これまでの善戦時とは価値が違う。国内G1なら1着も難しくない。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。