IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年3月31日(日)

11R

2019年3月31日(日) | 2回阪神4日 | 15:40発走

第63回大阪杯(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:12000、4800、3000、1800、1200万円 | レコードが出たレース

エポカドーロ

デビューから3戦目の500万あすなろ賞を好タイムで3馬身半差の楽勝。この一戦で評価を大きく上げ、G2スプリングSもステルヴィオのハナ差2着に粘り、クラシック前にトップクラスの地位を確立した。
それでもG1皐月賞は7番人気と穴馬的な存在だったが、レース後に立場を一変させる。道中は飛ばす先行勢3頭から離れた4番手を追走し、直線へ向くとこれらを交わして先頭。そのまま差し馬勢を寄せつけず、完勝の内容で一冠を奪取した。2冠目を目指したG1日本ダービーは思い切った逃げ。うまくマイペースに持ち込み逃げ切り態勢に入ったが、ゴール寸前でワグネリアンの末脚に屈し、惜しくも2冠を逃した。
秋は2戦して目立たなかったが、これは出遅れ、距離適性などが合わなかったのだろう。古馬初戦のG2中山記念は結果こそ5着だが、しっかり見せ場はつくっている。
2000mは皐月賞を制したベストの距離。2つ目のG1も射程圏内に入っている。

キセキ

一昨年のG1菊花賞馬。泥田のような馬場で激走した反動か、一時は不振に陥ったが、G2毎日王冠で3着に入り復調を示した。G1天皇賞・秋は逃げる競馬。最後はレイデオロ、サングレーザーに捕まったが3着に入線している。
そして、この馬の名を大きく上げることになるG1ジャパンC。スタート後4F過ぎから1F11秒台のラップを連ねる厳しいペースを展開。それでも止まらず直線も頑張ったが、怪物牝馬のアーモンドアイに捕まり2着。勝ち時計の2分20秒6は衝撃の世界レコードで、キセキ自身も2分20秒9。自分でペースを作ったうえでの好時計だから相当に価値は高い。
激戦後の疲れが気になったG1有馬記念は5着に敗れたが、出遅れて序盤に脚を使わされたことを考えると、よく健闘したとも言える。スタートさえ決まれば、菊花賞以来のG1も見えてくる。

サングレーザー

デビュー当初は折り合いに苦労したため、距離短縮を図ると変身。500万下からG2スワンSまで4連勝、G1マイルCSも3着に入った。その後もマイル以下の距離を中心に使い、G2マイラーズCを快勝。G1安田記念も期待されたが、5着に敗れている。
すると次走にG2札幌記念を選択。久々の中距離戦に再度折り合い難の懸念があったが、全く問題なく落ち着いてレースを進めると、直線でしっかり伸びマカヒキ、モズカッチャンの両G1馬を抑えて勝利を掴んだ。この内容から、堂々中距離路線を歩み、G1天皇賞・秋に出走。中団を追走し、直線に入ると猛追を開始。レイデオロには及ばなかったが、逃げたキセキを交わし2着に入線している。その後は香港Cに出走し、勝ち馬から0.4秒差の4着に入っている。
もはや走り慣れた2000m。天皇賞・秋の内容からG1でもやれるはずだ。

ステルヴィオ

G2スプリングSを勝ち、昨春はクラシックロードを歩んだが、G1皐月賞は4着、G1日本ダービーは8着に敗れると、秋は菊花賞路線ではなくマイル〜中距離路線へ。この選択が成功する。
G2毎日王冠は、アエロリット、キセキ、ステファノスと前へ行った3頭が1、3、4着に残る展開を、中団から差して2着の好内容。これでG1マイルCSへの期待感も高まった。これまでは後方で脚を溜める形だったが、大一番のここでは好位を追走。これが功を奏し内から鋭く抜け出すと、昨年の覇者ペルシアンナイトを頭差退け、見事にG1戴冠を決めた。その後は休みを入れ、G2中山記念で復帰。外から伸びて勝ち馬ウインブライトと同タイムの3着に入線と、叩き台としては上々のレースだった。
2000m以上は実績が薄いが、力をつけた今なら距離もこなせる。

ブラストワンピース

新馬、500万ゆりかもめ賞、G3毎日杯と、デビューから3連勝はどれも楽勝といえる強い内容。G1日本ダービーも2番人気と高い支持を受けたが、初めて一流馬との対戦、更に直線で前が壁になったことも影響したか5着で終わっている。
秋は、9月初旬のG3新潟記念から始動。大外から段違いの脚で古馬を完封し、勢いをつけてG1菊花賞へ臨む。ダービー馬ワグネリアンの不在もあり1番人気に推されたが、直線でもう一つ伸びを欠き4着に敗れている。
どうも大一番では物足りないが、そんなイメージを払拭したのがG1有馬記念。これまでより早めに動き、4コーナーでは既に2番手グループ。残り100mあたりで逃げたキセキを交わし先頭に立つと、迫った1番人気のレイデオロを首差制し、グランプリホースの栄誉に輝いた。
有馬記念以来のレースとなるが、これまでも間隔を開けて使っており、久々は心配ない。

ペルシアンナイト

3歳春にG3アーリントンCを勝ち、G1皐月賞は2着と好走したが、G1日本ダービーは崩れて7着。すると秋はマイル路線に矛先を向けている。G3富士Sを叩き、迎えたG1マイルCSは、先に抜け出したエアスピネルの背後から接近し、並んだところがゴール。この接戦をハナ差制し、G1タイトルを勝ち取った。
古馬になった昨年は中距離路線にも挑戦。G1大阪杯では、豪快な末脚でスワーヴリチャードの2着に入線している。秋は、前年と同じくG3富士Sを叩いてマイルCSへ。内の狭いところから伸び、ステルヴィオに並びかけたが、頭差2着と惜しくも連覇を逃した。その後はG1香港マイル5着で昨年のレースを終えている。
今年はG2金鯱賞からスタート。結果は4着だが、G1の前哨戦は結果が出ず、本番で巻き返すことが多いので気にしなくていい。G1大阪杯は昨年も2着に来ており、今年もマークは必要だ。

ワグネリアン

新馬戦で、上り32秒6という驚異的な時計をマークして勝利。オープン野路菊S、G3東京スポーツ杯2歳Sも圧倒的な強さで3連勝している。G2弥生賞では、ダノンプレミアムと無敗対決が注目を集めたが、2着に敗退。その怖いライバルが不在だったG1皐月賞は1番人気に支持されたが、末脚不発で7着に終わっている。
巻き返しを期すG1日本ダービーは17番枠を引く不利。それでも鞍上福永騎手が強気に位置を取りに行き好位でレースを進めると、逃げ粘るエポカドーロをゴール前で捉えて優勝。ダービー馬の栄冠を勝ち取った。
秋はG2神戸新聞杯から始動し順当に勝利。しかし疲れが出て、その後は全休。G1大阪杯が復帰戦となる。久々だが、調教は順調に積まれており仕上がりは上々。あとは、内回りコースが鍵となりそうだ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。