IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年3月10日(日)

11R

2019年3月10日(日) | 1回阪神6日 | 15:35発走

第53回報知杯フィリーズレビュー(GII)

芝・右 1400m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

アウィルアウェイ

新馬戦、オープン・ダリア賞ともに単勝1倍台の断然人気で勝利。3連勝を目指して出走したのはG2京王杯2歳S。メンバーにはG3小倉2歳S勝ち馬ファンタジスト、G3函館2歳S勝ち馬アスターペガサスと2頭の重賞ウイナーが存在していたが、それでも人気はアウィルアウェイに集中した。
レースはテンの3Fが38秒0と、1400mでは記録的な超スローペース。この流れを中位やや後方から追走。直線で追撃を開始し、メンバー唯一32秒台の脚で追い上げたが、先行していたファンタジストにハナ差届かず2着。ペースを考えれば勝ちに等しい内容だった。
その後は軽い不安もあってG1阪神JFは回避。ここが復帰戦となるが、調教の動きから仕上がりは上々だ。半兄インディチャンプは3連勝と売り出し中で、妹も負けていられない。

エイティーンガール

3戦目の未勝利戦で初勝利。格上げ初戦の500万さざんか賞は、後方から脚を伸ばし2着に入線。1、3、4着馬が先行した3頭だったことを考えると、内容の濃い一戦だった。
続く500万若菜賞は1番人気。中団で脚を溜め、3〜4コーナーでは持ったまま馬群の外を進出し直線へ。追い出されると、一完歩ずつ前との差を詰め、残り100mあたりで先頭。ここから差を広げ、最後は抑える余裕も見せて勝利した。
ここまで5戦は全て1200m。父がヨハネスブルグで距離延長に不安の見方もあるが、祖母センターライジングは2000mの4歳牝馬特別(現G2フローラS)、3代母ダイナオレンジは2000mのG3新潟記念を勝利と、母系は中距離向きの一族。レースぶりを見ても、1Fくらいの距離延長は問題になるまい。

キュールエサクラ

新馬戦は2着に敗れたが、京都マイルを1分34秒台の好タイムで走り、シゲルピンクダイヤ(G2チューリップ賞2着)に先着。未勝利戦は単勝1.5倍の断然人気に応え快勝している。
格上げ初戦の500万牝馬限定戦も、単勝1.8倍と高い支持。レースは中団やや後方を追走。外をまわって徐々に進出し、直線では先に抜け出したブリッツアウェイに接近。残り1F過ぎに交わすと、ゴールまでほとんど抑えたまま余裕の楽勝劇だった。もし追っていたら、2着との差は大きくなっていたことだろう。
母の弟にシックスセンス(G2京都記念勝ち馬、G1皐月賞2着)、デルフォイ(G2京都新聞杯2着)がおり、血統的にも上積みが見込める馬。同厩ダノンファンタジーに続き、こちらもトライアル勝ちといきたい。

ココフィーユ

2戦目の未勝利戦を勝ち上がると、格上げ初戦は強気に牡馬相手のG2京王杯2歳Sを選択。スローペースを2番手と位置は良かったが、粘り切れず4着。それでも重賞やオープン勝ちをしている馬に先着し、上々の結果だった。
自己条件に戻し、マイルの500万ベゴニア賞は、アントリューズの少差2着。再度距離短縮し、1400mの500万春菜賞に臨む。スタートが良く先手も奪える勢いだったが、内の馬に行かせて3番手を追走。直線では、先行した2頭に外から並びかけ、残り1Fあたりで先頭。差し馬勢が迫ったが、これを半馬身抑え2勝目を挙げた。
これで1400mは3戦2勝。負けた一戦も京王杯2歳Sの4着だから、現状はベストの距離で、G2フィリーズレビュー出走は適性も合っている。内回りで先行力を生かしたい。

プールヴィル

2戦目の未勝利、500万りんどう賞と連勝し、G1阪神JFへ。ただマイルの新馬戦は4着に敗れ、1400mで2連勝したことから、マイルの阪神JFは14番人気と評価は低かった。レースは3番枠を生かし、好位の内を追走。直線に入ると内から抜け出す勢いだったが、逃げたメイショウショウブが内に寄れたことで前が塞がるロス。態勢を立て直し再度伸びたが結果は5着。不利が無ければ上位争いに加われた可能性もあった。
この内容が評価されオープン・紅梅Sは1番人気。中団を追走し、直線に入ると馬群の中から抜け出したが、メイショウケイメイの抵抗に遭い、最後は頭差2着と惜敗した。
一気に差す勢いは無いが、確実に終いは脚を伸ばしてくるので、ここでも上位は狙える。

ホウオウカトリーヌ

1400mの新馬戦は4着も、1200mに短縮した未勝利戦は2着に4馬身差をつける楽勝。続く同距離のオープン・カンナSも現在4連勝中のディアンドルを相手に2着と好走した。負けた新馬戦以来の芝1400m戦だった500万平場戦も頭差2着と接戦。続く500万黒松賞は得意の1200mということもあり、完勝を決めている。
G3フェアリーSは、初のマイル、しかも前走から2Fの距離延長で折り合いが心配されたが、道中は落ち着いて中団を追走。直線に入ると馬群の外目に進路を取り、大外から追い込んできたフィリアプーラと並んで進出。この2頭の争いとなり、僅かに頭差2着に敗れたが、マイルを克服したのは収穫だ。
今回は1F距離短縮の1400m戦で、前走以上に期待は高まる。

メイショウケイメイ

秋の阪神芝1200m戦でデビューし、見事な逃げ切り。2戦目の500万平場戦も1200mを選択。2番手から抜け出すと、1番人気のエストを抑え、デビュー2連勝を決めている。この勢いでG1阪神JFに挑戦。2Fの距離延長を意識してか、前2戦とは違い中団で抑える競馬。しかし相手が強かったか、距離が長すぎたのか、全く見せ場なく11着でレースを終えている。
次戦は1F距離短縮し、オープン紅梅Sに出走。スタートは良かったが、前走同様中団で抑える競馬。直線で外から進出し、プールヴィルとの併せ馬になったが、これを頭差抑え3勝目をマークした。
これで1400m以下は3戦全勝。1400mのフィリーズレビューは絶好の舞台だ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。