IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年3月2日(土)

11R

2019年3月2日(土) | 1回阪神3日 | 15:35発走

第26回チューリップ賞(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

アフランシール

函館芝1800mの新馬戦でデビューし、1分50秒を切る好時計で快勝。当時の2着ディキシーナイトは、後にオープン・クロッカスSを勝っているのだから価値は高かったはず。しかし次走のG3札幌2歳Sは3番人気も5着。G3アルテミスSも見せ場無く7着と苦戦。
それでも自己条件に回れば力が違った。500万つわぶき賞は中団を追走し外から進出すると、直線に入っても手応え十分。残り1F手前から追い出されるとしっかり脚を伸ばし、ゴール前でアゴベイが迫ったが、最後まで余裕を感じさせて2勝目を挙げた。
半姉ブランボヌールは重賞を2勝、半兄エントシャイデンも3連勝でオープンクラス入りと、兄姉は優秀。この馬も血統的に、まだまだ成長が見込める。

シェーングランツ

オークス、阪神JFとG1を2勝したソウルスターリングの半妹で、デビュー前から期待は絶大だった。新馬戦こそ人気を裏切ったが、2戦目は5馬身差の楽勝。だが初戦完敗が響いたか、G3アルテミスSは6番人気と評価は低かった。タイトな流れもあり、道中は後方で脚を溜める形。直線入り口でも番手は上がっていなかったが、ここから火がつくと豪快な伸び脚で前方の馬を一飲み。最後はビーチサンバを半馬身交わし、姉に続く重賞ウイナーに。
こうなると目標は当然、姉も制したG1阪神JF。前走同様後方待機策を取り、直線で進撃開始。この馬も伸びているのだが、そこはG1。他馬の末脚も強烈で、結局ダノンファンタジーから0.3秒差の4着と惜敗した。
初戦から馬体重が減り続けていることは気になるが、そこがクリアされれば能力的に上位争いは間違いない。

ダノンファンタジー

新馬戦は、後にG3サウジアラビアRCを楽勝するグランアレグリアの前に完敗。ただ自身も東京マイルを1分33秒台で走っており、高い能力は見せていた。その後は休養入りし成長を促すと、3か月ぶりとなった未勝利戦はプラス18キロ。馬体だけで無くレースぶりもパワーアップし、ここを馬なりで楽勝すると、G3ファンタジーSも見事な差し切りを決めた。
グランアレグリア不在のG1阪神JFは1番人気。道中は「後ろ過ぎでは?」と心配するほどの後方だったが、直線に入ると人気を分けたクロノジェネシスと並んで進出し、2頭のマッチレース。この激戦を半馬身制しG3、G1を連勝すると、この結果から最優秀2歳牝馬に輝いている。
直前調教では、CWで4F48秒台の猛時計。前哨戦から強い競馬を見せてくれそうだ。

ノーブルスコア

父はディープインパクト、母はイタリアのG1勝ち馬という良血で、セレクトセールでは1億67740万円(税込)の高額で落札された。
新馬戦は2着に敗れたが、2戦目の未勝利戦では、一緒にG2チューリップ賞出走を予定しているマルモネオフォース、メイショウショウブを破り初勝利を挙げている。格上げ初戦のオープン紅梅Sは後方から追い上げ、勝ったメイショウケイメイから0.1秒差の3着と好走。続くオープン・エルフィンSでは道中3番手とこれまでより前で競馬を進めて3着入線。着順は前走と同じだが、脚質の幅が広がったことは大きい。
ディープインパクト産駒にしては少々切れ味不足だが、力んだ走りなので、脚が溜まりにくいのだろう。このあたりの問題が解消すれば、更に上を目指せる。

ブランノワール

1番人気に推された新馬戦は3着。2戦目は4着と着順を下げたが、3戦目の未勝利戦は2番手から抜け出すと、力差を見せる内容で勝ち上がっている。
昇級初戦に選択したのはオープン・エルフィンS。メンバー一番の好スタートを決めたことで、すんなり3番手の好位置を追走。4コーナー手前で鞍上が促し進出を開始すると、じわじわ脚を伸ばし、残り1Fあたりで抜け出し先頭。2連勝は決まったと思われた瞬間、大外からアクアミラビリスが桁外れの脚で強襲してくると、抵抗できず2着に敗れた。ちょっと相手が悪すぎたと考えるしかあるまい。
半姉のローブティサージュは、阪神JFを勝ったG1ウイナーだが、クラシック戦線は結果を残せなかった。妹は今が伸び盛り。姉とは逆に、ここから成績を更に上げていきたい。

メイショウショウブ

デビューから2戦は芝のレースで3着。3戦目でダート戦を使うと、楽々逃げ切って初勝利を挙げた。続くレースは再度芝に戻し、G2デイリー杯2歳Sへ。結果を出したのがダートでは、単勝33.1倍の人気薄も仕方なかったが、レースでは単勝1.8倍の馬を脅かすことになる。その断然人気アドマイヤマーズともに先行し直線に入ると、一瞬はこれを交わそうかという勢い。最後は突き放されたが、後のG1ウイナーを相手に大健闘を見せた。
G1阪神JFも果敢に先行し2番手につけたが、前に行った馬の多くが後方に沈む展開の中、何とか6着。重賞ウイナーの4着シェーングランツから0.4秒差は、展開の不利を考えると悪くない内容だ。
阪神JFに比べればゆったりレースが進む傾向が強いG2チューリップ賞なら、逆転もあり得る。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。