競馬 - マイルチャンピオンシップ - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年11月17日(日)

11R

2019年11月17日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第36回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 | レコードが出たレース

アルアイン

G1皐月賞を勝った時点では、デビューから5戦4勝。その後10戦勝ち星から遠ざかったが、その間も大阪杯、マイルCSと2つのG1で3着するなど成績自体は安定していた。そして久々の勝利となったのが今年のG1大阪杯。好枠を利して、道中は好位のインを追走。2番手から抜け出したキセキが直線で外にスライドすると、その隙をついて内から並びかけ、クビ差抑えて1着ゴール。こうして2つ目のG1タイトルをゲットした。
G1連勝を目指した宝塚記念は4着も、勝ち馬リスグラシューからは1秒以上離されている。秋はG1天皇賞・秋から始動。不利な大外枠を引いたこともあるのか、いつもより抑えてレースを進めると、最後まで脚を伸ばせず14着と珍しく崩れてしまった。
2つのG1を制した2000mがベストだが、マイルも不利のあったG3シンザン記念を除けば3戦2勝、マイルCSで3着の実績もある。できれば内枠を引いて好位につけたい。

インディチャンプ

条件戦を連勝し、格上げ初戦のG3東京新聞杯は、ゴール前でソラを使いながら勝利を掴む強いレースを見せた。続くG2マイラーズC(4着)を叩き、目標のG1安田記念へ。しっかりスタートを決め、道中は好位を追走。4コーナーでは先頭のアエロリットから離れていたが、徐々に前との差を詰め始めると、ラップの落ちた残り1Fで一気に先頭に接近。ゴール寸前にアエロリットを交わし、G1タイトルを獲得した。
秋の目標はG1マイルCS。前哨戦に選んだG2毎日王冠は、メンバーで唯一58キロの斤量。道中は2番手を進み直線へ向いたが、逃げたアエロリットを交わせず、追い込んできたダノンキングリーにも交わされ3着。斤量差、G1へ向けての叩き台の状況を考えれば悪くない結果だ。
ダノンキングリーとの斤量差は、4キロから1キロに縮まり逆転は可能。春秋マイルG1連覇へ向け順調だ。

ダノンキングリー

デビューから2連勝し、G3共同通信杯では、G1馬アドマイヤマーズを32秒9の末脚で楽々交わしゴール。無傷の3連勝を引っ提げて、クラシック路線に突入する。G1皐月賞は、直線で前が壁になり踏み込みが遅れたが、内から強襲し、勝ったサートゥルナーリアと時計差無しの3着に食い込んでいる。G1日本ダービーは、血統的に2400mが厳しいという見方もあったが、スタミナの不安を感じさせず、ゴール前でロジャーバローズに接近。惜しくもクビ差届かなかったが、皐月賞の上位2頭には先着し、3歳世代トップクラスの力を誇示した。
秋はG2毎日王冠から始動。まさかの出遅れで場内もどよめいたが、直線で大外に持ち出されると、桁外れの末脚でG1馬5頭をアッという間に捉え、豪快な追い込み劇を演じた。
久々のマイル戦だが、血統的に距離短縮は問題なし。初G1タイトルは目前だ。

ダノンプレミアム

デビュー2戦目のG3サウジアラビアロイヤルCをレコード勝ち、G1朝日杯FSも圧勝。G2弥生賞も調教代わりで楽勝し、クラシック制覇は堅いと見られていた。しかし蹄の不安でG1皐月賞を回避すると、G1日本ダービーも6着と、クラシックは不本意な形で終わってしまった。
長期休養して蹄の不安を解消し、G2金鯱賞で復帰。9か月以上の休養明けも何のその、リスグラシュー相手に楽勝を決め、健在をアピールした。続くG2マイラーズCも難無く勝利し、G1安田記念は、アーモンドアイとの対決が話題に。しかしスタートで大きな不利を受けるとリズムに乗れず、最後は鞍上が馬を止める形で16着で終えている。G1天皇賞・秋は、前走の影響か人気を落としたが、好位から脚を伸ばして2着に入線し、再度上昇を見せている。
マイル戦は、この馬のスピードを生かせる舞台。朝日杯FS以来のG1勝利も見えてきた。

ペルシアンナイト

G1皐月賞で2着に入るなど、3歳春まではクラシック路線を歩んでいたが、秋からマイル路線に方向転換。これが成功し、マイルCSではエアスピネルを捉え、G1タイトルを獲得している。
古馬となってからも好戦し、2000mのG1大阪杯では、スワーヴリチャードを追い詰めての2着。連覇を目指したマイルCSでは、ステルヴィオの頭差2着に入っている。しかし5歳となった今年は、G1大阪杯11着、G1安田記念は10着と不調。安田記念はスタート直後のアクシデントに巻き込まれる不運もあった。
ここ2走は上向いてきており、G2札幌記念は5着も、上位4頭中3頭はG1馬で、勝ち馬からも0.3秒差。前走のG2毎日王冠も4着に来ている。マイルCSは一昨年に勝利し、昨年は2着と好成績。2年間勝利から遠ざかってるが、久々の勝利をG1で味わいたい。

モズアスコット

デビュー3戦目の未勝利戦から4連勝し、初重賞挑戦のG2阪神Cこそ4着も、続く重賞2戦で2着し評価を上げた。しかし相手が楽だったオープン安土城Sで不覚を取り2着。この結果から、連闘で臨んだG1安田記念は9番人気まで支持が落ちていた。直線に入った時もスペースがなく厳しい状況だったが、馬群から巧みに抜け出すと、粘るアエロリットをクビ差交わし、初重賞制覇がG1タイトルとなった。
マイル路線の新たな主役誕生に思えたが、秋のG1マイルCSで13着と大きく崩れると、その後は掲示板にも載れない苦戦が続いた。それでもG1安田記念は結果こそ6着だったが、勝ち馬からは0.3秒差。そして前走のG2スワンSでは、勝ち馬ダイアトニックのハナ差2着と、久々に連対を果たし、上昇気流に乗ってG1を迎える。
元はG1ウイナー。復調気配の今、もはや無視できる存在ではない。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。