2019年11月10日(日)

11R

2019年11月10日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第44回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 | レコードが出たレース

クロコスミア

2年連続でG1エリザベス女王杯は2着。特に昨年は、直線に入ったあたりで逃げ切りの雰囲気も漂ったが、ただ一頭後方から伸びてきたリスグラシューにクビ差交わされ、悔しい一戦だった。
春のG1ヴィクトリアマイルでも大きな見せ場をつくり、レコード勝ちしたノームコアから0.1秒差の3着。1番人気だったラッキーライラック、G1ウイナーのアエロリットに先着している。その後はG2札幌記念(7着)を叩き、G2府中牝馬Sは過去に勝った実績もあり3番人気。しかし2番手から伸びきれず5着に終わっている。
札幌記念7着、府中牝馬S5着と一見物足りないが、昨年も同レース8、5着の後のエリザベス女王杯で2着に来ており、今年も警戒が必要。G1勝負型の馬であることを忘れてはならない。

クロノジェネシス

昨年のオープン・アイビーSで、上り32秒5の末脚を披露して他を圧倒。G1阪神JFでもダノンファンタジーの半馬身差2着に入っている。今年はG3クイーンCから始動し、33秒1の強烈な脚で差し切り。クラシックでも期待が高まったが、G1桜花賞は3着、得意の東京に変わったG1オークスも3着と、あと一歩が足りなかった。
秋は前哨戦を叩かず、G1秋華賞はブッツケ。馬体重20キロ増に不安もあったが、これは成長の証の一つであることがレース後にはっきりする。中団やや前でレースを進め、4コーナーでは抜群の手応えで先行勢の真後まで進出。直線に入ると力強く抜け出し、オークスで先着を許したカレンブーケドールに2馬身差をつける完勝で、牝馬3冠最後のタイトルを勝ち取った。
大きな成長を見せ、今度はラヴズオンリーユー逆転を目指す。

スカーレットカラー

3歳頭にG3フェアリーSで2着に入るなど早くから活躍は見せていたが、G1桜花賞は8着と、当時はトップクラス相手では力不足が否めなかった。自己条件もすぐには勝てなかったが、今年5月の1600万パールSの勝利で条件クラスを卒業。するとG3マーメイドSでは中団から伸びて勝ち馬から0.1秒差の3着と久々に重賞で結果を出した。G3クイーンSでは、先に抜け出したミッキーチャームを強襲し、クビ差まで迫っている。
上昇一途で迎えたG2府中牝馬S。近2戦同様、スタート後は抑えて後方に位置。4コーナーでも後方から2番手だったが、外へ持ち出し残り2F過ぎに追い出されると、一気にギアが上がり前方馬群を強襲。フロンテアクイーン以下を鮮やかに差し切り、初の重賞制覇を果たした。
決め手の鋭さはメンバーでも上位。京都の外回りなら、得意の末脚を発揮するのに十分の舞台だ。

ポンデザール

精神的にも体質的にも弱いところがありデビュー当初は成績も不安定だったが、3歳8月に初勝利。この後も約9か月の休養に入っている。長期休養明けとなった500万荒川峡特別は、素質の違いを見せて差し切り。2勝クラス北海Hも、3コーナーから捲り気味に進出し、連勝を決めている。
これで3勝クラスに昇級したのだが、陣営は強気にオープンの丹頂S出走を選択。中団を追走し前走同様3コーナー過ぎから動き出すと、一気に先行勢に並びかけ、残り1Fでは先頭。その後は独走状態になり、2着に3馬身半差をつける楽勝。50キロの軽ハンデを考慮に入れても、力の違いを感じさせる勝ち方だった。
半兄はG1宝塚記念、G1香港ヴァーズを勝ったサトノクラウン。偉大な兄を持つ血統と、4連勝の勢いでG1も突破したい。

ラッキーライラック

新馬、G3アルテミスS、G1阪神JF、G2チューリップ賞と無傷の4連勝。同世代の主役を張る存在だったが、G1桜花賞でアーモンドアイの強襲に屈し立場は逆転。以降はG1オークス3着、G1秋華賞9着と、アーモンドアイの躍進とは逆に、成績を落としていった。
その後も勝ち星から見放されているが、G2中山記念では直後に海外G1を勝つウインブライトのクビ差2着に入り、ステルヴィオ、スワーヴリチャード、エポカドーロら牡馬G1ウイナーに先着。G1ヴィクトリアマイルでも、ノームコアのレコードタイムから0.1秒の4着に入線している。G2府中牝馬S(3着)を叩き、本番を迎える。
これまでは、秋華賞(北村友騎手)を除き、全て石橋騎手が騎乗。しかし今回はスミヨン騎手に乗り替わり。陣営の勝負度合は、これまで以上に高い。

ラヴズオンリーユー

新馬、500万白菊賞をともに強い内容で連勝し、牝馬戦線のトップクラス入りは確実だったが、弱いところがあって無理をせず休養入り。G1桜花賞は回避し、同日のリステッド忘れな草賞に出走。直線で楽々抜け出して3連勝を決めた。
迎えるは、大一番のG1オークス。中団でしっかり折り合い脚を溜めると、直線は外に進路を取り追撃開始。エンジン全開すると、先に抜け出していたカレンブーケドールに襲い掛かり、2頭の競り合い。これをクビ差制し、無敗の4連勝で樫の女王の座に就いている。
秋はG1秋華賞を目標にしていたが、蹄の軽い不安で回避。その影響もなく、G1エリザベス女王杯出走が叶った。1週前にはCWで一番時計を出し、仕上がりに不安は無し。無敗の5連勝を達成すれば、半兄リアルスティール(G1ドバイターフ勝ち馬)に続き海外への挑戦も見えてくる。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。