IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年10月26日(土)

11R

2019年10月26日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第62回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 | レコードが出たレース

グァンチャーレ

3歳時のG3シンザン記念以来重賞勝ちは無いが、7歳となった現在まで高いレベルで安定している。特に今年は充実しており、G3京都金杯は着順こそ6着だが、56.5キロを背負って勝ち馬から0.3秒差。続く洛陽S(リステッドレース)は堅実に勝利を収めている。
G2マイラーズCでは、逃げ粘ってダノンプレミアムの2着。そしてG1日本ダービー以来、約4年ぶりにG1レースに挑んだ安田記念。好スタートから先頭に立ったが、アエロリットがハナを主張したため2番手。直線に入るとアエロリットに並びかけ、一時は交わす勢いも。最後は突き放され、更にインディチャンプ、アーモンドアイに差されて4着。それでも13番人気の立場を考えると、大きな見せ場をつくる大健闘だった。
G2スワンSは、昨年も出走し少差の3着。今年の勢いなら、更に上を目指せる。

スマートオーディン

上り32秒台の豪脚でG3東京スポーツ杯2歳Sを制し、更にG3毎日杯、G2京都新聞杯と2連勝。当時はクラシック候補の上位に位置する存在だった。
G1日本ダービー6着後に脚部不安を発生。約2年にも及んだ休養の影響か、なかなか好調時に戻らず、強度の折り合い難も見せ始め、成績は低迷した。ただ今年初戦のG3京都金杯は10着と着順は悪かったが、最後方から最速上りをマークし、勝ち馬から0.4秒差でゴールと徐々に復活の気配をのぞかせていた。そしてG3阪急杯で、久々に歓喜の瞬間が訪れる。このレースでも離れた最後方で折り合いに専念。3〜4コーナーから大外を進出すると、直線では他馬をごぼう抜きし、目の覚めるような差し切りを披露。約2年9か月ぶりに勝利の美酒を味わった。続く2戦は上位進出ならなかったが、終いの脚は使えている。
最も合っていると思われる1400m戦で、阪急杯同様の豪快な追い込み劇を再現したい。

ダイアトニック

1000万クラスで足踏みした時期もあったが、4歳となった今年に本格化。年明けの1000万祇園特別を勝利すると、1600万斑鳩Sと2連勝。初めてのオープンクラスとなるG3ダービー卿CTは、スタートで少々遅れ後方からの競馬。ここ2戦は好位からの競馬で連勝を決めているだけに、厳しい結果が予想された。だが内目をまわって距離ロスを図り、直線で馬群の外に持ち出しされると、一気に脚を伸ばし上位に接近。勝ち馬から0.2秒差の2着は、初重賞、スタートの遅れを考えると上々だ。
重賞でこの内容なら、オープン特別を勝つことは容易いもの。安土城S(リステッドレース)は直線で鮮やかに抜け出すと、リバティハイツの追撃をクビ差抑え、見事に勝利を掴んでいる。
京都の芝1400mは、ここまで4戦4勝と負け無し。得意コースで負けるわけにはいかない。

トゥザクラウン

母にトゥザヴィクトリー、兄にトゥザグローリー、トゥザワールド、姉にトーセンビクトリーと重賞ウイナーが並び、当馬もデビュー前から評判馬に挙げられていた。しかし新馬戦で大敗を喫すると、ノドの手術もあり長期休養に入っている。復帰後2戦目に初勝利を挙げると、500万寺泊特別と2連勝。1000万で長らく足踏みしたが、今年2月の1000万平場戦で5馬身差の圧勝。東京芝1400mで1分19秒6と重賞並みの時計で勝ち上がり、評価を大きく上げた。
格上げ初戦の1600万大阪ハンブルクCは超ハイペースで飛ばして逃げ切り連勝。G2京王杯SCは、残り2F過ぎに先頭に立ち、粘り込む態勢に入っていたが、ゴール寸前に捕まり4着。レコード決着から0.1秒差と悔しい一戦だった。安土城S(リステッドレース)の大敗は、レコード決着から中1週が響いたのだろう。
京王杯の内容から、重賞でも好勝負できる存在だ。

マイスタイル

3歳時にはクラシック3冠全てに参戦し、G1日本ダービーは先行して4着に入線。ハーツクライ産駒らしくその後も成長を続け、今年初戦のG3京都金杯では2着。G3ダービー卿CTでは珍しく差す形で3着に食い込んでいる。
休養明けのオープン巴賞は58キロもあり9着。一叩きし、状態を上げて迎えたG3函館記念は、前走より斤量が2キロ減り、大敗後にもかかわらず1番人気に支持された。近走は好位から差す形が多かったが、今回は久々に逃げる展開。向正面では2番手に5馬身、3番手に10馬身近い差をつける大逃げとなったが、ハイペースというほどの無理な逃げでは無く、道中はしっかり脚を溜めていた。4コーナーでは2番手にいたマイネルファンロンが並びかけ、一時は交わされたが、ゴール前で差し返し初の重賞タイトルを獲得した。
秋の始動には初の1400mとなるG2スワンSを選択。一気に3F短縮は不安だが、能力で見劣ることは無い。

モズアスコット

昨年のG1安田記念の勝ち馬。その安田記念は、オープン安土城Sで2着に敗れた後、連闘で臨んだレース。中団に位置して直線に入り、狭いスペースの間隙を衝いて上位に進出すると、粘るアエロリットをゴール寸前に捉え、G1タイトルを勝ち取った。
新たなマイル王誕生の予感もあったが、秋以降は急停止。昨秋はG2スワンS2着こそ良かったが、G1マイルCSは1番人気を裏切り13着と大敗し、G1香港マイルも7着。今年に入ってもG2マイラーズC7着、G1安田記念は6着と着順は低調。ただ安田記念は、勝ち馬インディチャンプから0.3秒差と大きく負けたわけではない。
秋初戦のG2毎日王冠も6着だが、同じ立場のマイルG1ホースであるインディチャンプ、ペルシアンナイトとは差が無かった。近2戦より相手が楽になった今回は、久々に上位に食い込みたい。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。