IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年1月13日(日)

11R

2019年1月13日(日) | 1回京都4日 | 15:45発走

第66回日経新春杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

ウインテンダネス

5歳となった昨年春に大きく変身。きっかけとなったのは、初めて逃げる戦法をとった1600万緑風Sだ。道中ペースを落とさず厳しいペースで飛ばしたが、直線に入っても衰えることなく、ゴールへ向けて大逃走。断然人気のルックトゥワイスに2馬身差をつける見事な1着ゴールは、東京芝2400mを2分22秒9の好タイムからも、高く評価できる内容だった。
ここから中1週でG2目黒記念へ。前走とは違い好位に抑える形でレースを進めると、直線では馬群の中からしぶとく抜け出し、ノーブルマーズ以下を抑えて勝利。2週間で1600万、G2の連勝を決めた。
昨秋は馬券圏内に来ていないが、G1ジャパンCでは8着も、従来のレコードと変わらぬ時計で走っており、調子が悪いわけではない。最近は左回りの競馬が多く、右回りの京都コースは少々不安だが、能力的には上位だ。

ガンコ

長らくダートを主戦場にしていたが一昨年末、久々に芝のレース(1000万江坂特別)に出走し快勝してからは、主戦場を芝に変更。ここから成績は右肩上がりとなり、ついにG2ウイナーの座に。舞台となったのはG2日経賞。難無く先手を取り序盤は順調だったが、道中でキセキが絡んで来て一転厳しい展開に。直線でキセキを振り切ると、今度は差し馬勢が襲い掛かってきたが、これらを抑えての勝利。展開を考えれば、内容の濃い一戦であった。
その後は目立った結果を残せていないが、G2アルゼンチン共和国杯は勝ち馬から0.5秒差。G1ジャパンCは相手を考えれば大敗も仕方あるまい。
G2日経新春杯は、昨年3着に入っており適性はある。時計がかかり気味の今の京都なら、この馬にもチャンスはある。

グローリーヴェイズ

デビューから3戦目にG3きさらぎ賞に出走。逃げたサトノフェイバーを交わしにかかるも、ハナ差競り負けての2着と悔しい結果。だが賞金は加算し、視線は当然クラシックに向かうはずも、軽い不安が出てG1皐月賞出走はならず、G2京都新聞杯へ。ここも4着に敗れると、再度休養入りしている。
1600万佐渡Sは3か月半ぶりのレース。初めての古馬との対戦でも臆せず、新潟芝2000mを1分56秒6の好タイムで快勝し、G1菊花賞が視野に入ってきた。ただ今度も順調にはいかず、菊花賞は約3か月ぶりのぶっつけ本番。それでも後方から脚を伸ばして5着に入線し、次戦でG1有馬記念を勝つブラストワンピースとは0.1秒差と健闘している。
キャリア6戦で、まだまだ上積みを見込める馬。前走以上に走れれば、勝ち負けに持ち込める。

ノーブルマーズ

2歳時にG2デイリー杯2歳Sで3着、3歳になってオープン若駒Sでは、後のダービー馬マカヒキの2着と早くから活躍。それでも、なかなか条件クラスを抜け出すことができず、オープン入りは5歳となった昨年1月の1600万迎春Sまで待たねばならなかった。
その後は2戦崩れたが、オープン・メトロポリタンSで2着に入ると、G2目黒記念でもウインテンダネスから少差の2着。好調を維持して、初めてのG1挑戦となる宝塚記念へ向かう。重賞勝ちも無い現状では12番人気も仕方がない立場だったが、中団からしぶとく脚を伸ばし3着に入線。3連単49万馬券の大波乱を生んだ。
秋競馬は2戦して不調だったが、G2アルゼンチン共和国杯は不得意な瞬発力勝負、G1ジャパンCはタイトなペースで逃げたキセキを追いかけ苦しくなったもので、2戦ともに敗因はある。時計のかかる今の京都は合っており、初重賞勝ちに前進だ。

ムイトオブリガード

長く最下級条件で燻っていたが、昨年2月の500万平場戦でレコード勝ちし進撃を開始。2階級上のG2阪神大賞典はさすがに崩れたが、青嵐賞、町田特別と1000万特別を連勝。さらに1600万六社Sも勝利して3連勝としている。
この勢いでG2アルゼンチン共和国杯に臨むと、格上げ初戦ながら1番人気に推された。近2戦は好位からの競馬だったが、ここは後方からの競馬。レースは中盤で13秒台のラップを2回刻むスローペースとなり、完全な上り勝負。自身も32秒5のメンバー最速上りで伸びたが、パフォーマプロミスに少差及ばず2着。展開を考えれば勝ちに等しい内容だった。
レコード勝ちして以降、2400〜2500mのレースは5戦4勝2着1回と安定感は抜群。前走が悔しい一戦だったので、ここはしっかり決めたい。

メイショウテッコン

デビュー3戦目の500万梅花賞で、後のG1菊花賞2着馬エタリオウ、G2フローラS勝ち馬サトノワルキューレを抑えて勝利。春のクラシック出走はならなかったが、オープン白百合Sで3馬身差の楽勝を決め、G3ラジオNIKKEI賞では、後の菊花賞馬フィエールマンを破っている。
秋初戦のG2神戸新聞杯は、果敢に逃げて3着入線。ダービー馬ワグネリアンからは0.1秒差に粘り、G1菊花賞へ向け楽しみは増した。迎えた本番は、控えめに好位追走。ペースが遅く位置取りからチャンスに思えたが、直線で全く伸びがなく、14着に沈んでしまった。遅いペースに、少々力んだことが響いたのかもしれない。
実績のある2400mに戻り、改めて注目したい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。