2019年12月1日(日)

11R

2019年12月1日(日) | 4回中京2日 | 15:30発走

第20回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

チュウワウィザード

昨年末のJ2名古屋グランプリで初重賞勝ち。G2東海Sでは、メンバーで唯一インティに食い下がり2着に入り評価を上げた。その後はJ2ダイオライト記念、G3平安Sと重賞連勝。J1帝王賞では、1番人気のインティを交わし先頭に立ったが、オメガパフュームの追い込みに屈し2着。初めてのG1クラスのレースでも、堂々としたレースぶりだった。
その後は浦和のJ1JBCクラシックに出走。好位でレースを進め、短い直線を意識してか3コーナーでは早くも先頭を奪う勢い。直線で抜け出したところに、オメガパフュームが接近し、壮絶な叩き合いのまま並んでゴール。際どい勝負だったが、相手の追撃をハナ差制し、初のビッグタイトルを手にした。
ここまで13戦して8勝、2着3回、3着2回と、デビュー以来一度も馬券圏内を外したことが無く安定感は抜群。ここも大崩れはあるまい。

インティ

デビュー戦は大敗も2戦目に変身し、7馬身差の楽勝。ここから怒涛の快進撃が始まる。条件戦4連勝は全て2着に4馬身以上の差をつける大楽勝。初重賞となったG2東海Sは2着のチュウワウィザードに2馬身、3着には9馬身の差をつけ連勝が止まらないまま、G1フェブラリーSを迎える。スタートは速くなかったが、二の脚ですぐに先頭を奪取。道中もマイペースでレースを引っ張り、残り2Fあたりではセーフティーリード。ゴール寸前にゴールドドリームが迫ったが、これをクビ差抑え、7連勝でG1ウイナーの座に駆け上った。
続くJ1かしわ記念でゴールドドリームに敗れ連勝がストップすると、突然の急降下。J1帝王賞は6着、G3みやこSもオーバーペースに巻き込まれ15着に沈んでいる。
能力は当然足りるが、近2戦の大敗で精神的な部分に不安が残る。

クリソベリル

半姉にマリアライト(G1宝塚記念、G1エリザベス女王杯勝ち馬)、全兄にクリソライト(J1ジャパンダートダービー勝ち馬)、半兄にリアファル(G2神戸新聞杯勝ち馬)と、兄姉に活躍馬が並ぶ良血。
新馬、500万を7馬身差楽勝。J2兵庫CSも5馬身差で勝利し、J1ジャパンダートダービーへ。前3走のようにスムーズにはいかなかったが、それでも2着デルマルーブルに3馬身の差をつけ、全兄に続き3歳ダート戦線の頂点に立った。J2日本TV盃は、初の古馬相手。好位でレースを進め、逃げるロンドンタウンに照準を合わせると、残り1Fで交わし独走態勢。2着に4馬身、3着に8馬身の差をつけた。
デビューから5戦5勝。2着との差は総計26馬身で、1レース平均5馬身以上の差をつけていることになる。一気に相手が強化され楽な競馬にならないだろうが、まだ底を見せていない魅力と良血を背景に、無敗のG1戴冠を目指す。

オメガパフューム

昨年のG1チャンピオンズCは5着。当時はまだトップと差があるイメージだったが、続くJ1東京大賞典でゴールドドリームを破って優勝。これでトップクラスの一頭に数えられるようになった。G1フェブラリーSで10着とまさかの大敗を喫したが、G3平安Sで59キロを背負って3着に入り、復調気配でJ1帝王賞へ。序盤は後方で脚を溜め、勝負処では抜群の手応えで大外を進出。豪快な伸び脚でチュウワウィザード以下を差し切り、2つ目のビッグタイトルを手にした。
秋はJBCクラシックから始動。苦手な左回り+小回りコースの浦和開催に不安もあったが、いつもより早めに動いて小回りコースに対応し、ゴール前はチュウワウィザードと一騎打ち。惜しくもハナ差敗れたが、休養明けとしては文句ない内容だった。
もはや左回りも心配なし。世界一のデットーリ騎手騎乗で、更に勝利が近づいた。

ウェスタールンド

長らく芝を主戦場にしていたが、6歳になった6月の1000万津軽海峡特別で初めてダート戦に出走すると、3コーナーから一捲りで楽勝。この一戦からダート戦に転向し、1600万薩摩Sと連勝。初重賞のG3シリウスSでも直線一気の追い込みでオメガパフュームにクビ差まで迫った。昨年のG1チャンピオンズCも、自分のスタイルに徹し後方に位置。直線で追撃を始めると、一気に上位に迫りルヴァンスレーヴの2着と、末脚がG1でも通用することを示した。
今年は、ここまでまだ2戦。G3アンタレス4着後に休養し、前走のG3みやこSが復帰戦。いつもは直線に入るまで末脚を温存するが、珍しく早めに進出し、4コーナーでは3番手。直線で2番手に上がったが、最後は脚が鈍り3着。それでも脚質に幅が広がったことは大きい。
スミヨン騎手の連続騎乗でクセも分かったはず。昨年2着以上の結果も見えてきた。

ゴールドドリーム

4歳時にフェブラリーSを勝ち、G1ウイナーに。年末にはG1チャンピオンズCも制している。
5歳となった昨年は、かしわ記念、帝王賞と2つのJ1で勝利。今年はフェブラリーSで、久々のJRA勝利を狙ったが、インティにクビ差及ばず2着。その悔しさは、かしわ記念で早くも晴らすことになる。ライバルを一頭に定め、道中はインティの真後ろで徹底的にマーク。3コーナー過ぎにインティが先頭に立つと、こちらも動いて直線へ。一完歩ずつ差を詰めると、ゴール前でしっかり交わし1着ゴール。フェブラリーSのリベンジとともに、かしわ記念連覇を果たした。
前走のJ1南部杯は3着も、2年前のチャンピオンズC勝利前も5着だから問題なし。2年ぶりのJRA勝利をG1の舞台で戴きたい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。