2019年3月24日(日)

11R

2019年3月24日(日) | 2回中京6日 | 15:40発走

第49回高松宮記念(GI)

芝・左 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 | レコードが出たレース

ダノンスマッシュ

2歳時から活躍し、未勝利、オープン特別と2連勝。G1朝日杯FSは勝ち馬ダノンプレミアムに離されたが、後のG1馬ステルヴィオ、ケイアイノーテックらとは少差の5着に入っている。
当時は1400m〜マイル戦を中心に使っていたが、徐々に成績が頭打ちになり、夏の1600万函館日刊スポーツ杯で距離短縮を図り、初めて1200mのレースに出走すると久々の勝利。続くG3キーンランドCでも2着に入ると、完全に1200m戦を主戦場に。これが成功し、秋にはG3京阪杯を快勝している。
G1高松宮記念へ向け、前哨戦に選んだのはG3シルクロードS。2番枠を引いたため、道中はインを回り直線へ向いたが、なかなか前が開かず追い出しを待たされる不利。そこから外へ持ち出されると、瞬く間に差し切り重賞2連勝とした。
上昇一途で、勢いは一番。父ロードカナロアに続く高松宮記念制覇も目前だ。

ナックビーナス

オープン特別を4勝も、重賞はなかなか勝てなかったが、ついにその時が訪れたのは昨年のG3キーンランドC。G1高松宮記念3着、G3函館SS3着と好戦続きでレースを迎え、1番人気に推されていた。好スタートを切ると、久々に逃げる形。道中はオールインワンに絡まれたが、これを4コーナーで振り切ると、ここからは独走状態。最後はダノンスマッシュに2馬身半差と決定的な差をつけ、待望の重賞タイトルを獲得した。
このレースの反動かG1スプリンターズSは7着、ダートのJ1・JBCスプリントも大敗したが、すぐに復調しオープン・カーバンクルS、G3オーシャンSではともに2着に来ている。
高松宮記念は昨年3着と結果を残しているレース。キーンランドCではダノンスマッシュを破っており、勝てるだけの背景は持っている。

ミスターメロディ

デビュー時はダートで4戦2勝。5戦目にして初めて芝のレースを使ったのがG3ファルコンS。1番人気ダノンスマッシュが伸び悩むの尻目に、好位から抜け出し快勝。この結果から、以降は芝のレースを中心に走っている。
昨秋は休養明けのオープン・オーロCこそ人気を裏切ったが、叩いて一変を見せたのがG2阪神C。スタートはあまり良くなかったが、鞍上が気合をつけて好位に取りつき追走。直線では逃げ込みを図るダイアナヘイローの外に出し、この2頭の一騎打ち。展開的に有利だった相手に半馬身及ばなかったが、改めて力のあるところを示した。この結果からG3阪急杯は1番人気も、道中で他馬と接触した影響か、最後に伸びを欠いてしまった。
アクシデントのあった前走は度外視。これまで3勝の左回りで巻き返しを期す。

モズスーパーフレア

デビュー戦は逃げ切り勝ちをおさめたが、2戦目以降は好位に抑える競馬でなかなか結果が出ず、再度逃げる競馬に戻すと成績は向上。昨年9月の1600万セプテンバーSでは、中山芝1200mを1分7秒0の好タイムで楽勝と、この時点で重賞級の能力は見せていた。
2走前のオープン・カーバンクルSも、中山芝1200mを1分7秒0の好タイムで逃げ切り、同コースとなるG3オーシャンSへ向かう。最初の3Fを32秒3の超ハイペースで飛ばしたが、最後まで脚色は軽快で、実力馬ナックビーナスに馬体を併せることを許さず、見事な逃げ切り。時計は1分7秒1と今回も速かった。
スピードはメンバー1、2で中山は無敵の状態だが、今度は中京コース。直線が長いだけに、中山戦と同じ競馬でどこまで粘れるか。

レッツゴードンキ

G1桜花賞を勝ち、クラシックホースに輝いたのは4年前。すでに7歳を迎えたが、まだまだ衰えは感じられない。
昨年のG1高松宮記念は、ファインニードルを相手にハナ差2着と、惜しくも2つ目のG1タイトルを逃している。その後も好走続きで、G1スプリンターズSでは、勝ち馬ファインニードルから0.3秒差の5着。ダートのJ1・JBCスプリントでも5着。そして前走のG3阪急杯では、内から抜け出し久々の勝利も見えたが、大外からスマートオーディンが豪快に伸びてきて、一瞬のうちに差されてしまった。敗れはしたものの、健在ぶりはしっかりアピールしている。
ここまで高松宮記念で2着2回、スプリンターズSで2着1回と、1200mのG1勝利は目前に来ている。直前調教の動きも抜群で、4年ぶりのG1戴冠を叶えたい。

ロジクライ

3歳時にG3シンザン記念を勝つも、故障で長期休養。休んでいるうちに1600万に降級したが、復帰後は3戦でクリア。格上げ初戦のオープン・六甲Sも難無く勝利している。重賞戦線でも活躍し、G3中京記念で2着、G3京成杯AH3着に続き出走したのはG3富士S。レースは2番手を追走。速めのペースで他の先行勢はバテてしまったが、ロジクライは最後まで止まることなく、1分31秒7の好タイムで勝利している。
この勝利で勇躍G1に向かったが、G1マイルCSは14着と完敗。G3の東京新聞杯も9着と沈んだ。かかり気味になっていることから距離短縮を図って出走したG3阪急杯は、不利がありながらも差して3着に来ている。
更なる距離短縮は微妙だが、マイル戦で走っていた頃に比べると、短距離戦のメンバーは少々落ちるだけに、G1でも勝負になりそうな雰囲気だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。