2019年3月10日(日)

11R

2019年3月10日(日) | 2回中京2日 | 15:25発走

第55回金鯱賞(GII)

芝・左 2000m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

アルアイン

一昨年のG1皐月賞馬。その後2年近く勝ち星は無いが、半分以上のレースで馬券圏内に入っており、成績は安定している。昨秋はG2オールカマーから始動し、レイデオロと一騎打ちの末クビ差2着。G1天皇賞・秋はキセキを追いかける形で2番手を追走したが、結果は4着。
あと一押しが足りない現状を変えるためか、久々に1600mのG1マイルCSに出走。このレースも2番手でレースを進め直線も粘ったが、ステルヴィオ、ペルシアンナイトに交わされ3着。一緒に先行したアエロリット、ロジクライ、ケイアイノーテックら実力馬が全て二桁着順に沈んでおり、この3着は高く評価できるのだが、善戦してもなかなか先頭でゴールできないのが現状だ。
G2金鯱賞でも上位争いに加わることは可能だが相手が強いだけに、久々の勝利には一工夫が必要かもしれない。

エアウィンザー

以前は決め手不足で2着が多く、2連勝した1600万むらさき賞、1600万西宮Sも、接戦を何とかクビ差凌いだものだった。だが、勝ち味に遅い馬が連勝したことで一変。格上げ初戦のオープン・カシオペアSは中団後ろを追走。以前の同馬なら届きそうにない位置だったが、直線へ向くと先行勢を怒涛の勢いで捉え先頭。これまでに無い破壊力で、他馬を圧倒した。
G3チャレンジCは、前走内容が評価され2番人気。好スタートを切ると、飛ばす先行2頭を見ながら4、5番手を追走。3〜4コーナーで鞍上の鞭が飛ぶと、しっかり反応して進出を開始、残り1Fで先頭に立つと、以降も他馬を寄せつけず、2着に3馬身差をつけて4連勝を決めた。
相手は一気に強化されるが、今の勢いなら通用する雰囲気はある。

ダノンプレミアム

デビュー2戦目のG3サウジアラビアRCはステルヴィオ以下を寄せつけず、東京マイルを1分33秒0のレコード勝ち。G1朝日杯FSでもステルヴィオを返り討ちにし、3馬身半差の楽勝。G2弥生賞も調教を見るような楽な競馬で、後のダービー馬ワグネリアンを完封し、デビューから無敗の4連勝とした。
同世代に敵は無く、春のクラシック2冠制覇も期待されたが、挫石でG1皐月賞を無念の回避。その不安が解消しG1日本ダービーに出走した。好枠から絶好位につけた時点で勝利も近いと思われたが、直線に入って伸びが見られず6着敗退。結局、弥生賞以来の競馬が響いたのか、距離が長かったのか…。
その後も爪の不安で、秋はトレセンに戻ったものの出走せず。じっくり良くなるのを待って、金鯱賞が復帰戦となる。調教の動きを見ると絶好調までは行っていないようだが、能力の高さでどこまでカバーできるか。

ペルシアンナイト

一昨年の皐月賞でアルアインの2着に入り、3歳春からG1で活躍。秋のG1マイルCSでは豪快な末脚でエアスピネルをハナ差捉え、G1ウイナーの座に上っている。
昨年は勝ち星こそ無かったが、G1で好勝負を展開。G1大阪杯では、スワーヴリチャードを追い詰めて2着。G1マイルCSでは、ステルヴィオと一騎打ち。頭差の2着と惜しくも2連覇を逃したが、ここ一番で力を発揮している。
成績を見ると5着前後の結果も多く一見安定していないようにも感じるが、G1の成績に絞ると、7戦1勝、2着3回と、連対率は5割を超えている。この結果から、G2の今回は勝負度合が低い気もしてしまうが、2000m戦は2度走りG1でともに2着と、距離適性は合っている。

モズカッチャン

G2フローラSを勝った時は12番人気と支持は低かったが、続くG1オークスでソウルスターリングの2着に入り、評価は上昇。秋のG1秋華賞でも3着に入ると、古馬との対戦となったG1エリザベス女王杯では、粘るクロコスミアをゴール前で捉え、G1勝ちを収めている。
このレース以降勝ち星は無いが、成績は高いレベルで安定。昨年のG2札幌記念では、サングレーザー、マカヒキのG1級牡馬を相手に接戦の3着。エリザベス女王杯も連覇こそならなかったが3着に入線している。この2戦の内容から、G1有馬記念は4番人気と期待も高かったのが、好位から失速し8着は、2500mの距離が少々長かったようだ。
2000mは3戦し、フローラS勝ちに、秋華賞、札幌記念ともに3着と適距離だ。

リスグラシュー

昨年のG1ヴィクトリアマイルは、メンバー唯一の上り32秒台の末脚で後方から一気に追い上げ、ジュールポレールに並びかけたが、僅かにハナ差届かず2着。これでG1の2着は4度目。力むところがあり、それが最後の詰めの甘さにも繋がってきた。その不安もキャリアを積んで解消したか、昨秋に変身を見せる。
G1エリザベス女王杯は、中団でしっかり折り合って追走。クロコスミアが絶妙のペースで進めると、直線で二枚腰を見せ逃げ切り態勢。後続馬群から唯一迫ったのがリスグラシューで、最後はクビ差交わし、念願のG1ウイナーに輝いた。続くG1香港ヴァーズはまたしても2着だったが、世界の強豪相手なら、これまでの2着とは価値が違う。
G2以下のレースでは8戦して馬券圏内を外したことが無い馬。ここも上位争いは必至だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。