競馬 - スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年11月30日(土)

11R

2019年11月30日(土) | 5回中山1日 | 15:25発走

第53回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)

芝・右・内2周 3600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

アルバート

これまでG2ステイヤーズSを3勝。他にも3400mのG3ダイヤモンドSを勝つなど、長距離ではトップクラスの地位を確立している。
昨年はG2阪神大賞典で4着、G1天皇賞春は8着も、勝ち馬レインボーラインからは0.6秒差。G2京都大賞典はサトノダイヤモンドの3着に入り、G1ウイナーのシュヴァルグランに先着。G2アルゼンチン共和国杯は10着も、58.5キロのトップハンデが影響したもので、G2ステイヤーズS4連覇の偉業へ秒読み態勢。新聞紙上でも◎が並んでいたのだが、右前肢跛行のため直前に取り消しとなってしまった。
今年はG2京都大賞典を叩き、改めてG2ステイヤーズS4勝目を目指している。1週前調教では、栗東CWコースで手応え十分に6F80秒台の好時計を出し、調子は上々。年が明ければ9歳になるベテランだが、自分の庭である中山3600mで負けてはいられない。

オジュウチョウサン

現在、障害競走に限定すれば11連勝。その中には、中山グランドジャンプ4回、中山大障害が2回を含むJG1を6勝と、ハードル界では歴史に名を残す存在である。
昨年に、突然平地のレース挑戦を発表し話題を集めると、500万開成山特別、1000万南武特別と連勝。ファン投票でG1有馬記念出走も決まり、大ブームを巻き起こした。結果は9着も、直線で内から一瞬抜け出す見せ場も披露。クラシックホースのキセキ、サトノダイヤモンドとは0.2秒差、ダービー馬マカヒキには先着と、実質1600万クラスの身としては大健闘と言ってよかろう。
障害競走に戻り2連勝すると、再度平地に挑戦。しかし1600万六社S10着、G2アルゼンチン共和国杯12着と大敗が続いている。スタミナはあるので3600mは合うと思うが、近2戦から平地では衰えも感じさせる。有馬記念だけ走れば勝機はあるのだが。

メイショウテンゲン

初勝利まで4戦かかったが、好タイムの勝利で上のクラスでも活躍が見込まれた。しかし初重賞のG3きさらぎ賞は5着に敗れ、G2弥生賞は10頭立ての8番人気と、評価は下がってしまった。それでも重馬場で人気馬が苦しむ中、こちらは力強い脚取りで進出し、直線半ばで先頭。ゴール前では抑えるほどの余裕で、大波乱を演出した。
トライアルを勝っても、重馬場の恩恵との見方で本番G1皐月賞も人気薄。レースも最後方から目立った脚は使えず15着。G1日本ダービーも10着と、春のクラシック2戦は見せ場なく終了。秋になり、G2セントライト記念は、弥生賞と同じ重馬場で期待感は上がったが、後方伸びず11着。流れを変えようと、G1菊花賞は珍しく好位で競馬を進める積極策に出たが、効果なく12着。これで4戦連続二桁着順と低迷している。
母は古馬になって重賞2勝し、G1でも2着したメイショウベルーガ。距離延長と、成長力に望みを賭けたい。

モンドインテロ

4歳時に札幌日経オープンを勝った時点では、デビューから11戦して6勝と勝率が5割を超えていた。しかし以降は17戦して1勝と、年齢を重ねて勢いを失いつつある。
6歳となった昨年は、掲示板にすらなかなか載れない不調続き。2連覇していた得意の札幌日経オープンで5着と、ようやく掲示板にあがれたほどである。そんな状況で迎えた昨年のG2ステイヤーズSだったが、好位で流れに乗ると、直線でもしぶとく脚を伸ばし、リッジマンの3着と久々に馬券圏内に入った。
ステイヤーズSは2度出走して、ともに3着と相性のいいレース。昨年3着時に騎乗したビュイック騎手が鞍上というのも心強い。近走2戦は崩れているが、昨年も近走は不振だったので気にしなくてもいい。キャリアを生かして、久々の勝利を掴みたい。

リッジマン

門別でデビューした地方競馬出身馬。2歳時にオープン・クローバー賞で2着に入り芝の適性を見せると、3歳になる前には早くもJRAに移籍している。その後はゆっくり成長し、距離を延ばすことで成績も上昇。昨年のオープン万葉Sで2着に入ると、1600万クラスの身でG3ダイヤモンドSに挑戦。フェイムゲームの2着に入線し、以降はオープンクラスで活躍している。
昨夏にはオープン丹頂Sを勝ち、次走はG2ステイヤーズSを選択。好位で落ち着いてレースを進め直線に向くと、しっかりした脚取りで抜け出し、2着のアドマイヤエイカンに2馬身半差をつけて初重賞タイトルを獲得した。
大敗が続いているが、強敵相手では仕方のない面もある。ステイヤーズSは昨年勝ったレース。陣営も当然ここが目標だったはずで、近走成績は度外視が必要。3400m超の2戦はともに重賞で2、1着の実績を忘れてはならない。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。