2019年9月16日(月)

11R

2019年9月16日(月) | 4回中山5日 | 15:45発走

第73回朝日杯セントライト記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:重 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

オセアグレイト

初勝利まで6戦かかったが、その6戦目はここまで勝てなかったのがウソのように、2着に4馬身の差をつける楽勝だった。続く稲城特別(1勝クラス)は、不良馬場の長距離戦と、3歳馬には厳しいタフな状況。それでも直線は3歳馬同士の戦いとなり、前走の未勝利戦を楽勝したゴットフルールが迫ったが、これを難無く抑えて2連勝とした。
この2戦の勝ちっぷりから、信夫山特別(2勝クラス)は単勝1.8倍の断然人気。プラチナアッシュが大逃げを打ち難しい展開となったが、鞍上が早めに促して直線入り口では射程圏内に位置。残り1Fで捉えると、楽々ゴールを駆け抜け3連勝を決めた。
勝った3戦は全て2400m以上のスタミナ自慢で、G1菊花賞へ進めたいところだが、まずはG2セントライト記念で3着以内に入り、出走権利を獲得したい。

ザダル

昨年12月阪神でデビュー予定も、美浦からの輸送中のアクシデントで取り消し。改めて3歳となった今年1月の中山で迎えたデビュー戦は、先手を取って直線へ向くと、後続の追撃を受けたが、これをクビ差抑えている。2戦目の500万下は平場戦とはいえ素質馬が揃った好メンバー。初戦と違い中団から進める形となったが、しっかり対応し、粘るレターオンザサンドを差し切っている。
3戦目は、ダービー出走を目指しオープン・プリンシパルSへ。好位のインを追走し、直線では馬群の中ほどに持ち出されたが、ここで前が狭くなる不利。この間に抜け出したエングレーバーとの差は絶望的に思えたが、猛烈と追撃をかけるとゴール寸前に捉え、デビューから無敗の3連勝。これでダービーも楽しみになったが、脚部に疲れが出て無念の出走回避となった。
持ち前の勝負根性を生かし、無傷の4連勝で本番に向かいたい。

ニシノデイジー

2戦目の未勝利戦を勝って向かったのはG3札幌2歳S。地方所属のナイママが早めに進出すると、ニシノデイジーも追いかけて直線は一騎打ち。この戦いをクビ差制している。続くG3東京スポーツ杯2歳Sは、唯一の重賞ウイナーの立場で8番人気。この低評価を発奮したか、ゴール前で4頭の接戦を勝ち抜き、重賞2連勝を達成した。G1ホープフルSはさすがに上位人気に推され、3着に入線している。
3歳初戦はG2弥生賞を選択し、1番人気に支持されたが極悪馬場に泣き4着。良馬場のG1皐月賞で巻き返しを期すも、折り合いを欠き17着大敗。おかげでG1日本ダービーは13番人気と急落した。懸念された折り合いを我慢すると、直線はじわじわ脚を伸ばし5着。ヴェロックス、サートゥルナーリアと差のない競馬をし、復権を果たした。
ダービー上位不在のここは、力を見せつける結果を残したい。

メイショウテンゲン

初勝利は4戦目だったが、負けたレースも好内容が多く、格上げ初戦が重賞のG3きさらぎ賞でも納得。しかし、このレースでは見せ場をつくれず5着。続くG2弥生賞は10頭立ての8番人気。人気勢が早めに抜け出し勝負あったかに思えたが、直線半ばで差し馬勢が強襲。特にメイショウテンゲンは重い馬場にもめげず力強い脚取りで先頭。最後は余裕をもってゴールを決めた。
勇躍クラシックに向かったが、G1皐月賞は最後方からの競馬になると、速い時計の決着に対応できず15着。それでも、母が2400mの重賞を2勝しているメイショウベルーガという背景から、距離が延びるG1日本ダービーで一発の期待は高まった。この大一番で出遅れてしまい、またしても後方からの競馬。直線で差を詰めたものの10着までだった。
弥生賞を制した中山コースで、巻き返したい。

ランフォザローゼス

着差こそ少なかった新馬戦だが、センスの良さを見せて快勝。500万葉牡丹賞は、狭いところに入ってスムーズな競馬ができなかったが、それでもレコードタイムの2着に入っている。この内容から次走は自己条件ではなく、G3京成杯に出走。先行したラストドラフトを捉えることはできなかったが2着を確保し、重賞でも好勝負できることを示した。
この後は間隔を開け、G2青葉賞で復帰。小雨交じりの稍重馬場に苦しむところはあったが、ゴール寸前にリオンリオンに接近し、ハナ差まで追い詰めた。大目標だったG1日本ダービーは7着だったが、3着のヴェロックスからは離れておらず、健闘といって良かろう。
古馬相手のG2札幌記念はシンガリに敗れたが、ここを叩いて体調はアップ。3歳馬同士のレースなら、前走のようなことはあるまい。

リオンリオン

好レースは見せるものの決め手がなく、初勝利は3戦目、格上げ後も3、5、3着と惜しいレースで終わっていた。そこで500万大寒桜賞では初めて先手を取る競馬。すると直線でも粘り、2勝目をゲット。これで戦法は定まり、G2青葉賞でも思い切って逃げた。稍重馬場で1000mラップが1分を切る厳しい展開。ゴール前では脚が止まり加減だったが、何とかランフォザローゼスの追撃をハナ差抑え、ダービー出走切符を勝利の形で勝ち取った。
迎えたG1日本ダービーは、主戦の横山典騎手が騎乗停止のため、息子の横山武騎手が騎乗。気負いもあったのか1000mラップ57秒8で飛ばしては、東京の2400mは持たない。最後はバタバタになって15着に沈んだ。
さすがに今回はそこまでペースも上がるまい。マイペースで行ければ、青葉賞の再現もある。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。