IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年3月23日(土)

11R

2019年3月23日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第67回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

エタリオウ

当初は決め手不足で2着ばかり。500万も勝てないままG2青葉賞に出走したが、ここでも2着に入り、G1日本ダービー出走権利を獲得。本番は、1勝馬の立場から13番人気も仕方なかったが、ここで大変身を見せる。完全に前有利の展開を、メンバー唯一後方から追い込み、勝ち馬ワグネリアンから0.2秒差の4着。着順以上の好内容で、評価は大きく上がった。
秋になっても期待を裏切らず、G2神戸新聞杯は2着し、本番のG1菊花賞へ臨む。道中は中団に位置し、3コーナー過ぎから大外をまわって徐々に進出すると、4コーナーでは先頭。そのままゴールへ向けて突進するも、馬群の中から抜けてきたフィエールマンが迫り、2頭のマッチレースとなったが、僅かにハナ差敗れ悔しい2着となった。
ここまで9戦し1勝、2着は6回と勝ち味に遅いが、菊花賞は勝利に等しい内容。古馬になった今年は、1着を重ねたい。

クリンチャー

一昨年の3冠クラシックレースには全て出走し、G1皐月賞4着、G1日本ダービー13着、そしてG1菊花賞はキセキの2着に入線している。そして、この馬が最も輝いたのは次走のG2京都記念。メンバーには、ダービー馬レイデオロ、皐月賞馬アルアインなど同世代のG1馬が4頭出走していた。重賞勝ちすら無いクリンチャーは格下のイメージもあったが、これらをまとめて破り、強豪相手に初重賞勝ちを飾っている。
好調は続き、G2阪神大賞典3着。G1天皇賞・春も、勝ったレインボーラインから0.1秒差の3着と、G1も視野に入ってきた。この後はフランスにも遠征。国内戦はG1有馬記念で復帰したが、15着に終わっている。
調子さえ戻れば、昨春の活躍から上位を目指せる馬。勝ち星こそ無い中山コースだが、皐月賞4着から適性は見込める。

ゴーフォザサミット

500万百日草特別を勝った内容から重賞戦線でも活躍が見込めたが、G3共同通信杯4着、G3スプリングS7着と成績は降下。しかし距離延長したG2青葉賞で本領発揮する。近2戦が消極的だったこともあり、ここでは中団から好位を追走。直線に向くと力強く抜け出し、エタリオウ以下に2馬身差をつける快勝で、ダービー出走権利を奪取した。本番のG1日本ダービーでは中団からジワジワ脚を伸ばしたが、道中の不利もあって7着で終えている。
この後は間隔を開けたが、他の3歳馬より始動は早くG2札幌記念に出走したが、初めての古馬相手もあり7着。これを叩いて、同じ3歳馬同士で距離2400mのG2神戸新聞杯は期待も高まったが、まったく動けず8着大敗。その後は休養に入り、G2日経賞が復帰戦となる。
なかなか能力を発揮できないでいるが、青葉賞の内容から重賞でも上位を狙える力はあるはずだ。

サクラアンプルール

1600万クラスを卒業した2戦後にG2中山記念に出走。ネオリアリズムの2着に入り、ロゴタイプ、リアルスティールらG1馬4頭に先着する殊勲で名を上げた。更に夏の札幌記念では、ナリタハリケーンをクビ差抑え、初重賞勝ちをG2で飾っている。
その一昨年に比べると、昨年は未勝利に終わったが、内容は上々。G2日経賞では勝ち馬ガンコに迫る3着、G3函館記念はエアアンセムに半馬身差の2着と、2つ目のタイトルにも近づいた。秋にはG1にも出走し、G1天皇賞・秋は6着、G1有馬記念は7着。ともに二桁人気ながら勝ち馬から1秒と離れず、この馬自身はよく走っている。
中山の芝コースはG2以下に限定すれば8戦3勝、2着1回、3着2回の好成績。G2なら十分好勝負できる。

メイショウテッコン

500万梅花賞でエタルオウを破るなどデビューから3戦2勝の成績だったが、その後のレースで結果を出せず、春のクラシックは未出走。G1日本ダービーの裏で行われたオープン白百合Sでは、鬱憤を晴らすように3馬身差の楽勝を決めている。これで勢いがつき、G3ラジオNIKKEI賞も好位から抜け出すと、後の菊花賞馬フィエールマンの急襲を抑え重賞勝ち。これで堂々秋はクラシックに挑むことになる。
秋初戦のG2神戸新聞杯で3着し、G1菊花賞は5番人気と有力馬の一頭に数えらる立場。しかしレースは長距離戦とは思えぬ瞬発力勝負になり、不慣れな競馬で14着に沈んだ。古馬となって初戦のG2日経新春杯は、序盤こそ後方にいたが、道中でかかってしまい3コーナーでは先頭。これが祟り最後は失速している。
ここ2戦は不本意な競馬。自分の競馬ができれば逆襲もある。

ルックトゥワイス

1000万クラスを勝ち上がるまでは順調だったが、1600万クラスで一時立ち往生。早めに仕掛けると伸びきれず、脚を溜めると届かずといった形で、2、3着を重ねていった。条件馬の身で出走したG2アルゼンチン共和国杯は、格下の身ながら2番人気に推されたが、苦手な高速上りの競馬に対応できず8着に敗れている。
ここまで物足りないレースも多かったが、初めて使った右回りのレースで変身を遂げる。中山の1600万グレイトフルSに出走すると、好位から鮮やかに抜け出し、最後は独走で3馬身差の楽勝。2着続きがウソのような強い競馬だった。この競馬ができれば重賞でも大丈夫。G2日経新春杯では、グローリーヴェイズの半馬身差の2着。同じ2着でも、条件戦時代とは中身が違う。
G2日経賞は、強かったグレイトフルSと同じコース。重賞勝ちも見えてきた。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。