2019年2月24日(日)

11R

2019年2月24日(日) | 2回中山2日 | 15:45発走

第93回中山記念(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

ウインブライト

3歳時は、G2スプリングSを勝ち春のクラシックに挑戦したが、G1皐月賞8着、G1日本ダービー15着と完敗。すると秋はG1菊花賞を諦め、中距離路線を選択。これが当たり、G3福島記念を勝利。4歳になってG3中山金杯で2着に入ると、昨年のG2中山記念はアエロリットらG1馬3頭を破っている。
昨秋はマイル路線に進んだが、芳しい成績は残せず。そこで中距離に戻し、G3中山金杯に歩を進めた。レースは中団に位置し、直線で力強く進出すると、ステイフーリッシュ、タニノフランケルら4歳勢を差し切った。58キロのトップハンデで勝ったのだから、完全勝利と評価できる。
ここまで中山は7戦し、重賞3つを含む4勝、2着は2回あり、着外になったのは皐月賞のみ。得意なコースを味方に2連覇を目指す。

エポカドーロ

昨年2月に500万あすなろ賞を強い競馬で勝ち、評価は急上昇。3番人気に推されたG2スプリングSは、ステルヴィオにハナ差差される悔しい2着も、トップクラスの力があることを認識させた。
迎えたG1皐月賞。ハイペースで飛ばす前3頭から離れた4番手の絶好位を追走。直線でバテた先行勢を交わし先頭に立つと、差し馬勢を全く寄せつけず、サンリヴァルに2馬身差をつける快勝で、まずは1冠奪取。G1日本ダービーは一転、積極的に先手を取り直線もよく粘ったが、最後にワグネリアンの末脚に屈し、惜しくも2冠制覇ならなかった。
昨秋はG2神戸新聞杯を叩き、G1菊花賞へ。好位置でレースを進めたが、直線で失速し8着。このあたりは懸念されていた距離の壁だろう。皐月賞を制した中山コースに変われば、近2走のような競馬にはならないはず。秋の結果を度外視して考えたい。

ステルヴィオ

G1朝日杯FSで2着し、G2スプリングSでは後の皐月賞馬エポカドーロを破って重賞初制覇。当然クラシック候補に数えられたが、G1皐月賞は後方から伸びるも4着まで。G1日本ダービーは目立った脚を使えず8着と不本意な結果。すると秋競馬は距離適性を考えクラシック路線は歩まず、古馬相手のG2毎日王冠に出走。メンバー最速の上り33秒2の脚で上位に接近し、アエロリットの2着と好走した。
上昇気配で迎えたG1マイルCS。近走は後方から差す競馬が定着していたが、この大一番では位置を取りに行き、好位追走。残り1Fあたりでペルシアンナイトと並んで抜け出すと、これをアタマ差抑えG1ウイナーの座を獲得した。
前走から距離が1F長くなるが、1800mは3戦2勝、スプリングS1着、毎日王冠2着と得意な距離。G1勝ちの次戦で恥ずかしい競馬はできまい。

スワーヴリチャード

G3共同通信杯を勝ち、G1日本ダービーでは、レイデオロの2着と好走。仕上がりが遅れG1菊花賞は間に合わなかったが、G2アルゼンチン共和国杯で古馬を撃破し、G1有馬記念は4着。このように3歳時からG1も目前の好レースを展開していた。
そして4歳となった昨年。G2金鯱賞を快勝し、G1大阪杯は1番人気の支持。スタートで遅れ序盤は後方だったが、向正面で一気に押し上げ先頭に立つと、そのまま最後まで押し切り、G1タイトルを獲得した。その後はG1安田記念3着で休養に入り、秋はG1天皇賞・秋から始動。得意な左回りの中距離戦で期待も高まったが、スタートで遅れると、直線でもスムーズさを欠くなど不利の連続で10着大敗。ジャパンCはスムーズな競馬はできたが、アーモンドアイ、キセキに迫ることができず離れた3着に終わった。
昨年の今頃は2連勝。あの輝きを取り戻すためにも、ここは大事な一戦だ。

ディアドラ

G1桜花賞6着、G1オークス4着とじわじわ上位に近づくと、3歳の夏から一気に上昇。1000万特別、G3紫苑Sを連勝し、G1秋華賞も後方から差し切りを決めている。
昨年はG2京都記念こそ6着も、続くG1ドバイターフで3着と好走。帰国初戦のG3クイーンSは、一捲りで楽勝と力の違いを見せつけた。重賞連勝を目指したG2府中牝馬Sも後方からの競馬。勝ち時計1分44秒7の高速決着で差し馬には厳しいレースだったはずだが、そんな厳しい局面にも動ぜず、上り3F32秒3の鬼脚で、リスグラシューを差し切った。この後はG1香港Cに出走し2着と、その力は国内外の牡馬相手のG1でも通用するものがある。
ドバイ遠征前だが、香港前の府中牝馬Sの内容、そして54キロの斤量から、叩き台でも勝ち負けできる力はある。

ラッキーライラック

新馬、G3アルテミスS、G1阪神JF、G2チューリップ賞と無敗の4連勝。この頃は牝馬3冠の声も上がるほどの存在だったが、あの馬の出現で立場は大きく変わる。単勝1.8倍の断然人気に推されたG1桜花賞は、好位置から楽に抜け出し1冠も目前。そこへアーモンドアイが猛然と襲い掛かると、抵抗する暇すら与えられず2着。逆転を期したG1オークスもアーモンドアイに差された上、これまで3度先着しているリリーノーブルも捉えることができず3着と、クラシックは悔しい結果となった。
秋競馬は、アクシデントで前哨戦を使えず、G1秋華賞はブッツケ。ようやく間に合ったという状態で勝ち負けできるほどG1は甘くなく、9着と初めて崩れた。
しっかり立て直して迎える古馬初戦。休養明けで、古馬G1級の馬と戦うのは厳しいが、ここで好走すれば視界は広がる。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。