IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年11月24日(日)

11R

2019年11月24日(日) | 5回東京8日 | 15:40発走

第39回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:曇 | 馬場:重 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 | レコードが出たレース

カレンブーケドール

リステッド・スイートピーSを勝ってG1オークス出走権利を獲得。クビ差の辛勝もあって本番は12番人気の低評価だったが、大舞台で変身。好位でレースを進め直線に向くと、クロノジェネシス、ダノンファンタジーら実力馬を突き放して先頭に立ち、ゴールへ向け突進。そこへラヴズオンリーユーが襲い掛かり、惜しくもクビ差交わされ2着。しかし交わされた後も抵抗を見せており、かなり内容の濃い一戦だった。
秋はG3紫苑Sから始動(3着)し、G1秋華賞へ。ラヴズオンリーユー不在だけにチャンスの一戦だったが、先に抜け出したクロノジェネシスに2馬身及ばず2着に敗れている。その後はG1エリザベス女王杯には目もくれず、G1ジャパンCに向けて調整されている。
G1ジャパンCが、過去10年で6回牝馬が勝っていることは心強いデータ。53キロを味方に大駆けを狙う。

ワグネリアン

昨年のG1日本ダービー馬。17番枠と厳しい状況に対し、鞍上の福永騎手は末脚勝負型の同馬を好位で進める積極策。これが功を奏し、2冠を目指すG1皐月賞馬エポカドーロをクビ差交わし、ダービー馬の栄冠を勝ち取った。秋はG2神戸新聞杯を快勝も、不安が出て休養に入っている。
古馬初戦となったのはG1大阪杯。久々のレースが初めて古馬との対戦、しかもG1と不利な条件が並んだが、内からしぶとく脚を伸ばし、勝ち馬アルアインから0.3秒差の3着。復帰戦としては上々の結果だった。一叩きで期待されたG2札幌記念は4着も、両前脚の落鉄が響いたもの。いよいよ東京で走れるG1天皇賞・秋こそ期待の一戦だが、不運にも14番枠。それでも最後は脚を伸ばし5着。2着のダノンプレミアムをコンマ1秒差まで詰めている。
ダービーを制した東京芝2400mのコースを迎え、いよいよ本領発揮の時である。

スワーヴリチャード

3歳時にG1日本ダービーでレイデオロの2着。4歳になってG2金鯱賞、G1大阪杯と連勝し、古馬戦線のトップを争う存在にまで成長した。ただ昨秋は急降下し、1番人気に推されたG1天皇賞は、不利もあって10着大敗。G1ジャパンCは3着も、勝ち馬アーモンドアイから1秒近く離されていた。
今年は、昨年勝ったG1大阪杯を使わず、ドバイに遠征。G1ドバイシーマクラシックは、勝ち馬から2馬身差の3着に入り復調気配を感じさせた。国内復帰戦のG1宝塚記念も3着。G1連続3着で迎えたG1天皇賞・秋は、歴史的好メンバー。ここで再度馬券圏内なら評価も浮上したが、見せ馬無く7着で終わっている。
これまでのキャリアを見ると高速決着では分が悪く、今の東京の馬場は疑問だが、コース・距離自体はともに合っている。切れ味が足りないので、早めの競馬で活路を見出したい。

ユーキャンスマイル

昨年のG1菊花賞でフィエールマンの3着に入ったが、当時は10番人気で目立たない存在だった。この2戦後のG3ダイヤモンドSで初重賞制覇を飾り、G1天皇賞・春に歩を進め5着に入っている。
この頃は4戦連続で3000m超のレースを使い、ステイヤー路線を歩んでいたのだが、G3新潟記念で約1年ぶりに中距離戦に出走。ペースに戸惑う不安もあったが、後方から脚を伸ばすと、同馬主のジナンボーをクビ差交わし、2つ目の重賞タイトルを手にした。この勢いで春に続き、秋も天皇賞に出走。序盤は新潟記念同様、後方で脚を溜める形。直線で一歩ずつ前との差を詰めていくと、アーモンドアイに迫ることはできなかったが、2着ダノンプレミアム、3着アエロリットを追い詰める4着と中距離のG1でも通用することを見せつけた。
距離は2F延長で、前走より相手も弱化。更に着順を上げることも難しくない。

レイデオロ

一昨年のG1日本ダービー馬。中団後ろから、向正面で2番手に上がる鞍上の奇策に応え、栄冠を掴んでいる。古馬となった昨年は、G1天皇賞・秋を快勝。2着サングレーザー以下に力差をみせつける強い内容。続くG1有馬記念も、結果はブラストワンピースにクビ差2着も、ゴール前の脚色はこちらが優勢で、負けて強しのレースぶりだった。
以降もハイレベルな活躍が見込まれたが、まさかの失速。G1ドバイシーマクラシックは、日本馬のシュヴァルグラン、スワーヴリチャードに遅れをとり離された6着。G1宝塚記念も中団から動けず5着。相手が楽なG2オールカマーでも、伸びが見られず4着と断然人気を裏切っている。
東京は2つのG1を勝ち、一昨年のG1ジャパンCで2着とベストのコース。復活を示すなら、ここしかない。

シュヴァルグラン

一昨年のG1ジャパンC覇者。この時は単勝13.3倍とダークホース的な存在も、断然人気のキタサンブラックを交わし、ダービー馬レイデオロの追撃を抑えて初のG1戴冠を果たしている。その後2年間勝ち星から遠ざかっているが内容は悪くなく、昨年末のG1有馬記念は直線猛襲し、ブラストワンピース、レイデオロに続く3着に入線している。
今年はここまで3戦全てが海外での競馬。G1ドバイシーマクラシックは、直線しっかり脚を伸ばして2着。舞台をイギリスに移し、伝統のG1競走キングジョージ6世&クイーンエリザベスSに出走も、得意でない重い馬場に苦しみ6着。G1インターナショナルSも距離が足りなかったか8着で終わっている。
ジャパンCは過去3度出走し3、1、4着と相性のいいレース。他にG2アルゼンチン共和国杯を勝つなど東京の長距離戦は得意にしており、久々の勝利を狙うには最高の舞台だ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。