IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年5月26日(日)

12R

2019年5月26日(日) | 2回東京12日 | 17:00発走

第133回目黒記念(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

ウインテンダネス

長らく条件クラスにとどまっていたが、5歳となった昨年春以降から本格化。1000万小牧特別で勝利をおさめると、格上げ2戦目の1600万緑風Sは、東京芝2400mを2分22秒9の好タイムで逃げ切り、オープンクラスでも活躍の期待が高まった。その答えはG2目黒記念で見せてくれる。逃げた前走から一転、抑えて好位を追走。混戦となったゴール前でしぶとく馬群の中から抜け出すと、ノーブルマーズ以下を抑え、オープン入り初戦でG2を制した。
その後はG2京都大賞典6着、G2アルゼンチン共和国杯4着。そしてG1ジャパンCにも挑戦し、さすがに見せ場をつくるまではいかなかったが、ハイレベル決着で8着なら悪くない。年明けのG2日経新春杯で11着と大きく崩れたので、以降は休養に入っている。
昨年の覇者だけに、ここは狙い撃った一戦。久々でも要注意だ。

ソールインパクト

2歳時にG3東京スポーツ杯2歳S3着、G2ホープフルS4着、3歳になってもG3京成杯4着と、早くから重賞でも活躍。ただ勝ち味に遅いタイプで、条件クラスを勝ち上がることに苦労。それでも条件馬の身で挑戦したG2アルゼンチン共和国杯で2着に入り、オープンクラスに上がった。
その後も勝ち鞍はないが、7歳になった現在も重賞で上位を窺う活躍。G3ダイヤモンドSでは、好位から脚を伸ばして4着に入線。G2阪神大賞典も、勝ち馬シャケトラからは離されたが、4着と健闘している。
最近は二桁着順も多く、一見すると安定性が無いように見えるが、東京コースに限定すると、デビュー以来14戦して掲示板を外したのは2戦のみ。重賞も6戦で2着1回、3着2回、4、5着ともに1回と上位に来ており、今度も無視できない存在だ。

ブラストワンピース

新馬、500万ゆりかもめ賞、G3毎日杯と、デビューから無傷の3連勝。すべてのレースが高い内容で、G1日本ダービーは2番人気と高い支持を受けた。しかし直線では前が壁になり、ゴール前で詰めたもののワグネリアンから0.2秒差の5着で終わっている。この後は休養に入ったが、ライバルたちより始動は早く、9月頭のG3新潟記念に出走。大外から豪快な伸びを見せ、古馬を圧倒している。
秋初戦で好スタートを決め、G1菊花賞は1番人気。だがダービー同様、中団から脚を伸ばすも勝ち切るほどの勢いはなく4着まで。G1では足りないのか? そんなイメージを払拭したのがG1有馬記念。早めに仕掛けて力強く進出すると、人気のレイデオロの追撃をクビ差抑え、ついにG1ウイナーの座に輝いた。
今年初戦のG1大阪杯は人気を裏切り6着とまたしても敗れたが、人気で負けた後はすぐに巻き返しており、G2のここは相手関係からも負けられない一戦だ。

ポポカテペトル

G2スプリングS勝ち馬マウントロブソンの全弟で期待は高かったが、成長はゆっくりでG1菊花賞出走時は13番人気と目立たぬ存在。レースでは泥田のような不良馬場にもめげず上位に進出し、キセキの3着と好走している。
タフな競馬を強いられた反動か自己条件で苦戦し、ようやく昨年4月末の1600万烏丸Sを勝ってオープンクラス入り。G2目黒記念は大外枠を引き、序盤は好位置を取るのに苦労。それでも残り300mあたりで先頭に立ち重賞勝ちも目前に迫ったが、ゴール前で脚が鈍り4着は、枠の不利が最後に出た感じだ。その後は降級初戦の1600万日本海Sを順当に勝ち再度オープン入りを果たすも休養。今回は約9か月ぶりの一戦となる。
久々だが4月末から早めの時計を出し、仕上がりは上々だ。

ムイトオブリガード

長らく500万クラスに在級していたが、昨年2月の小倉芝2600m戦をレコード勝ちして変身。2階級上のG2阪神大賞典はさすがに8着だったが、自己条件に戻った1000万青嵐賞は、東京芝2400mを2分22秒9の好タイムで見事な勝利。降級し1000万町田特別を難無く勝利すると、1600万六社Sもルックトゥワイス以下を破り3連勝。
この勢いで、G2アルゼンチン共和国杯は格上げ初戦ながら1番人気に推された。レースでは、メンバー最速上りの32秒5を叩き出し上位に接近したが、パフォーマプロミスに僅か及ばず2着。その後の3戦は芳しい着順ではないが、前走のG1大阪杯は、2000mで一流馬を相手に勝ち馬から0.6秒差の8着なら悪くない。
東京の長距離戦は、3連勝にアルゼンチン共和国杯2着と得意のコース。待望の舞台で、ここは勝負の場だ。

ルックトゥワイス

デビューから8戦で4勝を挙げており、この頃は勝率の高い馬だったが、1600万クラスに上がると突然勝ち味に遅くなり、5戦で2着が4回、3着が1回。現状打破を狙ってか、条件馬の身でG2アルゼンチン共和国杯出走も8着と完敗。だが重賞経験がプラスしたのか、自己条件に戻った1600万グレイトフルSは、これまでの惜敗続きがウソのような鮮やかな楽勝劇で、近そうで遠かった5勝目をようやくマークした。
すると年が明けてG2日経新春杯では、グローリーヴェイズに半馬身差まで迫る2着と好走。G2日経賞こそ6着だったが、G3新潟大賞典は勝ち馬から0.2秒差の4着と、重賞勝ちまであと一歩のところまで迫っている。
東京コースは7戦して1勝も、2着は4回。そして長距離戦は7戦2勝2着3回。得意条件の組み合わせとなる東京の長距離戦なら、上位進出の可能性は高い。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。