IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年5月12日(日)

11R

2019年5月12日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第14回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

アエロリット

一昨年のG1NHKマイルC勝ち馬。昨年も活躍し、G2中山記念はウインブライトのクビ差2着。G1安田記念は、内から抜け出し勝利も目前だったが、ゴール寸前にモズアスコットに差され、惜しくも2つ目のG1を逃している。
秋のG2毎日王冠は久々に逃げの手に出ると、最後まで危なげなく、ステルヴィオ、キセキらG1クラスの牡馬を圧倒した。この調子ならG1マイルCSはチャンスに思われたが、直線で失速し12着。その後はアメリカに遠征し、ペガサスワールドCに出走したが、重馬場に苦しみブービーに終わっている。
右回りでも勝ち鞍はあるが、断然左回りほうが良く、良馬場の東京ではNHKマイルC、毎日王冠の勝利を含め5戦3勝、2着2回とパーフェクト連対を果たしている。良馬場なら2つ目のG1タイトルが見えてくる。

カンタービレ

デビュー3戦目に初勝利を挙げると、これを機に成長の加速が増し、500万を飛ばして出走したG3フラワーCで2連勝を決めている。勇躍G1オークスへ向かったが、連勝でピークが過ぎたか、ここは大敗している。
夏の間にリフレッシュし、秋初戦となったG2ローズSは、4コーナー先頭の強気な競馬で2つ目の重賞勝ちをおさめ、G1秋華賞へ。これまでの先行策とは違い、初めて後方で押さえる競馬となったが、しっかり対応しアーモンドアイの3着に入線している。G1エリザベス女王杯6着後は間隔を開け、G2阪神牝馬Sは約5か月ぶり。着順は6着だが、勝ち馬から0.1秒差は、叩き台としては上々だ。
3戦0勝のマイル戦だが、先に行ける脚があるのでスピード負けもあるまい。

ソウルスターリング

2歳時は新馬、オープン・アイビーS、G1阪神JFと無傷の3連勝。3歳となった初戦のG3チューリップ賞も快勝し、G1桜花賞は単勝1.4倍の断然人気に推されたが、まさかの3着で初黒星。続くG1オークスは、早めに先頭に立つと、モズカッチャンの追撃を振り切り、樫の女王の座に就いている。
秋は古馬の王道路線を選択。G2毎日王冠で人気を裏切ると、G1天皇賞・秋、G1ジャパンCと掲示板に載れず完敗。昨年は牝馬路線に戻したが、なかなか成績は向上せず、ようやく夏のG3クイーンSで馬券圏内に入る3着。これで復調すればよかったのだが、G2府中牝馬Sでは10着と再度大敗を喫し、なかなか調子が上がってこない。
今回は約8か月と長期の休みを入れての復帰戦。この間にどこまで戻っているか。調教内容から、仕上がりは悪くない。

デンコウアンジュ

現在6歳のベテランだが、活躍は2歳時から。G3アルテミスSでは、当時無類の強さを見せていたメジャーエンブレムが断然人気に推され、こちらは単勝82.8倍の人気薄だったが、レースでは逆転。大外から豪快に伸びて、逃げ込みを図るメジャーエンブレムをゴール寸前に差し切っている。
その後は勝ち鞍に恵まれなかったが、ここ一番で得意の末脚を発揮しており、一昨年のG1ヴィクトリマイルでは、アドマイヤリードの2着に入線し、翌年の覇者ジュールポレールに先着している。このようにG1でも好走する力を持ちながら、その後もなかなか勝てず、迎えたのはG3福島牝馬S。いつものように後方で脚を溜め直線へ向くと、外から怒涛の勢いで抜け出し、終わってみれば2馬身半差の完勝。約3年半も勝ち星から遠ざかっていたのが嘘のような勝ちっぷりだった。
東京マイルはアルテミスS、ヴィクトリマイルの好走例から得意にしており、ますます期待感は上がっている。

ミッキーチャーム

初勝利はデビューから4戦目の3歳夏と時間がかかったが、ここから急浮上。500万を苦もなく突破し、1000万藻岩山特別は、2着に3馬身半差の楽勝。洋芝の1800mで1分46秒5の勝ち時計も優秀だった。G1秋華賞も、持ち前のスピードを駆使し先行策。直線に入ると、更にリードを広げる構えで、このまま逃げ切りの雰囲気も高まった。それを許さなかったのが怪物牝馬アーモンドアイ。次元の違う脚で後方から強襲してくると、全く抵抗できず2着。強いレースではあったが、相手に恵まれずG1を逃してしまった。
古馬初戦となったG3中山牝馬Sは入れ込みがひどく、レースも最下位。落ち着きを取り戻したG2阪神牝馬Sは、幾分折り合いを欠くシーンもあったが、鞍上川田騎手がうまくエスコートし、初重賞勝ちをおさめている。
アーモンドアイ不在の今回、秋華賞で逃したG1タイトルは、ここで獲得したい。

ラッキーライラック

新馬、G3アルテミスS、G1阪神JF、G3チューリップ賞とデビューから無敗の4連勝。この頃は牝馬3冠や、凱旋門賞遠征の期待も出て明るい展望が広がっていたが、大舞台のG1桜花賞で大逆転。アーモンドアイの追い込み劇の前に全く太刀打ちできず2着に敗れ、主役を持っていかれてしまった。捲土重来を期したG1オークスでは、更に着順を落とし3着。体調が悪かったG1秋華賞も大敗と3冠は悪夢の結果となった。
この悪い流れを断ち切ったのはG2中山記念。惜しくも2着だったが、勝ち馬は香港G1勝ちのウインブライト。ステルヴィオ、スワーヴリチャード、エポカドーロら牡馬G1ウイナーに先着し、健在をアピールした。G2阪神牝馬Sは大敗したが、道中で不利が連発しており度外視していい。
天敵アーモンドアイがいないここは、しっかり勝っておきたい。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。