2019年5月5日(日)

11R

2019年5月5日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第24回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

アドマイヤマーズ

G2デイリー杯2歳Sを含めデビューから3連勝しながら、G1朝日杯FSは牝馬のグランアレグリアに人気を譲る悔しい現実。結果は牡馬の意地を見せて優勝し、無傷の4連勝。最優秀2歳牡馬にも輝いている。
今年はG3共同通信杯から始動。スローペースで逃げたが、不得意の瞬発力勝負になったこともあってダノンキングリーの切れ味に屈し、初黒星を喫している。この結果からG1皐月賞は早めのロングスパートをかけるという見方だったが、レースでは積極性は見られず、4コーナーでは人気のサートゥルナーリアに並ばれる形。結局4着と着順は悪くなかったが、この馬の競馬はできなかった。
今度はマイル戦となり、前走以上に舞台は整った。朝日杯同様、早めにグランアレグリアに並ぶ形がつくれれば、3歳マイル王の冠が近づくことになる。

クリノガウディー

新馬戦を快勝し、G3東京スポーツ杯2歳Sはかかってスタミナをロスし7着も、勝ち馬からは0.5秒差と大きく負けてはいなかった。それでもG1朝日杯FSは9番人気と低評価。レースは好枠を利してインの4番手と絶好位を追走。直線で脚を伸ばすと、一瞬はアドマイヤマーズに接近する場面も。最後は突き放されたが、グランアレグリアを交わして2着に入った。
その後は軽い不安もあってG2スプリングSは急仕上げ気味。積極策で進めたが、差し馬勢に捕まり勝ち馬から0.4秒差の6着。G1皐月賞は、1000m59秒1とやや速いペースを2、3番手で追走したが、直線で失速し16着と完敗。かかり気味に走るので、2000mは長いようだ。
マイルへの距離短縮は大きなプラス材料で、朝日杯の結果からも今度は無視できない存在だ。

グランアレグリア

東京マイル1分33秒6という衝撃のタイムを弾き出し、後の2歳牝馬チャンピオンのダノンファンタジーを圧倒したのは、昨年6月3日の新馬戦。2戦目のG3サウジアラビアRCも楽勝し、怪物的なオーラを醸し始めたが、脆さも見せたのがG1朝日杯FS。アドマイヤマーズに並びかけられると、全く対抗できずに勢いが失せ、クリノガウディーにも差されて3着に沈んだ。
精神的な弱点を露呈したうえ、ブッツケとなったG1桜花賞は、期待と不安が交錯する形でレースを迎える。前走の徹は踏まんと、鞍上ルメール騎手は被せられるのを防ぐためにも外を回って進出。すると直線に入っても全く脚は鈍らず他馬を圧倒し、2着に2馬身半差をつける楽勝。勝ち時計は、桜花賞レコードになる1分32秒7と、勝ち方も時計も文句なしの内容だった。
今度は牡馬相手で、先着された朝日杯1、2着馬も存在する。前走のように能力を出し切れれば、朝日杯のリベンジは達成されよう。

ダノンチェイサー

セレクトセールで2億7000万円(税込)の値がついた良血馬で、デビュー前からG1を期待された評判馬。調教の動きも良く新馬戦は単勝1.9倍の断然人気に推されたが、まさかの4着。2戦目は順当に勝ったが、500万きんもくせい賞は2着。続く500万こうやまき賞を勝つも頭差の辛勝で、G1を狙う馬としては少々物足りなかった。
そんなイメージを払拭したのがG3きさらぎ賞。少々かかり気味に2番手に位置。直線入口では、逃げたランスオブプラーナ(後にG3毎日杯1着)と差があったが、一瞬のうちに交わすと、追い込んできたタガノディアマンテに2馬身差をつける快勝。頭差勝ちの前走とは雲泥の差で、良血馬らしく大きな変わり身を見せてくれた。
その後は早くにG1皐月賞の回避を決め、G1NHKマイルCに照準。かかるところがあるので、マイルへの距離短縮は問題ない。その名の通り、有力馬2頭(グランアレグリア、アドマイヤマーズ)を追撃したい。

ファンタジスト

新馬戦では、次戦から4連勝のディアンドルを破り、更にG3小倉2歳S、G2京王杯2歳Sと重賞連覇。無敗の3連勝で迎えたG1朝日杯FSは馬券圏内には入れなかったが、3着グランアレグリアとは0.2秒差の4着に入っている。
これまでの活躍からマイル路線を選択すると思われたが、まずはクラシック戦線に挑戦。G2スプリングSは、大外から豪快に伸びてエメラルファイトに頭差まで詰め寄る2着。まずは1800mをクリアし、G1皐月賞に挑む。前走同様中団で脚を溜める形になったが、直線では脚を使えず13着。さすがにG1の舞台で2000mは厳しかったようだ。
今度は適距離のマイル戦で、前走のようなことは無かろう。先行して良し、差して良しと脚質の幅は広く、展開や馬場状態に応じて競馬ができるのは強み。巧く運べれば、朝日杯以上の結果もあり得る。

ワイドファラオ

新馬戦は2着に敗れるも、レース上りは11秒1-11秒3の高速ラップとハイレベルで、勝ったパッシングスルーは後にG3シンザン記念、G2フローラSともに4着の馬。続く未勝利戦も2着だが、勝ち馬マイネルウィルトスは500万クラスにいるのが不思議なほどの素質馬。このように相手に恵まれず2着が続いたが、3戦目の未勝利戦は楽に勝ち上がっている。
初勝利後は更なる成長を求め休養に入れ、G2ニュージーランドTは4か月ぶりの一戦。休養明けで初重賞の厳しい条件でも、能力が買われて4番人気に支持された。レースは好枠を利しての逃げ。上手くスローペースに持ち込むと、上り3F11秒4-11秒2-11秒3の高速ラップを刻んで差し馬勢を封じ、先行したメイショウショウブを抑えて見事に逃げ切った。
終いの時計から単純な逃げ馬ではなく、好位から差す競馬も可能。できれば今度も好枠を引きたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。