2019年4月21日(日)

11R

2019年4月21日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第54回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

ウィクトーリア

昨年夏の函館芝1800m戦でデビュー。先手を取ると、最後まで脚色は乱れず1分48秒3のレコード勝ち。2着に3馬身、3着には7馬身もの差がついていた。この内容から、G3札幌2歳Sは2番人気の支持。兄のブライトエンブレムが同レースを勝っていることも、人気を後押しした。しかし開催終盤の札幌は馬場が重く、これに対応できなかったか直線で失速。同じ洋芝の1800m戦で、新馬戦から約3秒も時計を落とし7着と敗れた。
続く自己条件の500万赤松賞は、時計の出る馬場で期待は高まったが、勝ち馬から離れた5着。この一戦の後は休養し、前走の500万は約3か月ぶりの一戦。新馬戦以来の逃げに出ると、強かった新馬戦を思い出したか全く危なげなく、堂々の逃げ切りを果たした。
母はG1秋華賞勝ちのブラックエンブレム。偉大な母に近づくためにも、まずはG2で結果を出したい。

エアジーン

東京デビューの多い堀厩舎所属馬だが、この馬は東京開幕1週前の中山でデビュー。そんな状況から期待感に疑問もあったが、レースは難無く勝利。時計も速く、評価は急上昇した。
不安が出たこともあり、その後は休養。約5か月ぶりとなった2走前の500万は、新馬戦の内容から1番人気に推された。だが久々の影響か道中は力んだ走り。これが祟り直線は伸びが無く、離された4着に終わった。一戦叩かれた前走の500万ミモザ賞は、落ち着いて追走。直線は、良血馬エトワールとの一騎打ちとなったが、これをクビ差抑え、戦績を3戦2勝としている。
一族にはヴィルシーナ、シュヴァルグラン、ヴィブロスのG1ウイナー3きょうだいをはじめ成長力のある馬が多く、エアジーンもこれからが本番だ。

シャドウディーヴァ

昨秋の東京の新馬戦は2着に敗れたが、上り3F33秒0の強烈な脚を披露。負けて強しの競馬だった。2戦目はアタマ差2着で、初勝利は3戦目。好位から脚を伸ばすと、後続に4馬身差をつける快勝。凄まじい末脚の破壊力は、レースの上り3F11秒4-11秒3-11秒2の時計にも表れている。
これなら格上げ戦も通用すると500万フリージア賞は1番人気に推されたが、アトミックフォースの3着まで。ただ勝ち時計が東京2000mで1分59秒台と速く、負けても評価を落とすものではない。G3フラワーCでは後方から追い上げ4着と脚は見せたが、中山では持ち味を完全には生かせないようだ。
得意の東京コースで牝馬同士なら、重賞でも足りる馬。2走前の時計だけ走れば、上位争いに食い込める。

ジョディー

2歳戦開幕となった、昨年6月2日の新馬戦を逃げ切り。その後2戦は4着に敗れたが、積極策に戻した500万赤松賞で一変。ゴール前でマドラスチェックに迫られたが、ハナ差粘り2勝目を得ると、大舞台のG1阪神JFへ。しかしスタートが決まらず先手を取れないと、何もできないまま終わっている。
G3クイーンCでは、再度の逃げ。すると直線でも粘り、クロノジェネシス、ビーチサンバと0.1秒差の3着。阪神JFでは2秒以上も離された相手との差を、大きく縮めて見せた。G3フラワーCも逃げればチャンスと思われたが、ここには大器と評判のコントラチェックが出走。スピードの違いで先手は取れず2番手から進めると、クイーンCのようには行かず、勝ち馬から離れた5着に終わった。
東京コースは3戦2勝、負けた一戦も3着のクイーンCと得意の舞台。血統から2000mも持つので、まずは先手を取りたい。

セラピア

昨秋にトレセンに入厩。調教の動きも良く、厩舎の評判も極めて高かったが、アクシデントがあってデビューは回避。休養を余儀なくされた。その後のケアも良く、2月末には栗東に再入厩。3月20日の栗東坂路では、4F51秒0、残り2Fは11秒9-11秒9の猛時計。最後の2Fがともに11秒台は、古馬のオープン馬でもなかなか出せない時計で、これをデビュー前に計時するのだから、評判はうなぎ上りであった。
注目のデビュー戦は、3月30日阪神芝1800m戦。この時期は新馬戦が無く、未勝利戦でのスタートと不利な舞台ながら、前評判から単勝は1番人気。レースは好位で進め、直線に入ると楽な手応えで先頭。その後も強く追われることなく、まるで調教のようなイメージで楽勝。それでいて上りは33秒3をマークするのだから、相当なポテンシャルを感じさせる。
デビュー2戦目でG2は厳しいが、この馬の場合は不安よりも期待のほうが大きい。

フェアリーポルカ

年末最後の開催となった12月28日の阪神芝2000m戦でデビュー。好位から抜け出し、2着に2馬身半差をつける完勝。2戦目は、オープン若駒S(リステッド)に出走。8頭立てだが、後にG1皐月賞2着のヴェロックスをはじめメンバーは濃く、なんとシンガリ人気。それでもレースでは新馬戦同様好位から脚を伸ばし3着に入線。勝ったヴェロックスの勝ち時計は、京都芝2000mで2分0秒7の好タイム。ここから0.6秒差の3着は、デビューから1か月も経っていないことを考えると上々の結果である。
これなら自己条件の牝馬限定戦は楽なもの。500万君子蘭賞は、阪神芝1800mを1分46秒8の好タイムで勝利している。
トゥザヴィクトリーをはじめ、多くの活躍馬が出ている一族で、近親デニムアンドルビーはG2フローラSを勝っている。まだまだ成長も見込め、前走以上の走りを期待したい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。