2019年2月17日(日)

11R

2019年2月17日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第36回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

インティ

初戦こそ9着も、2戦目に大変身し2着に7馬身差の大楽勝。ここから快進撃が始まり、休養を挟みながら連勝した500万下はともに2着に4馬身差、1000万下は10馬身差の凄まじさで連勝街道をまっしぐら。1600万観月橋Sでは、京都ダート1800mを1分49秒4と、重賞レースにも匹敵する好時計で快勝した。
初めての重賞挑戦となったG2東海Sも単勝1.5倍の圧倒的支持。スタートを決めスムーズに先手を取ると、道中はマイペースで進め、4コーナーを回る時も抑えたまま。残り300mあたりで追い出されると、後続を引き離し早くも勝利態勢。チュウワウィザードが迫ったが、最後まで余裕をもってゴールインし、2着に2馬身、3着には9馬身もの差をつけていた。
6連勝は全て危なげない楽勝で、能力の天井は測り知れない。G1で相手は強化され、初のマイルと連勝へのハードルは高くなったが、そんな不安よりも期待のほうが遥かに大きい。

オメガパフューム

デビューから4戦して3勝し、J1ジャパンダートダービーに出走。最強馬ルヴァンスレーウに敗れたものの2着に入線し、重賞で通用することをアピール。するとG3シリウスSでは古馬のオープン馬を一蹴し、早くも重賞タイトルを手にしている。
勢いは止まらず、J1JBCクラシックでは、ケイティブレイブに迫る2着に入線し、ダートのトップ争いにも参戦。G1チャンピオンズCは5着と初めて馬券圏外となったが、再上昇を見せたのがJ1東京大賞典。道中は断然人気のゴールドドリームをマークするように追走すると、4コーナー過ぎには早くも交わし、先に抜け出していたケイティブレイブも捉え先頭。差し返そうと抵抗するゴールドドリームを抑え、大レースの勝利で一年を締めた。
古馬となった今年は更なる飛躍の年にしたい。

コパノキッキング

新馬戦が行われている2月にデビューしたが、この馬の初戦は既走馬相手の未勝利戦。当然不利は否めず10番人気の低評価も仕方なし。それがレースへ行くと、あっさり逃げ切り2着に8馬身差の圧勝。時計も速く、この一戦で注目される存在となった。
続くレースは2着も、以降は2連勝。1600万に上がった初戦こそ4着と小休止したが、出遅れた1600万藤森Sで鮮やかな追い込みを決めると、オープン・オータムリーフSも好位から差し切り、格上げの壁も全く感じさせなかった。
初めての重賞挑戦となったG3カペラSはスタートダッシュが決まらず後方からの競馬となったが、藤森Sを彷彿させる豪快な追い込み勝ち。G3根岸Sは1400mを心配する見方もあったが、まったく問題なく中団から鋭く抜け出し重賞2連勝を決めた。
これで4連勝と上昇一途。懸念のスタートさえ決まれば、連勝への道が見えてくる。

ゴールドドリーム

3歳時から活躍しているが、本格化したのは4歳になってから。G1フェブラリーSを勝利し、ドバイ遠征した影響か一時成績は低迷したが、G1チャンピオンズCを勝って復調。JRAのG1を年間2勝し、この年の最優秀ダート馬に選出されている。
名実ともにダート界のトップとなって迎えた昨年は、連覇を目指したフェブラリーSでノンコノユメの末脚に屈したが、かしわ記念、帝王賞とJ1を連勝。そんなダートの王者に、3歳(現4歳馬)世代が立ちはだかる。J1南部杯は、ルヴァンスレーヴをマークする形で進めるも、最後まで馬体を併せるに至らず2着。ルヴァンスレーヴ不在のJ1東京大賞典は勝たねばならない立場だったが、オメガパフュームに遅れをとった。
G1級のレースを6戦連続連対は見事だが、ダートのトップを目指す馬に2着は要らない。ここを勝って、再度ダートの頂点を目指す。

サンライズソア

芝からダートへ主戦場を変えて変身し、3歳時は重賞勝ちこそ無いもののJ1ジャパンダートダービー、G3武蔵野Sともに2着と好走。4歳となった昨年春のJ3名古屋大賞典で重賞初勝利を得ている。直後のオープン・ブリリアントSは後方からの競馬で崩れたが、先手を取ったG3平安Sは見事な逃げ切りを演じた。
昨秋も好調は続き、トップハンデのG3シリウスSで3着。J1JBCクラシックも逃げて3着。先行勢が脱落した厳しい展開を考えれば、着順以上に褒められる内容だった。続くG1チャンピオンズCは、控えめに5番手を追走。直線に入ると外から抜け出し、ルヴァンスレーヴを追撃したがゴール前で突き放されると、ウェスタールンドに交わされ3着。だが勝ちに行ったうえの3着は、2着馬と同等の評価を与えても良かろう。
なかなか勝ちきれないが、安定感は抜群なので今回も馬券圏内に残る可能性はある。

ノンコノユメ

3歳時にJ1ジャパンダートダービーなど重賞3つを含め4連勝し、チャンピオンズC、フェブラリーSのG1で連続2着。新たなダート界のスター誕生の予感もあったが、J1帝王賞2着後に去勢手術を行いセン馬になると、この影響か成績が急降下。6戦連続で馬券圏内にも入れず、徐々に期待度も下がっていった。
昨年のG3根岸Sも6番人気にまで支持は落ちていたが、好調時の末脚を久々に発揮し、2年2か月ぶりの勝利。これで勝ち味を思い出したか、G1フェブラリーSではゴールドドリームを捻じ伏せ、絶好調時にも勝てなかったJRAのG1タイトルを手にした。その後は4連敗しているが内容は悪くなく、2走前のJ1JBCクラシックでは、離れた後方から追い込み、勝ち馬から0.4秒差の4着まで追い上げている。
東京ダートのマイルは、フェブラリーSなど重賞を4勝している最も得意なコース。一発大勝負を賭けるなら、ここが一番だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。